グレーより薔薇色

どうやったら薔薇色の人生が描けるかな
岡山市北区在住




電磁波(マイクロ波)テクノロジー犯罪でなぜ脳梗塞で亡くなる人が耐えないか?

2014年01月30日 | Weblog

電磁波(マイクロ波)ラジオ波を使う療法とは

熱凝固法により もともと出血を止める方法として

日本で開発されたものです

 

http://kanzogan.web.fc2.com/radiowave-kanzogan.html

電磁波を浴びさされ続けると なぜ 血管などが硬くなったり 凝ったりするのか 調べていく内に 下記のような「熱凝固法.血止めを電磁波ラジオ波を使う医学療法」があることがわかりました

もともと これは日本で開発されたものらしく 私たち電磁波(マイクロ波)

を何年にも渡り 照射され続けている身体が 

なぜ硬くなったり 血の流れが悪くなったりするのか 考えて行く内にヒントになるであろうサイトにたどりつきました。これはほんの一部分であり すべてではありません

おそらく これらの医学療法の悪用の一部分であろうと 考えています 身体攻撃もいろいろありますが これら(電磁波痛い放射線)は

私たち 電磁波照射(マイクロ波照射)被害者にとって 身の危険を直接的に感じるものであり 対処せねば 命はいくらあっても足りません

これらを踏まえた上 電磁波被害(マイクロ波)被害者は 常に身体になんらかの防衛手段をしなくてはなりません

以下 参考まで・・・

熱凝固法とは,電磁波を腫瘍部に照射加熱して凝固させ,がん細胞を死滅させる治療法です。 

 熱凝固法には,マイクロ波を照射して凝固させる方法

ラジオ波を照射して凝固させる方法とがあります。

 

熱凝固法とは,電磁波を腫瘍部に照射し加熱して凝固させ,がん細胞を死滅させる治療法です。 

 熱凝固法には,マイクロ波を照射して凝固させる方法

ラジオ波を照射して凝固させる方法とがあります。

 熱凝固法とはもともとは.出血を止める方法として

日本で開発されたものですが,それを治療法に応用したものです。

 この治療法は患者の体に負担が少ない治療法ですが,治療できる腫瘍の大きさや数に制限があります。

 また,以下のような条件ですと熱凝固法による治療は適応できません。

 
肝臓表面に腫瘍がある場合

腫瘍の近くに胆管や胆嚢がある場合

腫瘍が門脈をふさいでいる場合

肝臓機能が特に低下している場合(通常は肝障害度Bまでが適応となります。)

食道や胃に静脈瘤がある場合

ペースメーカーを使用している場合 
 

 

 

http://kanzogan.web.fc2.com/radiowave-kanzogan.html

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ひどい電磁波(放射線)被害が... | トップ | 執拗な嫌がらせ(集団ストーカ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。