「松風庵日記」 心はいつもお茶日和  (裏千家茶道)

後半の人生の楽しみ方見つけましょう!

花の命はけっこう長い

2017年03月20日 | お茶三昧

              

先日のお茶会から、もう一週間以上が経ちました。
あの日床の花入れで、お客様をお迎えした椿のつぼみが、
綺麗に咲いて、盛りを過ぎようとしています。

今はちょっとよそ行きの曽呂利の花入れではなく、
私の好きな一輪挿に納まっています。

お茶会では椿の花と決めていましたが、
白、赤、ピンクと三種類の椿を用意していました。
他のお席との相談で、私は白を選びました。
白も二種類用意しました。
何があるかわからないので、
保険はちゃんと用意しておかなくてはなりません。
本当にお花は、当日花入れに納まるまで、
一番心を配る茶室を飾る要素ですね。

もちろん保険の花たちも、
それぞれに、最後まで目を楽しませてくれました。

こんなに大切にされた一輪はなかったのでは。
「花の命はけっこう長い~」
なんて歌われながらよく頑張ってくれました。

 

 にほんブログ村 その他趣味ブログ 茶の湯・茶道へ

 

 

 

ジャンル:
きいて!きいて!
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ウナギにお肉・・体系維持は... | トップ | 開花宣言~四月の稽古日~ »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。