グローバルネイチャークラブのガイド日記

グローバルネイチャークラブ(旧グローバルスポーツクラブ)のガイド仲間が観察した伊豆大島の自然の情報を中心にお届けします。

鳥海山・飛島ジオパークからのお客様

2016年11月06日 | ツアー
一昨日、鳥海山・飛島ジオパークのガイドのIさんご夫妻がツアーに参加してくれました。

気持ちの良い秋晴れの三原山(^_^)

日帰りで滞在4時間ほどだったので、山には登らずノンビリ溶岩観察をすることにしました。

縄模様の溶岩に登って、草地が森に移り変わる風景を撮影中です(^_^)

鳥海山は主に溶岩流を流す火山で、大島に多い穴だらけの黒い小石(スコリア)は見る事がないとのこと。違う個性を持つ火山の話を聞くのは、とても面白いです(^_^)

数本のマユミが、赤く色づいていました。

大島は紅葉する木が少ないので、この明るい華やかな色は嬉しいです(^_^)
「大島の紅葉ですね」とIさん。

「鳥海山の紅葉は見事だろうなぁ」と思って聞いてみたら、もう紅葉は終わって初冠雪したそうです(O_O)

1時間ほどのウォーキングの後、3年前の土砂災害の復旧工事が続く御神火スカイラインを下り、工事の工法や砂防ダムを見つつ、これまた30年前に元町近くまで迫った溶岩へ。

ガラスがこすれるような、やや高音の音を楽しんだ後…

ジオパーク関係のお客様に人気の“溶岩樹型(溶岩流に飲み込まれた木が燃えて、木の形の空洞が残ったもの)”へ。

「おおお〜!」と熱心に観察されていました。「鳥海山ジオパークには、埋もれ木()はあるけれど、溶岩樹型はない」とのことでした。(ところで埋もれ木はWEBで調べると「土石流などで地中に埋もれ炭化したもの」と言う説明が出てきますが、鳥海山のものはそうではないそうです。後日、別のガイドさんから「鳥海山北面の山体崩壊は、約2500年前の大規模の地滑りであって、溶岩をともなう火砕流ではないので、出土する樹木の(一部が)黒いのは炭化ではありません。クリやナラなどはタンニン分が多いので、それが土壌の鉄分と反応してタンニン鉄になり、それが木を染めて黒くなったと考えられます」とのコメントをいただきました。訂正ありがとうございました(^_^))

続いて訪ねた2万年分の地層は、天気が良いため、明るいクリーム色でした!

青空と合わさって清々しい景色でした〜(^▽^)

そして“黒い砂浜”で波の音を聞きながらランチタイム。

鳥海山ジオパークにある砂浜は、もっと白っぽいとのこと。

海もキラキラで、南の海に浮かぶ火山の島々も見えて、良〜い感じでした(^_^)


最後に熱々溶岩が積もってできた赤い丘を見てもらいたくて“赤はげ”へ。

大島の火山で見られる全ての色が一枚の写真に収まる、この景色が好きなのです(^_^)

「これもジオ菓子になるね!」と写真を撮るお2人。

本当に美味しそうですよね!

対岸に浮かぶ伊豆半島ジオパークの話も出て、ジオパークがいっぱいの半日でした。

とても楽しかったです。

遠くから、若い火山島のジオパークをお訪ねいただき、ありがとうございました!

また、お目にかかれる日を楽しみにしています!!

(カナ)




ジャンル:
ウェブログ
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ウズラシギ | トップ | 謎のツアー »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
鳥海山の埋もれ木 (大江進)
2016-11-07 08:56:21
鳥海山北面の山体崩壊は、約2500年前の大規模の地滑りであって、溶岩をともなう火砕流ではないので、出土する樹木の(一部が)黒いのは炭化ではありません。クリやナラなどはタンニン分が多いので、それが土壌の鉄分と反応してタンニン鉄になり、それが木を染めて黒くなったと考えられます。
ありがとうございます。 (カナ)
2016-11-07 17:12:26
大江さん、ありがとうございます。
私、現地で説明を受けたのでしょうが、すっかり忘れ(^_^; 調べなおしたらWEB上の多くのページに『炭化』と出てきて,結局「炭化」と書くことになりました(^_^;
ブログ本文に大江さんの説明を追加して修正しておきますね。お知らせありがとうございました!
埋もれ木 (大江進)
2016-11-09 07:27:56
埋もれ木が石炭まで変化するには何十万〜何百万年くらいの年月と、かなり高い圧力が必要です。鳥海山の山体崩壊による埋もれ木はわずか2500年前のものなので、そこまではいってません。
 象潟の資料館にある埋もれ木をみても、クリやナラなどの一部を除くと、中は新しい材木のようにきれいな色のままです。
ジオ物語 (カナ)
2016-11-10 07:57:14
鳥海山の埋もれ木を炭化した埋もれ木と比べて、フレッシュな色に『若さ』を感じてもらえたらおもしろそうですね。
Unknown (大江進)
2016-11-10 08:21:23
なるほど、新旧の埋もれ木の比較もいいですね〜。そういえば宮城県の仙台だったかに太古の埋もれ木で彫刻をされている方がいたと思うので、不要な埋もれ木をゆずってもらいますかね。
 鳥海山の山体崩壊の埋もれ木は2500年前なのに対し仙台のは数百万年前くらいだったように記憶しているので、三桁ほど年代が違いますから。
ぜひ (カナ)
2016-11-11 07:46:23
それぜひガイドに使ってみてください。鳥海山の埋もれ木の若さを実感できそう(^_^)

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。