グレーより薔薇色

どうやったら薔薇色の人生が描けるかな



about:blank(アドウェアー)には、マイッタ〜

2006年10月15日 | Weblog

 

スパイウェア「アドウェアー」はOSを変えただけでは完全に削除できません。

いまだに未知の部分があるとされているスパイウェアに関して

注意しなくてはならないのは、完全削除を試み、OSをやり変えても

また生き返ってくるということです。いままで使っていたウイルスバスターは

スパイウェアに弱い。結局買ったばかりのウイルスバスターソフトをインストールしたところ、

制限付サイトに指定されました。ソフトがこのスパイウェアーに勝つことができなかったと判断しました。

またプロバイダーの簡単セットアップのソフトまで

このスパイウェアーに感染してしまい

ついには、なりすまし偽装ポップアップが出る始末

その偽装ポップアップの頭には、about:blankと はっきり表示されていました。

このabout:blankは利用できる空白のハイジャック犯ということですが

じつは、なんにでも変形して、PCユーザーの頭を悩ませます。

またこれら変形したabout:blank「アドウェアー」の

報告が日本にはないせいか、トレンドマイクロに電話しても、ただ単に空白ページ

空白表示ができるだけなので、ページ固定をやり変えれば、なおりますとのことですが、

事態はそう簡単に解決するものではなく、スパイウェアー退治とOS入れ替えを同時にし、

PCを一新させようとした試みはもろくも崩れ、2007をせっかく買ったものの

ソフトじたいがスパイウェアー「アドウェアー」に読み込まれ、制限付サイトに指定されてしまいました

ここでわかったことは、ウイルスバスターはもはや、

このスパイウェアーに対しては

威力が発揮できなかったということでしょう。使う前からこういう状態になってしまいましたが、

結局 危険表示が出たウイルスソフトは使えぬまま捨てました。

とにかく、そっくりさん、ポップアップが突然、

正規表示ポップアップの上に、おおいかぶさるように、出てきたりするのですから・・まいった

このアバウトブランク「空白のハイジャッカー」はただ単にユーザーのページを乗っ取るだけではなく、

さまざまな偽装ポップアップで目をくらませたり偽装検索サイトまで作る 恐るべき スパイウェアーであることがわかりました。

自分で体験しました

これらについては、海外サイトでは、大変巧妙で怖いスパイウェアー

と位置づけられているのに対しトレンドマイクロではまだ軽い認識しかないようです。

以前トロイの木馬に何十個と感染したことがあり、この際もOSをやり変えたのですが

これらのウイルスに関しては、OSをやり変えた時点できれいに消滅しました

しかし、このアドウェア「about:blank」に関しては全く違います。

手ごわいスパイウェアーとしかいいようがありません。何せ、インストールしたソフトを

次々に変形させて、見せてくれました。これはウイルスよりもタチが悪い。

OSをやり変えれば消滅する」皆そろって言われましたが、トロイの木馬のようには

いきません、OSをやりかえること、数回、なんせソフトを入れてインストールするまで

わからないのですから、5回はやり変えました。

今もコンピューター内には居ますが、シマンテックの「ノートンシステムワークス2006版」ソフトが抑えてくれています  後にすべての機能が揃っている「カスペルスキー」に買い替えました 大変気に入っています。

削除と表示されていても、このスパイウェアーは恐らくどこかに居るでしょう。

さまざまなソフトを試用してスパイウェアーにも強いものを選ぶ必要があると

思っています。またWINDOWS XPにもさまざまな弱点があるので

これらを補助補修してくれるソフトを選ばなくてはと思います。

海外サイトではスパイウェアーはより巧妙になっている。と記されています

がそのとおりです。 体験者は語る。


 

海外サイトよりabout:blank

利用できるblank ハイジャックは通常スパイウェアブラウザーハイジャック犯に起因して
あなたのコンピューターを感染させているダウンロードtrojans

裏のtrojansとコンピューターワームを含みもするかもしれません。


過去にはこれらを感染症のいくらかを取り出すことは可能でした


しかしそれが今は大部分の反スパイウェアプログラムが彼らをもはや見つけることができなくて追い出すことができない点に着くよう、

彼らはますますより洗練されたようになっています
彼らを追い出すために、あなたはあなたのシステムのこの問題を引き起こすことがあり得るコンピューターワームtrojansと

スパイウェアブラウザーハイジャック犯を追い出すことができる等しく高度なスパイウェア除去ツールでスキャンする必要があります

利用できる空白の振る舞いと彼らを追い出すのがとてもむずかしい理由


ケースの少ないパーセンテージにおいて原因はstartpage trojanまたはiLove you虫によるかもしれません、そしてそれはプラウザホームページを空白ページにセットします。
しかしこの問題の主な原因は

CWSブラウザーハイジャック犯感染症(別名Homoldspハイジャック犯)によって検知されません。

この問題を引き起こすブラウザーハイジャック犯はあなたのブラウザースタートページを特徴的にそのアドレスを「利用できる:空白」に設定しておきあなたのコンピューターにあるHTMLファイルと入れ替えます 

それには売り物の画面ショットなどいろいろな製品へのリンクで検索エンジンの様子があります
あなたがこれらの支払われた広告関連のいずれかを訪問するならば収入はその所有者と系列会社によって稼ぐことになります。

BHO(ブラウザーHELPER OBJECT)はあなたのコンピューターとインターネット接続を遅くしているシステム資源を消費しあなたのウェブブラウザでインストールされます
このBHOはレジストリキーHKEY-LOCAL-MACHINE-SOFTWARE MICROSOFT WINDOWS NT/CuretVersion/AppInt_DLLsで定められている隠れたDLLと関係しています

反スパイウェアプログラムにより用いられる単純なハッシュ認知方法を避けるためにより 洗練された変形を用います。
ダイナミックにも彼らの実行可能形式は変わります

実行コードはあなたのブラウザーのキャッシュに保存されるかもしれません
そのファイルが削除されるならば、

隠れたdllsはハイジャック犯を回復させてしまうのです

他の性質はあなたのデフォルテ検索セッティングを変えて

ポップアップ広告を陳列して
Downloader.TroJanとして知られているtrojanをインストールすることを含みます。

それがあなたのpcの上へ危険な虫と裏のtrojansを順番にダウンロードすることができる状態にします。

このtrojanは手ごわい危険人物をつくります

利用できる空白の除去ステップ
XoftSpySE反スパイウェアをダウンロードしてインストールしてください。Anti_Spywareが広い範囲のスパイウェアを削除することによってこの問題を解決する評判のよいプログラムブラウザーハイジャック犯trojansとコンピューターワームで回りと関連するXoftSpySE:空白の乗っ取り
カテゴリー説明: あなたのPCに広告を届けるプログラム。

多くのウェブサイトには彼ら自身の広告(アドウェアとは無関係な)がある点に注意してください。

アドウェアは、プログラムが動作する間、広告が示されるどんなソフトウェアアプリケーションもです。

これらのアプリケーションの作成者は広告を届けるさらなるコードを含めます。

そして、それはポップアップウインドウを通して、または、コンピュータスクリーンに現れて、時々テキストを通して連結するバーによって、または、統合した検索結果で見られることができます。

アドウェアは、個人情報を追跡するかもしれないか、追跡しないかもしれません。それは、匿名で、または、全体でだけ、情報も集めるかもしれません。ユーザーは、彼らの機械のアドウェアが彼らの標準に従うならば、確実にするEULAと Privacy方針をチェックしなければなりません。 

 
公式説明: 発見と除去を避けるためにあらゆるトランクの複数のファイルとモーフィングベンチャーエントリをコピーする浸潤性Hijacker。
徴候は以下を含みます:
pqnelhleyy 47896c37 45316052利用できる:あなたのホームページとしてのBlank
過度のポップアップ(通常、ポルノは関連がありました)
ランダムに発生するファイル名
コメント: これは、全くおそらく感染症で最も難しい種類のうちの1つです。しばしばコンピュータは完全このペストを除かせるために、プロのスパイウェア研究者は意見を聞かれなければなりません。
画面ショット:  デフォルトホームページへの変化

他の性質はあなたのデフォルテ検索セッティングを変えて

ポップアップ広告を陳列して
Downloader.TroJanとして知られているtrojanをインストールすることを含みます。それがあなたのpcの上へ危険な虫と裏のtrojansを順番にダウンロードすることができてこのtrojanは手ごわい危険人物をつくり

利用できる空白の除去ステップ
XoftSpySE反スパイウェアをダウンロードしてインストールしてください。Anti_Spywareが広い範囲のスパイウェアを削除することによってこの問題を解決する評判のよいプログラムブラウザーハイジャック犯trojansとコンピューターワームで回りと関連するXoftSpySE:空白の乗っ取り

ジャンル:
ウェブログ
キーワード
スパイウェア アドウェア ウイルスバスター ポップアップ広告 トロイの木馬 トレンドマイクロ インターネット接続 レジストリ 検索エンジン ファイル名
コメント (0) |  トラックバック (0) |  この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加 mixiチェック
« 民に厳しく官には優しい日本 | トップ | 理不尽ないじめは日本の文化なのか? »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。