環境と体にやさしい生き方
環境の悪化は生物系全体に大きな影響を与えています。環境と体にやさしい健康的な生活を考えるための新鮮な情報を紹介します。




海洋を漂うプラスチックが自然の生態系を破壊し、人類にまでその影響がおよびつつあります。

海には毎日、大量のプラスチックが流れ出しています。
これらのプラスチックからは、化学物質が溶け出して海を汚染しています。また、海底に沈んでいた残留性有機汚染物質は、海水の移動等によって湧き上がり、プラスチックに吸収されています。

近年、海鳥や海に生息する哺乳動物などに、がんや生殖異常、前立腺異常などの深刻な病気が増えて、繁殖率が低下するといった問題が生じていますが、このような汚染プラスチックが大きな原因のひとつとしてあげられています。

そしてこれらの濃縮汚染物質は、食物連鎖を通して私たち人類にも及んでいます。
すでに、貝類から微小なプラスチックも発見されており、私たちは知らないうちにこれらの汚染物質を食べている可能性があります。

海のプラスチック汚染の現状や食物連鎖にプラスチックが侵入するメカニズムについては、「海が教える人類の危機」で詳しく説明されています。
健康的な食生活や消費を考えるうえで、一読されることをお勧めします。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 前ページ