グローバルネイチャークラブのガイド日記

グローバルネイチャークラブ(旧グローバルスポーツクラブ)のガイド仲間が観察した伊豆大島の自然の情報を中心にお届けします。

初外泊in伊豆大島

2017年07月13日 | ツアー
今日は、とある雑誌の取材にいらした女性陣と、30年来の友人と一緒に裏砂漠に行ってきました。

三原山はついに見えませんでしたが、広い景色は見渡せるし、霧と風も楽しめるし、数日前まで咲いていなかった花も咲き始めるし…と言う、なかなか素敵なコンディションでした。

森〜裏砂漠のコース上で今年初の花を確認したのは…

シマヘクソカズラ!

「可愛い花なのに名前がかわいそう」と言う感想も聞かれました(笑)

オオムラサキシキブ。

小さな花がいっぱい固まって咲きます。

1cmにも満たないヤブコウジ。

ピント合っていませんが(^_^;)

こうやって、歩くたびに1年ぶりの花たちに出会えるのは嬉しいです☺️

溶岩地帯に生えるガクアジサイのたくましさには、驚きの声が上がっていました。


同じ根元から何本も別れてのびる樹海の木にも驚きの声☺️


私も驚いた風景があります。
いつも通る場所の溶岩にこんなものがついていました。

最初、鳥の巣が落ちてきたのかと思いましたが、結構しっかり溶岩に固定されています。
なんでしょこれ??

楽しかったのは、濃霧の裏砂漠でランチタイム。

時々雲が動いて景色が広がるのが爽快でした。

「こっからあっちまで飛んでみた〜い」と言うMy友人。

その気持ち、わかります☺️

・・・で、今日はこれから大島で初の外泊に行ってきます!
友人と飲んで語り合うために初めて民宿に泊まります。

ってことで、今日のブログはこのへんで・・・

(かな)
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ビロードハマキ | トップ | 伊豆半島旅行記1  »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
オオルリの巣 (ISO)
2017-07-14 21:11:31
 がんまさんの鳥シリーズを楽しませてもらっているISOです。多分、オオルリさんの巣です。
オオルリの運命は? (カナ)
2017-07-15 21:46:22
ISOさん、情報ありがとうございます。

オオルリの巣、検索してみました。
オオルリは岩場に巣を作るのですね!

とても目立つ場所なのに、2日前に歩いた時は目に入りませんでした。2日間の巣作りの間に、親鳥に何かあったのでしょうか?それとも卵を産んでから、何者かが卵を食べたのでしょうか?

樹海ではカラスヘビを見たことがあります。
イタチもキョン(草食ですが動物質のものを食べるという情報も…)も、タイワンザルも、タイワンリスもいます。

地面から1mもない低い位置の巣でした。
オオルリの運命が気になります。
そういえば、今日は、オオルリの歌声が聞こえなかったです・・・。
オオルリの運命 (ISO)
2017-07-16 09:30:31
オオルリの捕食者が多いんですね。もし、食べられたとしたら捕食者も生きていくためなので運命ですね。
さて、人間が見ているだけで放棄することがあり、野鳥の会では、観察は慎重(写真も)にです。先日私も道横に見つけましたが、意外と人に見つかりやすい所に営巣する個体もいます。
親鳥が生きているなら、この経験を生かして、次回は安全な場所に営巣することを祈るばかりです。
今日に期待 (カナ)
2017-07-16 09:37:42
そうですか!もしや我々が??と思って観察したから、作りかけの巣を放棄した可能性もあるんですね。

先日は垂直な崖をものともせず、渡り歩くタイワンザルたちを見ました。

今日も歩きますので、オオルリの声が聞かれることを願っています。

コメントを投稿

ツアー」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。