豊前善三のつれづれ日記 2011年12月31日 ブログをはじめました

日頃、感ずることについて考える。人間らしさを さまざまな人間模様。


豊前善三つれづれ日記

2017年08月09日 07時41分59秒 | 日記
 ( Vol 2047 ) ワーキンググループの議事録は 安倍総理の言う すべて開示しているという ことに反し 情報の操作になっていて 疑惑を招くものである

報道で 2015年6月の 国家戦略特区ワーキンググループによる 今治市などに対するヒアリングにおける 議事録の要旨から 出席した加計学園関係者らの出席者名と発言内容が 削除されていた と報道された

このことについて 

菅官房長官は ルールに基づいておこなっている として問題ないと述べた

この対応は 内閣改造前の 情報に対する対応は 変わっていない

依然として 情報のオープン化には後ろ向きの姿勢を示した


ワーキンググループの座長 八田氏は 

説明補助者は参加者として扱っていない

議事要旨に記載する公式な発言を認めるということはしていない

と説明

これは はじめから 情報のオープン という状態ではなく 情報の操作が 盛り込まれている ことを示している

安倍総理は 記者会見において ワーキンググループにおける情報は オープンである と言ったことに ずれがある


菅官房長官は ワーキンググループの座長の 裁量責任の範囲のようなことで逃げているが

ワーキンググループの行動は 官邸の指示の下 でおこなわれている ことを考えると 他人事のように 扱うのは 不適当ではないか


加計学園獣医学部新設問題で 非常に重要な役割を果たしている ということから考えれば

決定に 大きく関わっている ことから 会議の情報は オープンである必要があるのではないか

このような 情報の操作は 疑惑を呼ぶ のではないか


ワーキンググループ 座長 八田氏の 答弁には 詭弁を感じる


加計学園問題を 明らかにするためにも 

安倍総理が言うように 情報のオープンが前提で おこなわれるべきではないか


このような 隠蔽ともとれる 情報操作を ルールという設定で 合法化するという行動は
今までの 疑惑を払拭することはできないのではないか

官邸の信頼を回復するためにも オープンを前提とした情報の公開の姿勢を示してほしいものである




ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 豊前善三つれづれ日記 | トップ | 豊前善三つれづれ日記 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事