奔放不羈な日記

写真メインのブログです。主に風景・鉄道・観光地を撮っています。

手柄山の山頂にて

2016-12-31 | 写真


姫路駅前は再開発がだいぶ進み、新しい街並みが形成されてきましたね。
一方で、手柄山は古い建物が多く残り、訪れる人々をノスタルジックな気分に染めてくれます。

手柄山の山頂付近には、スリラー塔という西洋風の建物があります。





一部は外壁の改修工事をしています。



山頂の西側には銅像があります。



この人物は、姫路市の名誉市民の石見元秀氏で、かつての姫路市長です。
この方が市長の時代に、姫路大博覧会が開催されたり、姫路モノレールが開通したりしました。

さて、山を少しだけ下ると、ロサンゼルス空港の管制塔に似た建物が見えてきます。
これが展望レストランです。



展望レストランは床がゆっくり回転しており(約14分で一周する)、姫路の街を食事を楽しみながら一望できます。
私が訪れた日は年末で閉まっていました。
過去に2回行って、気に入ってます。


ノスタルジックな手柄山。今後は再開発が行われるようです。
今の手柄山は今しか見れません。
どんどん色んなものが、新しくなったり消えたりするかもしれません。
早めに見納めした方が良いように思えます。
『散歩』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 手柄山より姫路の街並みを一望 | トップ | 流し撮りの練習(2016年 姫路駅) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL