グローバルネイチャークラブのガイド日記

グローバルネイチャークラブ(旧グローバルスポーツクラブ)のガイド仲間が観察した伊豆大島の自然の情報を中心にお届けします。

年末年始

2017年01月03日 | ツアー
年が変わってしまいましたが、昨年最後のツアー報告を少し…。

2016年最後のツアーは12月30日。
名古屋から遊びにいらした「島が好き」なご夫妻と一緒に、半日歩きました。

歩き始めは寒くて、雪らしいものが空から舞い降りたように感じた三原山でしたが…


山を登るうちにだんだん青空が見え始めました。


雲の隙間から差し込む太陽の光が、海の向こうの伊豆半島にある大室山をスポットライトのように照らし…

大室山がピンクに染まっていました(^_^)

お客様は、火山の話も植物の話も関心を持って聞いてくれました。
で、火山と仲良くなった記念に…

「伊豆大島火山地質図」と一緒に記念写真(^▽^)

三原神社にお参りする頃には、爽やかな青空になり…


サクユリのタネが太陽光で透けて、ランプシェードのように輝いていました!


噴気もモクモク盛大に上がり、おふたりを歓迎!…?


「火山を歩くのははじめて」というおふたりの、この笑顔!

「火山好き仲間」が増えたような気がして、嬉しかったです(^_^)

この後、奥さんの靴底がほぼ同時に左右ともはがれるというアクシデントに見舞われましたが、旦那さんが持っていたテント用の紐(?)で固定。

そのまま「全然平気!」と溶岩地帯を歩き…

キラキラの海に浮かぶ火山の島々を眺めてお茶を飲みました。

「ずっとここに居たい」とお客様。
私も全く同感で、本当に立ち去りがたかったです。

モチロン下山中も、溶岩の寝心地を楽しみながら(笑)


無事山を下りました。


下山した私たちを迎えてくれた、小さな祠と鳥居。

背後にある三原山の、堂々たる姿が眩しかったです。
(大きすぎて画面にはいらない(^_^;)

1年の締めくくりにふさわしい、快適な三原山でした(感謝!)

こうして楽しかった2016年を終え、新たに迎えた2017年のお正月。
元旦から今日まで3日間とも、友人たちと“普段行かない場所”を歩き回りました。 

1月1日
1年以上ぶりで「赤ダレ」へ行く途中の「3年前の大雨で地面が削られてできた小さな沢」の状態を見に行ってきました。


1月2日
いつも立ち寄っている『砂の浜』の、一番北側の端を回り込んだらどんな景色なのか?…を見てきました(^_^)


1月3日
ジオ研メンバーと割れ目噴火の溶岩流を観察した後、4〜5年ぶりにテキサスコースを通り、島の東側へ下りました。


3日間ともいっぱい\(◎o◎)/!がありました。

順次報告したいと思いますので、お楽しみに〜(^_^)

(カナ)

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« キジョランの里便り H17-1 | トップ | とうとう会えた!! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。