豊前善三のつれづれ日記 2011年12月31日 ブログをはじめました

日頃、感ずることについて考える。人間らしさを さまざまな人間模様。


豊前善三つれづれ日記

2017年07月16日 05時45分45秒 | 日記
 ( Vol 2025 ) なぜ 今治市は 加計学園の獣医学部の誘致を決めたのか そこには 政治的な動きがあったのではないか

加計学園の加計氏とのつながりを 考える必要がある

加古前愛媛県知事の情報から見えてくるものは 加古氏が知事の時代 今治市選出の県議の紹介で 加計氏を知ることになったという

そこから 愛媛県と今治市における 加計学園との 密接な関係ができたのではないか

加古氏は 10年以上前から 獣医学部の誘致運動をしてきた と休会中の国会審議で 述べた 

このことに なぜ という疑問が湧く


今治市にとっての メリット はなにか

そこが 見えてこない

そこには 加計氏の 強い押しがあったのではないか

加計氏が 承認喚問されていないので 本人からの言葉が聞けず 明らかになっていない ことも 疑問である


また ここまで 加計学園の獣医学部誘致 実現のための運動を してきたのには

今治市のいままでの 加計学園獣医学部誘致の経緯における 政府とのやりとりから 官邸の力が 働いた ということが 見える

そこには なぜ 官邸が動いたのか という疑問がでる

安倍総理は 国会で 加計氏とは古い友達である という 発言から 推察ができる


誰かが 強く押す事をしなければ 事は成就しない


その誰か とは 安倍総理であろう


加計氏と政治家のつながりなくして 今回の 加計学園獣医学部新設が 持ち上がらなかったのではないか

政治家のつながり とは 安倍総理 今治市選出の本宮勇県議 前愛媛県知事加古氏 の3人であり この3人が 今治市への加計学園獣医学部新設の実現へ と大きく動く要因をつくったのではないか 


そのことについて 安倍総理は 予算委員会に出席して 答弁する必要があるのではないか



強い力なくして 今治市は 加計学園獣医学部の誘致は あり得ないのである

安倍総理は 予算委員会で 国会答弁と 同じように繰り返すようであれば 疑いはより一層 強まる


加計学園獣医学部新設 に関する国家戦略特区の戦略には 安倍総理の強い実現への意欲が 関わっていたと 言えるのではないか

加計氏と安倍総理の関係 そして 今治市選出の本宮勇県議 加古氏前愛媛県知事と加計氏との関係が あったからこそ ここまできたのではないか



加古前愛媛県知事の 産経新聞への談話の中でも 安倍総理以外の政治家との関係が語られていることからも 政治的な影響が あったといえるのではないか

なぜか 加古氏は安倍総理との関係について 語っていないのは どこか論理的に矛盾を感じる

ここまで 問題になったのは 政治家の関わりである といえるのではないか


安倍総理は ことの真相を明らかにする必要があるのではないか


ワーキンググループが決めた と逃げては 真相にはいたらない
 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 豊前善三つれづれ日記 | トップ | 豊前善三つれづれ日記 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む