名古屋の白ウサギ

1964年生まれ。
名古屋市在住。
職業、
自営業個人事業主
(電気関係)


「言葉は神なりき」・・・されど・・・

2017-06-17 | 宗教


初めに言葉があった。
言葉は神と共にあった。
言葉は神であった。

・・・・・
これは新約聖書・ヨハネによる福音書1章
聖書に記された聖書の言葉です。

宗教とはまさに「 言葉 」であると思います。

目に見えない世界を表現し、人に伝える為には
「 言葉 」を使って人に伝える意外に方法はない。

それゆえ、聖書や、仏典などの経典がが存在する。

また、聖書・仏典などの他にも、
言葉を持ってからの人類の歴史の中で、
多くの偉人や教祖を輩出し、
その思想(教義)を 【言葉】に変換して後世に伝えた。

そななかには、
その言葉に触れたものを
不幸にする邪悪な言葉(経典)もあれば、
幸福をもたらすものもある。

古今東西、星の数ほどの
多種多様な言葉が乱立する。

世のなかには多くの宗教団体が存在するが、
一部の邪悪な集団は別問題として、
多くの場合、その表現方法の相違こそあれ、
釈迦やキリストに通じる素晴らしい言葉(教義)を発している、

全ての宗教はその根源に於いて「 ひとつ 」である。

・・・・・・・・

ならば、崇高な理念を有する、教義 (神の言葉)
を信じ、語る人間は、
限りなく神に近い存在なのか?

それを知らない人間より、「 上等 」なのか?


私は思う・・・・

語る「言葉」と、その人の人格とは別問題


自称「 偉いひと 」の中には、

高等な言葉(教義)を人に語ったり、
しているにも関わらず、
私の眼から見て「 内面はお粗末・・・お気の毒・・ 」
と思える人が多く存在する。

それ即ち、
その人の語る「 言葉 」のみでは、
その人の本質や内面をはかり知ることは不可能ということだ。

ここに、宗教の落とし穴・宗教団体の
愚かさが存在すると思える。

このような落とし穴に嵌ってしまった人間とは、
ワクチンに対して、抗体を持った
インフルエンザウイルスと同じで、
捉えどころがなく、対応方法もない。

「 煮ても焼いても食えない 」
とはこのことだと思う。

可哀そうな人達であると思える・・・・

それ故、宗教は諸刃の剣であり、
多くの人を幸福にする代わりに、愚かなる
「自称・偉い人」 「自称・徳を積んだ人」
を多く輩出する。

このような人達に利用されて餌食にならないよう、
「 疑う心 」( 冷静な分析 )が必要であると思う。

その上で、
こういう輩に近付かないという知恵が
生きて行くうえで大切な事だと思う。

立派な教義を宣うが、中身は空っぽで、貪欲・傲慢の人間より、

難しい理屈など語らないが、

  人として素直に・・
  人として正直に・・・
   人として慎ましく・・・
  人として謙虚に・・・・

こう云うごく普通な人の方が、遥かに偉大であり、
神に近い存在であると思える。

宗教屋さんの好きな言葉 
「 霊的なレベルが高い・低い 」
という奇怪な尺度を逆に使わせて頂くなら、

修行?した偉い人?
徳を積んだ偉い人?

こういった「 自称・徳が高い人 」よりも、
傲慢にならず、御立派な屁理屈を言わず・・
淡々と、謙虚に精一杯生きる、
ごく普通の人の方が遥かに
「 霊的レベルが高い 」と感じる。



だからと言って、
私は「 言葉 」(教義)を否定する積りはありません。

仏教の教えは偉大であり、
聖書の言葉は素晴らしい。

「 言葉 」が大切なことはたしかである。

ただし・・・・

「 言葉 」以前の問題として大切なことは、

 道  

であると思う。

「 道 」とは・・・
言葉や、音や、教義ではなく、

 素直な心 
 自己に内在する良心 

これを貫くことを「 道をつらぬく 」と云う。

【言葉】即ち・・【教義】とは、
「 道 」を補うための一つの手段であり、

厳密に言えば

初めに道あり・・・

ではなかろうか?

聖書の言葉は、心で読めば、「道」という意味も
文字には表せない言葉を込めて記された
「言葉」であると思う。

「 道 をつらぬく 」とは、自分とは異なる考えの人間に対しても、
「 礼を尽くす 」事であり、
【 礼 】とは、「 礼儀 」を意味する。

この「 礼儀 」とは、

主義や主張の異なる相手が発する
【 言葉 】に対してではなく、
相手の内に宿る 「 神 」に対して

「 敬意を持つ 」

敬意は【礼】となり、

「 礼を尽くした上で、反撃する 」

これが「 道をつらぬく 」こと云うことだと思います。

これが出来ない人を、「 腐った宗教家 」と呼びます。



これは 面識はありませんが・・・・と
名乗る「言葉」(思想)は正しいが、「道」を踏み外した、
どこかのエライ人に申し上げたいことです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 魔物のようなもの | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。