グレーより薔薇色

どうやったら薔薇色の人生が描けるかな
岡山市北区在住




インターネットの難点は自分で検索しないと出てこない事 そこで難民反対デモより反権力 反グローバルデモに着目しました

2017年01月30日 | Weblog

 日本で一番悪い奴は「日本警察」こと ちょうりんぼうと創価学会カルトのペクチョンコリアン同和です

本来 この人たちは自分の身分を明かすべきです 同和であると。 小国でさえ 民族でコロニーを作り区別して暮らしていますそして 出自を明かします 国籍は関係ありません

痛い放射線 テクノロジー犯罪 人的犯罪は↑が主導しているのです 

では少しの間マインドフルネスで発散しましょう 日本がどれだけ 情報隔離された国かということがわかります 欧州では難民のデモもありますが 難民を作るアメリカユダヤCIA主導のNATO軍が石油泥棒で帝国主義を復活させアラブ アフリカ諸国に混乱と摩擦を振りまくから 難民が出るのです これらは非常に意図的に作られた策略でもあります 難民が欧州になだれ混んでいます 誰の責任ですか? アメリカユダヤシオニスト思想主導の有志連合NATO軍という 石油泥棒です しかし 大義名分は大嘘のシナリオで我々をだまします そして偽善を装います すでに 西側のマスゴミ アルジャジーラ含め すべてユダヤ人がマスゴミをコントロールしています そして嘘を垂れ流します 日本のメディアも。ユダヤの奴隷

 難民に対しての非難デモは別にありますが大規模ではありません 根本の原因は違う所にあるのを知っているからです そうユダヤ人を名乗る者たちが 摩擦を引き起こしているのです しかし 。 しかし... とは言えないので 反グローバリスト とか 反権力に対して抗議デモ暴動となるのです デモの参加者で警察の暴力により亡くなった方が出たら それに対してのデモ。というように 権力機関に対して非常に敏感に反応する民衆のパワーと団結力は すばらしいと思います

デモの特徴として デモ内部に「私服警官」がデモ要員として 紛れ込んでいます どこの国もです

そこで「なぜ 同じ民衆がポリスと連携して民衆に暴力をふるっているのかわかりませんでした」

じつは 私服のポリスがデモの民衆に加わっているのがわかりました。デモ 暴動は政府に対して 政策に対して 権力機関に対して 根は反グローバル主義 ユダヤ一極主義に対しての抗議です また

 中央銀行システムに対して 警察の暴力行為とか に異議を唱えているのです 難民を作りだすのは グローバリスト(ネオコン とか共産主義者とかユダヤ マルクス主義)とかいろいろと名前を変えて目くらましをしてくる奴らですロスチャイルドとかロックフェラーとか 日本では日本財団とか(創価学会含む)

G7とかG8とか G20とか ユダヤ金融首脳会議 サミットの有志連合の国は 果たしてリッパな国なんでしょうか?

G8 riot demo G20riot demo
と検索するだけで この動画が出てきました
https://www.youtube.com/watch?v=I-h-YIj4jRw
https://www.youtube.com/watch?v=dk-yxw5t84g

 https://www.youtube.com/watch?v=aqJuhckgvx4

https://www.youtube.com/watch?v=Div3zh-YQ-4 

 

欧州ドイツ フランス オランダ イタリア ホンコン 韓国 南米  もうデモ暴動のない権力者の思い通りになる国は日本だけしかないようです もともと座り込みだけのデモが権力の暴力によって「反逆」になります

 警察権力に対しての逆襲と反権力 反グローバリズムデモ 反撃

 https://www.youtube.com/watch?v=yx6lGZrMKr8  ドイツ

https://www.youtube.com/watch?v=GCiQYnGOUpg

https://www.youtube.com/watch?v=IY14WA-KjaI 

貼り付けられなくなったので 今日はこの辺で。めでたい日本人は「間接支配しているペクチョンコリアン」の奴隷 アメリカもうまいこと間接支配させるため うまくペクチョン朝鮮系に権力を握らせたものです

日本人は明治から 長州朝鮮テロリストと英米の支配下だとは知っていましたが

今でもアメリカの衛星国だということが 元CIA そしてNSAの最高顧問だったエドワードスノーデン氏(当時29歳)の良心によってはっきり明かされました 


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 日本の警察は警察という名の... | トップ |  犯罪の主犯は国営暴力団日... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。