「松風庵日記」 心はいつもお茶日和  (裏千家茶道)

後半の人生の楽しみ方見つけましょう!

お茶席向きのお菓子

2017年07月06日 | お茶三昧

           

涼しそうなお菓子。
「凉観水」( 源吉兆庵製)

暑くなると、今見た目にも涼しそうなお菓子に手が出てしまいます。
とても美味しいお菓子でしたが、皆さんの頂く様子を見ていますと、
懐紙にとっていただくにはちょっと難しいお菓子の様でした。
お試しに一箱だけもとめましたから、本日のお稽古限定ですが。

初めてのお菓子は皆さんの評判を聞いて、リピーターになるか決めますが、
茶席では美味しいだけではだめで、食べやすさも要求されます。
そして食べにくそうなお菓子を、亭主はどのようにしてお出しするか、
客はどのように上手にいただくか、
それぞれの工夫と技術も求められるのです。

せっかくお出ししたお菓子を悪戦苦闘していただいている様子に、
申し訳ない気持ちになる事も時々ありますから。

お茶を長くなさっている方は皆さん、
瞬時にこのお菓子はどのようにしていただけばよいかを判断して、
とても上手にいただきますね。
とにかく手早く潔くいただくのが一番のようです。

茶道具にも見た目の風情に反して、使い勝手は今一つという物があります。
お菓子も同じようですね。

お茶席に限っていえば、
お菓子選びの大事な要素の一つは、食べやすさのようです。

でもこのお菓子、お味と風情では、この時期にぴったりなのですが・・・
と、未練がましく。

 

にほんブログ村 その他趣味ブログ 茶の湯・茶道へ

 

 

ジャンル:
きいて!きいて!
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ホテル一泊の誕生会 | トップ | 茶席の三露 »
最近の画像もっと見る

お茶三昧」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。