名古屋の白ウサギ

1964年生まれ。
名古屋市在住。
職業、
自営業個人事業主
(電気関係)


拝啓、ニュートン閣下

2016-10-14 | 宗教

ニュートン ・ デカルト の登場以来
人類の科学技は急激な飛躍を遂げた

ニーユートン ・ デカルト が生み出した近代科学思想は
人類の長い歴史のなかで、わずか300年の間に
人類に多くの 富 をもたらした。
フランスの哲学者 デカルト は 
「 物心二元論 」を唱えた。

物心二元論とは 
物質と精神は、まったく別物であり、
分離して考えるべきだ・・・・・
というもの。

デカルト思想は、 宗教に対する挑戦  であった。

対立は一層深刻になるはず・・・・

不思議なもので
その結果として、血なまぐさい対立や弾圧は格段に減った

宗教と科学 が完全に分離された事によって
お互いの 縄張りが確立され、それまでに比べれば
はるかに 平和的な状況となったのではないだろうか・・・

私が思うに、
  ニユートンさん  デカルトさん どちらも
「 神の使い 」に思える。

ニユートン ⇒ デカルト 
という流れのなかで
宗教の否定 ・ 若しくは 科学と宗教の決別
が行われたのだが、

これも  天の摂理  であると強く感じる。

神は、時と 場所と 人 によって
それが神を否定する思想であったとしても
人類にとって最も合理的な方法を
与えているのではなかろうか・・・・

私は、若い頃 科学万能主義者 ・ 無神論者 に対して
敵意を持っていた、

52歳になった今、その敵意はまったくない。

それどころか、むしろ、

「 自分は霊格が高い 」とか、
「 自分は徳を積んでいる 」などと思い込んで
無意識のうちに他人を高いところから、見下し、
傲慢になっている 「 自称・信仰深いひと 」に対して、
大きな嫌悪感を抱いている。

神 を否定されても腹が立たない
宗教 を否定されても 何とも思わない。

腐った信仰者・宗教家より、

無宗教の人間のほうが、目に見えない、真実の部分で
実は「 信仰深いひと 」であることも多いと感じる。

科学万能論者 の頭上に 神 を感じる。

宗教否定論者の 頭上に 仏 を感じる。

なかには 暴力的な、攻撃的な 強烈な
破壊的な 戦闘意識 を持った、
 唯物論者 無神論者 もいるだろう。

そういう輩に対しては、
 防御と、礼節をわきまえた反撃が必要だと思う

でも、そういう輩は 沢山いそうだが、
めったにいないような気がする

同じ人間同士でありながら、
根本的な思想の違い、価値観の 違いはどうしても起きる。

最も平和的 最も合理的に人類の進化を目指すなら

宗教と科学は 妥協や ・ 協調 ・ 融合 ・を目指すよりも
双方が礼節を持ち、敬意をもち、尊重し合うことのほうが
大切ではないだろうか。

ただし、宗教掛かった「 疑似科学 」は、容認できない。

有名大学の教授のなかにも、
科学をバカにした、
宗教モドキの荒唐無稽な事を言う輩も存在する。

「 ガマの油売りです 」
と前置きした上でのパフォーマンスなら
問題ありませんが・・・

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 殺すまいと思っても千人殺す... | トップ | 合理性の追求・・・時間を捨... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。