「松風庵日記」 心はいつもお茶日和  (裏千家茶道)

後半の人生の楽しみ方見つけましょう!

盂蘭盆会

2017年07月30日 | 日記

        

我が家の近くの沼に、蓮の花の群生地があります。
沼は15分ほど下ったところですが、群生地までは距離があるので、
気が付くと、いつも時が経ってしまって、見ごろを逃していました。
朝早く出られる日に、見に行ってこようと思います。
『蓮見舟」が出るそうです。

蓮の花を見ると、仏さまを思い浮かべます。
切っても切れないお花ですものね。

もうすぐやって来るお盆。
「盂蘭盆会」とはお盆の正式な名称ですね。
「盂蘭盆」とは「逆さ吊」を意味すると知った時は驚きました。

お盆は、神通力を持った釈迦の弟子目連尊者(もくれんそんじゃ)が、
死後の母が地獄で逆さ吊になっているのを見て、
釈迦の教えを受け、母親を救うために、
修行僧に施しをしたことから始まったということです。

聞くところによると、
優しかった母は、きっと天国に行っていると思っていたのに、
これはどうしたものかと思った目連尊者ですが、
どうやら母親は、彼にはとても良い母でしたが、
他人にはあまり施しをしなかったようです。

そうなのですね・・家族に良い事をしていても、
他人のためにも施さなくてはそれは片手落ちのようですよ。

世のお母様方も、わが子ばかりにかまけていると、
「盂蘭盆」になってしまうかも。

こんな話を聞くと、私にできる周りへの施しとは何かしらと。
お稽古では十分施(サービス?)をしているつもりですが。

大丈夫かと思うのですが、
優しかった母が盂蘭盆になっていたら大変ですので、
供養と施しをちゃんとしなくてはと思いました。

と、殊勝なことを考えたせいでしょうか、
風前の灯の洗濯機が今日息を吹き返しました。
何事もなかったかのように動いていました。

数日後には新しい洗濯機がやって来るというのに。
でもこれは、もう捨てられることを悟った洗濯機の、
最後の頑張りかもしれません。
ある日パタッと動かなくなる可能性あり。

          

というわけで、その12年間頑張った雄姿をカメラに納めておきました。

 にほんブログ村 その他趣味ブログ 茶の湯・茶道へ

 

ジャンル:
きいて!きいて!
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« お茶では治らぬ〇〇者 | トップ | 一人遊びができないと »
最近の画像もっと見る

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。