グローバルネイチャークラブのガイド日記

グローバルネイチャークラブ(旧グローバルスポーツクラブ)のガイド仲間が観察した伊豆大島の自然の情報を中心にお届けします。

シイの古木に灯がともる

2017年06月30日 | キノコ
梅雨、ですね!

この季節はこの季節ならではの楽しみが色々ですが、
その中でも、私が今年初めて体験できたのは!
シイノトモシビタケです。

シイの古木に灯がともるようにつくキノコ。


(撮影:小林翔氏)


それはもう、幻想的な風景でした。
最初はどこにあるのかわからなかったのですが、
しばらくすると、ぼーっと見えてきて、近づいてアップで見ると、、、半透明のすじが透けてキレイ。
ぜひ本物を見てほしいものです。

一度見えると、どんどん見えてきます。
目が慣れるからなのか、ライトで照らす光を吸収してより強く光るのか、どっちなの?
と思ったけれども、聞くところによると、蛍のようにシイノトモシビタケは自ら光るのだそうです。

長くて7日の命のキノコが雨降るごとにどんどんと出てくるのだそう。
今年は縁あって実はもう三回見に行きましたが、
どのタイミングが一番出てくるのか&個体の寿命はまだ体感できません。
定点観察したいです。
そして点滅しているキノコがある!説が浮上しています。
大勢で行ったときに、ほとんどの人が観察したので、確定!とその時は思ったのですが、
でもある人に言わせると、人間の目は騙されやすいからと…これも観察を続けたいです。
大発見の可能性は、まだなくなったわけではありません!

保護のため場所は書けませんが、アソコとココが島の中では知られている観察地。
でも大島の極相林はスダジイで形成されているので、
もしかしたらスダジイの森では、アチコチで光を放ってるかもしれませんね。

スダジイはこんなに大きくなります。



先日ヨガティーチャーが来て、この大好きな木の下でヨガをインストラクトしてくれました。
薄曇りの空だったので、日差しを気にすることなく、快適にすることができました。
これもこの季節ならでは、かな。



ところで今年の梅雨は雨が少ない気がします。
去年は、庭が池のようになり、朝もやが立ち込め、
まるで上高地に来たような気分(伝わるかな…)を味わうほどだったのに。
もうちょっと恵みの雨を降らせてから終わりにしてね。
それにしても、このところニイニイゼミが毎日鳴いています。夏の予感もしてきました(あい)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 第5回ジオパーク研究会総会 | トップ | コヨシキリ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。