「松風庵日記」 心はいつもお茶日和  (裏千家茶道)

後半の人生の楽しみ方見つけましょう!

一畑薬師の徳利

2017年06月15日 | 日記

         

 

一畑薬師の「お茶湯」を入れて持ち帰る徳利です。
駅弁についてくるお茶の入れ物かと思っていましたら、
そうではなかったのですね。
以前いただいて、気に入って使っています。

                     
茶花を入れた後、切り落としてしまった小さな花を、
もったいないので、ちょっとこの徳利に挿すと、とても素敵なのです。

一畑薬師のお茶湯は、「一畑」で栽培される特別なお茶で、
わかすお水は薬師堂の井戸からくみ上げられた御霊水ということ。
ご利益は、目に効くそうで瞼に塗るとよいそうな。

 

最近PCやスマホで、視力またまた落ちたような気がします。
自らお茶湯を頂きに行くのもいいかしら。
松江と、はちょっと遠いですね。
出雲や松江、そして萩、津和野は20代に旅しました。
もう一度はあるかしらね。
お茶の経験が、新たな見どころを加えてくれるかもしれませんね。
次回の旅行は、足立美術館が候補です。
ちょっと足を延ばしてみるのも良いかもしれません。

 

にほんブログ村 その他趣味ブログ 茶の湯・茶道へ

 

ジャンル:
きいて!きいて!
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 不思議な癒しの絵画~アール... | トップ | 大切な消耗品「茶筅」 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。