名古屋の白ウサギ

1964年生まれ。
名古屋市在住。
職業、
自営業個人事業主
(電気関係)


唐揚げ仙人に学ぶ。

2017-05-18 | 出来事


私の好物は、
「 鳥の唐揚げ 」です。

今まで、色々な場所で、唐揚げを食べ歩いて来ました。

マスコミなどで紹介されている有名店や、
唐揚げグランプリで金賞を取った店だとか・・・
数多くの店で唐揚げを食べています。
そのせいで、
唐揚げに関しては少々口が肥えているような気がします。

1年位前、通勤の為に毎日通る道の途中で、
新しく開店した唐揚げ専門店を見つけました。

店内には6人位座れるカウンター席、があるのみで、
テイクアウトをメインにしているような店構え。

広さは、厨房、客席、合わせて10畳ほどの小さな店です。


毎日前を通るたびに気に掛かり、
唐揚げマニアの私としては、
チャンスがあれば、一度入ってみたいといつも
思っていました。

最近になって、遂にチャンスが到来しました。

店にはいった瞬間、若いお兄さんが、
明るく元気な表情で、いらっしゃいませ!!!

推定25~30歳位の元気の良いお兄さんでした。

ウサギセンサーが反応しました。

 この店・・・なかなか良さそうな気配・・・

カウンター席に座り、とりあえず唐揚げ5個と、
生ビールを注文・・・

10分ほど待つと、揚げたての唐揚げが運ばれてきました。

さて・・・どんなお味か???

少し冷めるのを待ってから、唐揚げを箸で摘まみ、
口に入れました。

美味しいい!!!!

この唐揚げ、以前、博多で食べた有名店の唐揚げより
遥かに美味しいと感じた。

衣は、厚くなく、軽い食感。

衣の味付けは淡泊だが、深い風味を感じる。

肉は柔らか過ぎず、硬すぎず。

肉の下味がしっかりしていている。

白醤油に、削りカツオを入れ、
1日以上、漬け込んであるように感じた。

油は、新しく酸化していない。

ラードと白絞油、ごま油がブレンドしてあるような風味。

これは素晴らしい!!!!

店のお兄ちゃんに声を掛けた。


「 美味しいですね・・・私は今まで
多くの唐揚を食べ歩いて来た唐揚マニアですが、
この店の唐揚げは高得点ですよ・・・」

お兄ちゃんはニコヤカな表情で
「 ありがとう御座います 」と言った。


「 この唐揚げ、どこで修行したのですか? 」

お兄ちゃん、
「 いえ、これは誰かから教わったと言う訳ではありません、
私のオリジナルです。
色々研究して、この味にたどり着きました 」


「 素晴らしいですね・・・
この唐揚・・・
最高に美味しいです。
ニンニクが全く入っていないところが凄いですよ・・・
基本的な部分で、
味付がしっかりしていない店は、ニンニクで
味を誤魔化している店も多いですからね・・・」

お兄ちゃん答えて・・・
「 はい、私はニンニクを一切使わないことにしています。」


「 そういう発想は素晴らしいです・・・ 」

私は、唐揚げの美味しさを褒めたたえ、褒めちぎった。

これは、決してお世辞ではなく、素直な感想であり、
本心であった。

すると・・・突然、
お兄ちゃんの顔が少し真面目な顔付に変わった。

お兄ちゃんは少し声のトーンを落とし、
真剣な眼差しで私に語り掛けて来た。

「 何か問題点はありませんか??? 
改善すべき事がもしあれば教えて頂きたいのですが・・ 」

私は一瞬考え込んだ・・・

何か問題点・・改善点はあるのだろうか????

しばらく考えてみたが、
特に問題点は見当たらない。


「 いえ、別にこれと言って大きな問題点や、
改善点などないと思いますが・・・」

お兄ちゃんは、言った・・
「 いや、どんな些細な事でもイイです、感じることがあれば、
なんでも指摘して頂きたいでのです」


「 ニンニクを使わずに下味に凝っている
ところが素晴らしいですよ・・ 」

・・・お兄ちゃん・・・
「 私もそれを自慢にしているのですが、
自己満足ではないでしょうか?
ニンニクが入っていた方が良いと思う
お客さんも多いような気もします。
そのへんはどう思われますか?? 」


「 私としては、この場合ニンニクを入れないのがベストだと思いますよ」

・・お兄ちゃん・・
「 他に何かお気づきの点はありませんか?
悪いところや、不満なところを指摘して欲しいのです。」


「 唐揚に関しては、特に思い当たる問題点はないと思うのですが・・
敢えて言わせて頂ければ、店に置いてあるビールですね。
麒麟ラガービールが無いのが気に掛かります。
ビール通のひとは、キリンラガーを好む人が多いですよ、
私も、麒麟ラガーが一番おいしいと思っています 」

・・・お兄ちゃんは・・・
「 ありがとうございます。ビールの銘柄については、
よく検討させて頂きます。」



私は思った・・・・

この青年・・・必ず成功する・・・



プラス思考という言葉がある。

マイナス面や欠点に焦点を合わせるより、
良い面のみに意識を向けた方が発展性が
あるという考え方です。

この考え方は間違ってはいないと思うのですが、

プラス思考を歪んだ形で身に付けてしまっている人も
いるような気がします。

悪い面、マイナス面を分析したり、
それを語ることを極端に避け続ける人は、
自画自賛のみに傾く傾向にあるような気がします。

こういう人の特徴は、
他者との関りに於いても「 批判的 」と受け取られるような、
「マイナスのイメージのある言葉」 
を発することを徹底して避けている傾向が見受けられる。

その裏返しとして、

「 人に異論を唱えさせない雰囲気を発する 」

そして、

「 人に意見を求めない 」

「 異論を唱えさせないような雰囲気を作り出す 」

その結果、

「 独りよがりで、自己満足 」となる。

飲食店や飲み屋で、
オーナーが自ら料理人もしているような店の場合、

自分の店の料理の自慢ばかりしている人を
見かけることがよくある。

客に褒められると、嬉しさいっぱいで、有頂天な表情で、
得意満面となり、等々と講釈を垂れる。

こういうタイプの人は、
意欲的で、情熱的な姿勢で仕事をしている人が多いのだが、
客観的に見て、「 自己満足 」
と思えてしまう。

お気の毒なことに、
こういうタイプの経営者ほど、
何事もドンブリ勘定で、物事を数値で把握していない。

それ故、損益勘定が出来ず、現状把握ができていない。
採算を度外視したような事を繰り返す。

経営者件、料理人が、こういう姿勢だと、
客や奉公人が何かの不備を感じたりしても、

「 発言させる隙 」を与えない。

客としては、またこの店に来たいから、問題点を指摘したいだけで、
別に文句を言ったり、批判をしたいと
思っている訳ではない。

奉公人や、側近の人間も同様だ。

不満や、要望があっても、
それを言わせないようなバリアを張られると、
誰しも敢えて、耳障り事は言いたくない。
その場の調子に合わせるだろう。

これを現代用語で
「 空気を読む・・・」と云うのだろう。

余計な事を言うと、
 「 空気読めないね・・・ 」
と陰で言われてしまう。

「 空気読めないね・・・原理」
が機能して、
結果的に、店の質は向上しない。

結果、客は減り続ける。
そして潰れる。


「 自分が納得したならそれで良い 」

「楽観的な明るい言葉しか使いたくない 」

「 耳障りなことや、
未来に起こり得る危険を想定をするような言葉は
語りたくない・聞きたくない 」

と思うなら、それはそれで構わないと思うのだが、

このような習性に傾くと、
未来に対して大きな進展は望めないと思える。

それよりも、
自分の判断や行動に対して、

「これで良いと思うのだが・・・
ホントウに、これでいのか??? 」

「 独りよがりでないだろうか??? 」と

‘ 自分を疑ってみる ‘ 
そして人に意見を求める。

これこそが前向きな「真のプラス思考」ではないだろうか?

終始一貫、明るい未来への展望や、夢を語り、
賛嘆ばかりしていると、

周りの人間は、黙ってしまうだろう。

誰しも悪者になったり、
その場の雰囲気を壊すような言動は避けたと思うからだ。


常に進歩している人間は、

明るい前向きな心で、

「 問題点があれば知りたい・・ 」

「 聞いてみたい・・ 」

という態度で他者に接する。

これは、決してマイナス思考ではなく、

「 否定の裏にある前向きな姿勢 」

「 明るい心の猜疑心 」

「 明るい心で危機管理 」

「 柔軟性のある勇気 」

「 明るい責任感 」

「 明るい使命感 」


であると思う。

これこそが、深い意味でのプラス思考であると感じる。





ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 科学的迷信 | トップ | 優勢思想・・戦争・・略奪・... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。