豊前善三のつれづれ日記 2011年12月31日 ブログをはじめました

日頃、感ずることについて考える。人間らしさを さまざまな人間模様。


豊前善三つれづれ日記

2017年06月10日 21時16分30秒 | 日記
  ( Vol 1990 ) 官邸主導とは 私的なブレーンに操られることなのか 官僚を旨く使えなくて 国会議員の資質が疑われる


かつて 官僚に翻弄され その慌てようが 私的なブレーンの設置

だがどうだろうか 閣僚たち 国会議員たちの政策力の向上には 寄与していない

ただ 私的なブレーンの提案のまま 受け売り状態で まるで自分が考えたかのような言動を続けている

見方を変えれば 官邸は 私的なブレーンによって 操られている といえるのではないか

これは官僚との 以前の関係と変わりはない


国会議員は もう少し 人の力を活かす という配慮で行動してもらいたいものである


今回の一連の問題は 私的なブレーンをあまりに重要視したことによるのではないか

実力もない人間は 他人の知恵に翻弄される

安倍政権は まさに 私的なブレーンによって翻弄されている ともいえるのではないか


知恵がないのなら せめて 周囲の知恵を活かす 行動をとってもらいたい


力で批判をさせない状況をつくるということこそ 知恵のないことの 証明ではないだろうか


何のための 役人なのか 

何のための ブレーンなのか


いろいろな意見を聞くと言うことは 良いことであるが

特定の意見を 重視することは 偏重につながる

特定のものへの 優遇という偏重も生まれる


森友学園問題 加計学園問題 に限らず ブレーンの関係先への優遇も生まれる

友達のための政策になっている


いまの安倍政権は 非常におかしな状況をつくり出しているといえるのではないか


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 豊前善三つれづれ日記 | トップ | 豊前善三つれづれ日記 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む