豊前善三のつれづれ日記 2011年12月31日 ブログをはじめました

日頃、感ずることについて考える。人間らしさを さまざまな人間模様。


豊前善三つれづれ日記

2017年05月14日 12時45分15秒 | 日記
  ( Vol 1960) 阿倍総理は 多数の論理を盾に 強引な言動が目に付く 民主主義について もう一度考えてほしいものである    

国会無視 まるで大統領になったかのような 独断発言が 就任当初から目に付く

今も この言動は続いている

この状況は 異常ではないか

国会議員は 国政選挙によって 当選したものたちである

なぜ 国民の声を聞かないのか

当選したら 国民の声を 聞く必要がないと思っているのか

そうだとしたら 国会は歪んだ状況になる

誰も 阿倍総理の言動に異議を言わない 不可思議な現象が起きている

自民党内でも 批判が起きないのは 自浄能力が自民党内にはないのだろうか

憲法改正について 読売新聞にだけ話すという偏った報道の使い方など 歴代の総理にはなかった言動が目に付く

これは 阿倍総理は 自分の位置付けについて 誤解しているのではないかと疑いたくなる

多数の論理で押し進めるのではなく 真摯に物事に向き合い 十分な論議をしてもらいたい

短気を起こさず じっくりと腰を据えて 対応してもらいたいものである


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 豊前善三つれづれ日記 | トップ | 豊前善三つれづれ日記 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む