Growing Up!

お陰様で設立20年目に突入!子供にとって理想の『少人数制マルチスポーツ教室』を夫婦で営んでいる2人のブログです。

高揚…。

2017-11-19 23:39:31 | 1号

 

                             高揚…。

 

     

 

 

いよいよ明日11月20日(月)10:30~解禁となります「'17 冬休み特別プログラム」予約・申込み受付…。

なかなか降雪がなくまだか?まだか?と雪を待ち望んでいたところにタイミング良く先週末に降雪がありウィンターシーズン突入を感じましたが今日は朝市から狩勝峠を越えて富良野の「カフェダイニングバー 麓 ROKU」さんを会場に山遊び&雪山遊びでお世話になっている自然ガイド&レスキュー「TREE LIFE 荒田康仁 氏」の雪山基礎講座&地図読み講座に参加して勉強してきました。

先週末の降雪で雪景色になったとはいえ狩勝峠を越えると十勝とは異なる量の雪景色…。

富良野に着いてからはしんしんと降り積もる雪に期待ワクワク…。
   

夕方16:30過ぎに終わったんですが約15㎝ほど降り積もった雪に心ワクワク本格的な冬を感じ気分が高揚しました。

帰路、結構な視界を塞ぐほどの雪降りでしたが久し振りの雪道運転に若干の緊張感…お陰で睡魔に襲われる事なく無事に帰って来られました。


さぁコレから事務所の片付けをして参加要項等の配布物を印刷し明日に備えようと思います。

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

カウントダウン…。

2017-11-18 23:58:10 | 1号

 

 

                 カウントダウン…。

 


 


 

今日は週末土曜日…。

明日の休日が明ければいよいよ20日(月)…「’17 冬休み特別プログラム」の予約申込み受付解禁日までカウントダウンが始まりました。

今週は午前中の派遣業務などの仕事が入っていたり木曜日と金曜日の通常プログラムクラスが年間回数調整の為、休講とし妻の用事やウィンター用品のリサーチなどで札幌へ出掛けたりとのんびり過ごせていましたが冬休みプログラムに関して事務所への問合せ電話が多く参加希望者の数も多く感じました。

本来、「季節感のあるスポーツを」との思いで通常プログラムでは行っていないスキープログラムをメインに冬休みのプログラムを実施したい所なのですが普段行われている通常プログラムでは「子供の生活習慣」を崩さない為に実施時間を夜間にズレ込ませぬよう夕方には終わる実施時間だったり現地集合解散という負担を多くの方々にお掛けしているので参加しづらい共働き家庭のお子様や送迎手段の対応が難しい方のニーズが多い冬休みの短期教室ですがたった3日間だけならばなんとか送迎手段を考えて…とか今年度十勝/帯広に転校してきたけれど全くスケートが初めてで体育授業に対応出来るように…とか。

とにかく普段行われている通常クラスに参加出来ない方が多くいらっしゃる事で1人でも多くの子供達のニーズにお応えしてあげたいと思ってはいるモノのグローイングのポリシーでもある「少人数レッスン」を行う為にはどうしても定員数を設定しなくてはならず…。

昨年度は1泊2日のスキーキャンプと2泊3日のウィンターキャンプを除き解禁日初日で定員数に達し募集締め切りとなってしまい2日目以降、希望されていたにも関わらずお断りしなければいけない状況になったり…。

「予約解禁日、かなり混み合いますか?」とか「予約の為に事務所前には皆さん、何時頃から並ばれますか?」との質問が多く…。

そういった質問に関しましては「事務所前に並ばれる時間」はお応えしていませんがその他は丁重に真実をお応えするだけとしています。

プログラムを企画する側としてはそれだけ多くの方々の期待に対して本当に有り難く思う訳ではありますが同時に希望されているにも関わらずお断りしなくてはいけない状況があるという現実も心苦しく思ってしまいます。

どうすればイイものか?といつも頭を悩ます問題ではありますがこれといって名案が湧かず…。

よくある抽選という方法も考えた事がありますが参加したいという気持ちを「抽選という運」で選別するのも如何なモノか?と思うのでグローイングのプログラムで抽選という選択肢はあり得ません。

であれば…やはり参加したいという強い気持ちを優先するしかなく結果的に先着順となってしまう訳です。

基本的に「電話申込み予約」も同時刻(10:30)から解禁となりますが電話回線が混み合ったり事務所に直接来て頂いた方から予約申込み受付の対応をさせて頂きますのであくまでも「事務所手続き優先」となります事を予め御了承願います。

ちなみに「事務所前には何時頃から並ぶのか?」との質問には返答する事で過剰に反応され皆さんを煽る事となりますのでお応え出来ませんのでご理解願います。

解禁日当日、質疑応答する事も可能ではありますが混み合っている事務所で質問されるのもご面倒かと思われますので電話でもメールでもどんな些細な事でも質問してみて下さいね!

※尚、休日を含め午前中でも派遣指導業務や午後からの通常プログラムで留守の場合には留守電確認後こちらから折り返し連絡を入れさせて頂きますので必ず連絡先を留守番電話に録音願います。

         「2017冬休み特別プログラム」申込み予約/受付解禁日時*
            11月20日(月) 10:30~ (電話予約可)
                    「完全先着順」
       ※解禁日当日は確実に事務所手続き及び電話回線も混み合う事が予想されます

先日のブログにも掲載しましたが昨シーズンの当ブログ(動画含む)またまた載せておくのでご覧下さい。

子供達の表情を観るとメチャクチャ楽しんでくれている姿が観られ何となくでもプログラムがイメージ出来るかと思いますよ!

* 短期スケート教室 
  2016年12月25日~27日実施 
  http://blog.goo.ne.jp/growing_com/d/20161225
  
  http://blog.goo.ne.jp/growing_com/d/20161227

* 年末サホロ日帰りスキー教室 
  2016年12月28・29・30日実施  
  http://blog.goo.ne.jp/growing_com/d/20161228
  
  http://blog.goo.ne.jp/growing_com/d/20161229  
  
  http://blog.goo.ne.jp/growing_com/d/20170101

* 年始サホロ日帰りスキー教室 
  2017年 1月 5・6・7日実施
  http://blog.goo.ne.jp/growing_com/d/20170105

  http://blog.goo.ne.jp/growing_com/d/20170106

  http://blog.goo.ne.jp/growing_com/d/20170108

* 1泊2日サホロ・スキーキャンプ
  2017年 1月 8~ 9日実施
  http://blog.goo.ne.jp/growing_com/d/20170111

* 2泊3日阿寒ウィンターGキャンプ
  2017年 1月10~12日実施
 ※ こちらの動画は3日間びっしり北海道の冬を満喫してる為、動画もの長さも莫大なので年末スキーからのダイジェスト版をご覧下さい。 
  https://www.facebook.com/shin.kikuchi.77/posts/1074226712699662? 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

1週間前…。

2017-11-12 23:31:45 | 1号

 

  

                   1週間前…。

 

 

 

 

昨日の強風もひと息ついた今日は11月12日…いよいよ「2017冬休み特別プログラム」予約申込み受付け解禁日、1週間前となりました。


現通常プログラム会員への募集案内チラシの配布は先週のクラス時に完了し欠席者へは過去参加者やDM資料希望者との案内と一緒に先週末郵送手配を完了したので昨日辺りにはそれぞれの手元に届いたかと思います。
もちろんチラシ配布協力幼稚園への手配も先週中旬に完了。

それに伴いお陰様で先週末辺りからホームページ閲覧数が増えています。

昨年度は史上初の解禁初日の午前中に年末年始の日帰りスキーコースが定員締切となり続けて宿泊スキーキャンプも締切…最終的には初日の夕方までに短期スケート教室も定員締切となってしまうほどの好評振りでした。

その殆どの方がリピーターの方々ですが初めてスキーにチャレンジする方も多くスキープログラムで「スキー道具は各自用意するのか?」との問合せ・質問も多く有りましたのでこの場を借りてお答えさせて頂きますネ。

興味があるのだけれど全く初めてチャレンジするのに道具を用意しなきゃならないのか?と疑問を抱かれるのも分かりますが過去の参加者を例にすると20年間でレンタルした方は3人未満です。

もちろんレンタルスキーの手配をすることも可能ではありますが3日間セットスキー一式をレンタルしたとして約¥10,000程度掛かります。

各自道具を持っている子供達はトイレを済ませ準備体操が済み次第、レッスンを始める事が出来ますがレンタルスキーを利用する場合はスキー場に到着して色々と手配準備をしている時間が無駄となってしまいレッスン開始時間に支障をきたします。
(当然、レッスン終了後も帰る準備時間に支障が出て来ます。)

それであれば「自分が気に入ったデザイン」の自分専用のスキー道具を用意して「自分の持ち物管理をする気持ち」や「道具を大切に扱う気持ち」を同時に養いスキー場到着~帰るまでタップリ滑ってレッスンを受けられる様にリーズナブルな商品で良いから「自分専用」の道具を用意してあげる事で得られるメリットはプライスレスですよ。

リーズナブルなセットスキー(スキー板・金具・ストック)は約¥12,000前後、それにブーツを加えると約¥18,000。
その他にグローイングのスキー教室ではニット帽より安全なヘルメットを推奨していて約¥5,000前後。
スキーウエア、スキー手袋2セット(濡れた場合の換え用)、ゴーグル…etc。

初期投資の総額は約¥35,000くらいになってしまいますがこれはあくまでも初期投資。

間違いなく1度参加された子供は滑れる様になるので春休みを含め翌シーズン以降もスキーを「自分が出来るスポーツ種目」とするので1回使い切りという事は無いはずです。

スキーセットや手袋は間違いなく最低でも2年間は使えますしヘルメットやゴーグルは大切にさえ使っていれば5年間は使えます。(我が家の娘は子供用ヘルメットを8~9年間も使っていました。)

加えて冬休みプログラムに参加申込みされた方にお渡しして用品準備等、支出負担が少なくなる様スポーツ量販店に割引券の手配をお願いしていますので購入する際は割引価格となります。

なのでアクセサリー類を新調しようと思っている方も急いで道具を購入しないで下さいネ!


ちなみに道具のサイズ選びや必要なアクセサリー類はどんなモノを選べば良いのか判らない方もいらっしゃると思いますので私が動ける時には日時を合わせて量販店へ伺いアテンドします。(量販店の方にも了承済みです。

「道具を使うスポーツ」は用品の選択が重要で安全性はもちろん技術習得にも影響する事なので販売店任せにするだけじゃなくその道のプロフェッショナルがアドバイスする事は販売する側と購入する側両方にメリットがある訳でその事によりスポーツの活性化にも繋がる事だと思っています。

何だかちょっと堅苦しい話になっちゃいましたが「単に技術指導をするだけじゃない」このやり方が「グローイング」…設立してから変わらずずっと続けてきたサービスのひとつなのです。

ホント、どんな事でも些細な質問でも聞いてみて下さいね!

先日のブログにも掲載しましたが昨シーズンの当ブログ(動画含む)またまた載せておくのでご覧下さい。

子供達の表情を観るとメチャクチャ楽しんでくれている姿が観られますよ!


* 短期スケート教室 

  2016年12月25日~27日実施 
  http://blog.goo.ne.jp/growing_com/d/20161225
  
  http://blog.goo.ne.jp/growing_com/d/20161227

* 年末サホロ日帰りスキー教室 
  2016年12月28・29・30日実施  
  http://blog.goo.ne.jp/growing_com/d/20161228
  
  http://blog.goo.ne.jp/growing_com/d/20161229  
  
  http://blog.goo.ne.jp/growing_com/d/20170101

* 年始サホロ日帰りスキー教室 
  2017年 1月 5・6・7日実施
  http://blog.goo.ne.jp/growing_com/d/20170105

  http://blog.goo.ne.jp/growing_com/d/20170106

  http://blog.goo.ne.jp/growing_com/d/20170108

* 1泊2日サホロ・スキーキャンプ
  2017年 1月 8~ 9日実施
  http://blog.goo.ne.jp/growing_com/d/20170111

* 2泊3日阿寒ウィンターGキャンプ
  2017年 1月10~12日実施
 ※ こちらの動画は3日間びっしり北海道の冬を満喫してる為、動画もの長さも莫大なので年末スキーからのダイジェスト版をご覧下さい。 
  https://www.facebook.com/shin.kikuchi.77/posts/1074226712699662? comment_id=1074827179306282


そんな募集開始1週間前の週末…作業的にひと息ついた昨夜はいつもの如く既にレジェンド的存在のSAJ(スキー団体)ナショナルデモンストレーターの山田卓也さんとJSBA(スノーボード団体)デモンストレーター奥山真紀さんはじめ気心知れたウィンタースポーツ仲間が集まりいつもの新得町のヴィレッジ432ではなく奥山真紀さんの実家が運営している新得駅前の「ぐるぱん」さんで432会の宴を楽しんで来ました。

いつもながらホント、楽しい時間を過ごす事が出来て…あまりに楽しすぎて宴の写真を撮る事も忘れ…。

ウィンタースポーツシーズン突入を前にそれぞれが気分をリフレッシュする事が出来ました。

強風吹く新得町は小雪混じりの雨でしたがあとは降雪を待つのみ…今週のグローイングは午前中の派遣体育指導業務がビッシリ入っていたり夜は社会人アイスホッケーの公式戦(十勝毎日新聞社杯)があったり…と公私共に充実過ぎる1週間の予定です。

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今年最後の…。

2017-11-05 23:42:51 | 1号

 

                 今年最後の…。

 

 

 

 

 

今年最後の3連休…皆さんはどうお過ごしでしたか?

私は明日のグローイング通常プログラムクラスの会員から「'17 冬休み特別プログラム」の募集チラシを配布する為、私が構成し妻が作った原稿USBを印刷機で印刷したり折り込んだり…たかだかグローイングの会員だけなら150名に満たないチラシですが配布協力して頂ける幼稚園や過去参加者、チラシ案内を希望されている方々へのDMなんかを含めると1500枚以上になる訳で…。

休日をのんびり過ごしながらもやらなきゃならない事がある訳で…。


ということで現通常プログラム会員の方には今週からチラシ配布しますがホームページ上でのプログラム発表もグローイングと家事の兼業主婦である我が妻の手の空き次第…近日中には公開出来ると思います。

配布協力幼稚園へのお願いとDM発送は今週中に終える予定で作業を進めていますので今暫くお待ち下さいネ!

このブログ内でも昨年の12月年末~今年の1月中旬迄の投稿を読み返して頂ければどんな内容なのかある程度は判るかと思いますがそれよりなにより今年初めて該当年齢に達した方や噂では聞いてるけどどんな内容なのか知りたい方、「冬休み特別プログラム」を全くイメージが湧かない方の為に取り急ぎ昨年度のプログラム動画をお見せしますね。


* ’16 3日間短期スケート教室/ピングーA&B
 ※ こちらのプログラムはたった1時間のレッスンを3日間という短い時間で技術習得を図る為、レッスン動画の撮影をしていません。
2016年12月25日&27日付 ブログ投稿記事をご覧下さい。

’16 年末3日間サホロ日帰りスキー教室/アクティブA
   https://www.facebook.com/video.php?v=1062250150563985

* ’16 年始3日間サホロ日帰りスキー教室/アクティブB
 https://www.facebook.com/shin.kikuchi.77/videos/1068473343274999/

* ’16 サホロ1泊2日宿泊スキーキャンプ/アクティブC
 https://www.facebook.com/video.php?v=1070815216374145

* ’16 阿寒ウィンターGキャンプ/2泊3日
 ※ こちらの動画は3日間びっしり北海道の冬を満喫してる為、動画もの長さも莫大なので年末スキーからのダイジェスト版をご覧下さい。 https://www.facebook.com/shin.kikuchi.77/posts/1074226712699662?comment_id=1074827179306282


ま、とにかく北海道の冬を満喫出来る楽しいプログラムを1人でも多くの子供達に提供したいと企画していますので家族レジャーでは味わえない楽しさを是非、お子さんに体験させてあげて下さい。
      

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

5/6…。

2017-10-31 23:51:10 | 1号

 

                              5/6…。

 

 

 


ハッピーハロウィーン!

とか言いながらも10月31日は残り数分…。

時計の針がテッペンを過ぎれば11月1日…早いモノで今年2017年の5/6を既に消化しちゃう事となります。


10月から始まっている後期通常プログラムクラスも全クラス1ヶ月を終えプログラムの流れはもちろん指導者との信頼関係も回を重ねる毎に深まり子供達は指導者のキャラクターを理解し指導者は子供ひとり一人の特色が解ってきています。

今年も残り2ヶ月…。

以前からお伝えしています通り「'17 冬休み特別プログラム」も企画が決まり現通常プログラム会員には来週からお伝えする事が出来そうです。

怪我の具合もなんとかスキーを普通に滑れるくらいには治ってきているので気持ちが走る走る!

あとは真っ白な雪が舞い降りてくれるのを待つばかり…。

雪を心待ちにスキー雑誌やカタログを読み漁っている私1号です。

タイトル写真は15、6年前から我が家御用達/北欧のグローブブランドHESTRA(ヘストラ)の'17-'18 ウィンターシーズンのカタログです。

オイルを塗り込んでメンテナンスをする度に自分の手に馴染み味が出てくる最高のグローブなんですが今シーズンは数年振りに新調しようと思っています。

そんなこんなな楽しみが次から次へと湧き出てくるのもウィンタースポーツの楽しみのひとつであります。


そんな雪国の色々な楽しみ方を1人でも多くの子供達に伝えてあげたいと思う気持ち…グローイングの『冬休み特別プログラム』を是非、お楽しみに!

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

足音…。

2017-10-24 20:55:24 | 1号

 

                                      足音…。

 

 

 

 


今日の夕方、午後からの通常器械体操プログラムクラスが終わって事務所に戻り南西の空を眺めてみるとか細くも綺麗な三日月が見えたので携帯カメラでカシャ!

ってな感じで10月も下旬に入り先週末は脚を怪我した以降1度も登っていない今年最後となるであろう山遊びへ行って来ました。

その翌日、日曜日からは台風21号の影響で雨が降り続き昨日、月曜日は台風の接近と共に寒気を引きずり込みみぞれ交じりの雨風がビュービュー吹いていましたが今日は朝から台風一過の青空が拡がり気温もそれほど寒くなく冬の足音もひと息ついた感じです。

今日は朝イチから派遣体育指導業務…。

昨日の気温に比べると+10℃前後高く…???

間違いなく昨日聞こえた冬の足音はちょっと後退した様子ですけどね。

 


それでもみぞれとはいえ降雪には心躍る訳で…この雪も降っては融け、降っては融けを繰り返し少しずつ本格的なシーズンに突入するんですがこのちょっとしたシーズン初めの降雪が待ち侘び感をグイグイと掻き立ててくれるんです。


そんなグローイング冬の恒例「冬休み特別プログラム」は現在、私の頭の中で煮詰めに煮詰めてほぼ出来上がり…。

あとは盛りつけレイアウトを考えて11月6日(月)発表予定で準備を進めています!

せっかく北海道に生まれ育って(道外からの人も生活して)るんだからスケートだけじゃなくスノースポーツの代表格であるスキーを楽しめる様になると人生楽しい事が増えて最高ですよ!

グローイングでは4歳児(年中児)からプログラムに参加出来、日帰り3日間で間違いなく緩斜面を楽しみながら滑り降りれる様になります。

既に滑れる小学生には日帰りスキーでは味わえない楽しさを宿泊スキーで体験して貰う事も出来ます。

で、スキーはちょっと…と考えている方はグローイングの定番Gキャンプの冬休みバージョン「2泊3日阿寒ウィンターGキャンプ」も楽しさ盛り沢山です。

詳細は後日!

 

で、先週月曜日に1アシスト・1ペナルティーでゴールこそ出来ませんでしたがチームが勝てた社会人アイスホッケーの公式戦NHK杯準決勝がこの後22:30から行われるのでこれから準備して行って来ます。

未だ患部に多少の痛みが残っているので完全復活とはいえませんが怪我が悪化しない程度にゆる~く楽しみ今夜はポイントゲット出来るかなぁ…?

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

1周…。

2017-10-16 23:44:02 | 1号

 

                   1周…。

 

 

 


今日は月曜日…後期通常プログラムクラスが始まって11日が経っていますが例年、月曜祝日が多いので年間実施回数確保の為に月曜通常クラスが一番早くスタートを切るんですが今年度は一番最後となって後期通常プログラムクラスもやっと全クラスを1周して本日より月曜通常プログラム/スケートクラスがスタートしました。

とにかくここ数日、朝晩の最低気温の低い事…それでも先日、大雪山系に初冠雪の便りがあったとはいえ平野部での白銀の世界はまだ遠いはず…。

しかし…スケート王国/十勝では室内のスケートリンクは7月からオープンしている訳で…。

王国ともなると当然、子供達にスケート指導をする団体や指導者は沢山居るにも関わらず我がグローイングスポーツクラブを選んで参加してくれている方々には本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

各団体/指導者の中には出来るだけ小さい年齢からスケートに関わりを持った方が良いとの主旨で指導されている所もありますがどんなスポーツでも子供本人が興味を示してから関わりを持たさなければ単なる保護者のエゴにしか過ぎずとの考えとスポーツ整形学の医学的見解から適した年齢を考慮し対象年齢を設定してグローイングのスケートは年中児(4歳児)からレッスンを行っています。

年中児(4歳児)と一概にいっても特にカラダの成長とココロの発達には大きな個人差が生じる年齢なのでその辺りの判断が難しい所なのですが…。

今でこそ50歳を目前にしながらも趣味で社会人アイスホッケーを楽しんでいますが子供の頃はスピードスケートが大の苦手…小学校の授業では半ベソをかきながら授業を受けていた事が今でもかなりのトラウマになっているのも事実です。

なので普段の靴に比べて窮屈なスケート靴で足が痛くなっちゃったり、冷たさで足が痛くなっちゃったり…まだまだ始めたばかりの幼児や小学低学年なのに膝と腰を窮屈に曲げさせられ辛かったり…。

そんな指導はある程度滑れるようになり楽しさを感じてからトレーニングすればイイんです!

みんながみんなオリンピックや国体の選手になる訳じゃないんだから…。

苦痛を軽減してあげながら楽しさを先行させて少しずつ少しずつ…強く逞しくなれるように。

間違いなく経験上、嫌いになっちゃった方が厄介なのですから…。

先ずは準備体操でカラダを動かして…。
    

ツルツル滑る氷上より安定しやすい陸上での歩行練習…。
    

もちろんスポーツクラブなので技術習得する為の指導は当然ですがここが他のスケート教室との違い!
「スポーツを通して」精神的な成長を筆頭に公共施設でのマナーや事故や怪我を未然に防ぐ為の安全意識を小さい時期から啓発していく事で「スポーツを楽しむ」という本来の目的が達成出来る様、氷上での立ち方から転び方、順番を待ってる際の待機姿勢までもキッチリしっかりレクチャーします。
    

    

幼児クラスでは全く初めての子供は不安だったり怖かったり…正直、泣いちゃた子供もいましたが少しずつ少しずつ要領を掴んでリンクの氷上に上がる事が出来ました。
    

    

昨年度参加者は余裕の表情!
        

休憩時間にはお約束のしりとり大会!
    

    

そんな感じで小学生クラスでも同じくオリエンテーションの後、準備体操をしてスタートしましたがレベル別にグループ分けを行った為、小学生クラスはレッスンの様子を写真撮影する余裕なく…。
      

今年度の月曜日クラスは珍しく昨年度、年長児の時にグローイングのスケートクラスに参加してくれていた1年生だったので総勢20名の子供達の中、全く初めてスケートを滑る初心者が居ませんでした。

ま、それでもシーズン初となり久し振りに氷上に上がって本調子になれない子供も多く…。

おっかなビックリしながらも氷の感触を確かめながら半年振りにスケートで滑り少しずつ感覚を取り戻しながらる初回のレッスンを終えました。
    

P.S.
で、今日のブログタイトル写真…よ~く観てみて下さい!
月曜日クラスで使用しているリンクは「帯広の森スポーツセンター」…水曜クラスで使用しているリンクは「帯広の森アイスアリーナ」。
違いが解らないと思いますがこの写真は「帯広の森アイスアリーナ(メインアリーナ)」でこれまた時計をよ~く観て下さい。
20:55…夜なんです。

もちろんグローイングのプログラムをこんな夜に行う事はない訳で…。

私事ではありますが趣味の社会人アイスホッケーの公式戦/1回戦目が21:00からありまして脚の怪我の調子も90%快復してるのでゆる~い感じで参加してきました。

試合結果は6-3で勝利しましてゴールはなりませんでしたが1アシストのポイントが付きました。
加えて調子に乗りすぎちゃって「アンスポーツマンライクコンダクト」という反則を犯してしまいシーズン最初の試合でペナルティボックスに入れられちゃいました。  ※ピリオド終了後、故意にシュートを打ち込んだりする行為

 

 

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

51…。

2017-10-11 23:58:13 | 1号

 

                             51…。

 

 

 

 

今日のブログ、見出しの写真…ちょっと時系列が逆転しちゃいましたが「51」…。

「51」というと一般的にはメジャーリーガーのイチロー選手の背番号を思い出されるかも知れませんが今日の51は全く無関係…。

じゃあ何が51なのかというと…私の脚の怪我の調子もほぼ良くなったのでやっと本日、趣味で楽しんでいる社会人アイスホッケーの練習に参加し51日振りに本来のスピードにはほど遠かったけれど左右のターン、ブレーキ、バックスケーティング…マッチゲームでは得点する事も出来て満足で終える事が出来、先程帰宅しました。

但し再発しないように力量を80%程度に留めたんですが無意識にカラダが反応してしまうので急激な動きをセーブするのにひと苦労だったんですけどね。

それでも思っていた以上に滑る事が出来たので来週予定されている公式戦(連盟会長杯)の1回戦目に参加出来そうでチームのみんなに迷惑にならない様に楽しませて貰おうと思っています。

ということで今日から始まった'17 後期通常プログラムのスケート指導…仕事でもプライベートでもお世話になっているアイスアリーナの整氷車の写真を見出しに使わせて頂いたという次第です。


グローイングの後期通常プログラムは月曜日と水曜日の週2回、スピードスケートプログラムを行っているんですが今年度は水曜日のスケートプログラムが仕事で最初となるスケートプログラムです。

例年でも水曜日15:00からのリンク混雑状況は他団体の教室も少なく空いていて使いやすい状況なのですが今日はいつも以上にリンクはガラッガラ…。

グローイング的には空いているリンクは全く初めてスケートにチャレンジする幼児さんにも使いやすく指導する私達も安全管理の面でゆとりをもってレッスン出来るので大歓迎なんですが他団体の教室はどうしちゃったんでしょうかねぇ?

先ずは全く初めてスケート靴を履いた子供もいたのでイスに座ったまま注意事項などのレクチャーです。
  

イスに座ったまま膝をしっかり曲げての足踏み練習…。
  

そこから立ったままでも安定しやすい陸上での足踏み練習…しっかり膝を曲げて!
  
 
  

今年度は月曜日のクラスが幼児/小学生共に既に締切となっちゃっていますがリンクも空いている水曜日の14:50~15:50クラス(年中児~小学2年生)は狙い目ですよ!

幼児~小学2年生までが対象のクラス設定なんですが小学校の5時間授業でも下校時に直接迎えに行き真っ直ぐリンクへ向かえば時間的に間に合うので兄弟で参加したかったり未だ一度もスケートを経験した事のない全く初めての小学1年生にはオススメのクラスです。

リンクが空いている事に加え参加者も少なく今日現在9名だけ。

初回の今日は準備体操の後リンクの使用マナーを説明し疲れない程度に陸上歩行をしてから全く初めてスケートに挑戦した子供達も直ぐに氷上に上がりました。

氷上に上がれば氷上でのマナー説明…「かき氷じゃないから氷かすを食べない事!」とか。(笑)
           


  

続いて氷上での待機姿勢(座って待っている時のお約束)と立ち方&転び方。

ずっと座っているとお尻が冷たくなってカラダも冷えちゃうので子供様子を観ながら出来るだけ立ったまま待機出来る様にする事もグローイングレッスンの特長です。


滑れる子供もちゃんと「シーズン初転び」も経験出来ました。
  


続いて16:00からの小学生クラスは1年生も含め全く初めての初心者が少なく毎年定員がいっぱいで締め切りとなるクラスなんですが今年は定員数に未だ若干の余裕があります。
       

こちらも先ず準備体操&オリエンテーション…勝手知ってる経験者ほど「馴れがモラルを低くする」事に触れ接触事故など混雑時の危険性なども話していざ氷上へ!
  

リンクに上がる前に子供達に手を挙げさせて確認してみると意外に今日の初回を迎える前にプライベートで既に滑っていた子供が多かった。

とはいえ先ずは足慣らし…。
        

足慣らしを終え技術&体力with精神面を考慮して大まかなグループ分けを行ったんですが継続者のグループは既にこんな感じでスピードを上げていました。
      

休憩タイムではお約束の罰ゲーム付しりとり大会も楽しめます。
  

とにかく今日のリンクは例年より空いていた。

他団体が少なくて全然混雑していなかったのでのびのび滑って初回のレッスンをスタートすることが出来ました。

来週以降もこれくらい空いているとイイのになぁ…。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

楽しむという事…。

2017-10-10 22:41:14 | 1号

 

                              楽しむという事…。

 

 

 

 

 

秋の3連休が終わり先週の木曜日クラスから始まった「’17 後期通常プログラム」も今日から再開…午前中、朝イチから札内青葉保育所から依頼されている派遣体育指導を行い午後からがグローイングの通常プログラム…。

「’17 後期通常プログラム」…今日、火曜日は前期に続き器械体操プログラム。

前期同様のカリキュラムではありますが前期からの継続参加者には他プログラム同様、個々の能力に合わせた体操技能を指導していく予定です。

少人数制レッスンを謳っているので定員数は15名…ですが今期は3歳児が4名、4歳児が7名と年少/年中児だけで11名居るので指導者も参加する子供もゆとりを持てるように今期は14名で定員締め切りとさせて頂き初回レッスンをスタートしました。

出席確認と同時にオリエンテーション…継続参加者は余裕の表情、初めて参加する子供はちょっと緊張してたかな?
    

幼児さんにとってずっと座って話を聴いている事は結構辛いはず…なので先ずは準備体操のあと笛の合図に合わせて動けるかどうかを観させて貰いました。
   

   
    

意外とコレだけしか動いていないようでも子供達は薄っすら汗をかいています。
    
初めて参加した子供達もみんなの動きを見様見真似で楽しく身体を動かしてくれていました。

最初のうちはキッチリとした完成度の高さは求めません。

オモシロおかしくでイイんです!

何故なら失敗を恐れ自分のカラダなのに躊躇しながら思い通りに動かす事が出来ない子供達が多い事…ここ数年とても感じています。

出来る出来ないに関係なく見様見真似で身体を動かし細かな修正箇所をひとつひとつ指導していく…。

指導者のデモンストレーションはもちろんですが上手に出来たりカッコ良く出来たお友達を観て模倣する事が出来るだけで完成に近づけると思います。

先ずは見様見真似でしっかりとカラダを動かす…動かなきゃならないときにシュッと動かせて止まらなきゃならないときにピタッと止まる事が出来る。

簡単な様で意外と難しいことなんですがたったそれだけで自分のカラダをコントロールする為の体幹をしっかり作る事が出来、成長著しい幼少期には必須で将来的に様々な運動種目に必要な要素なのです。

ちなみにグローイングの器械体操はウォーミングアップで瞬発力・バランス力・跳躍力はもちろんですが脳とカラダを繋げる運動である神経系のトレーニングを含めたリズムや道具を使った巧緻性の高い運動遊びも行っていくのでたった60分のレッスンですが内容は充分過ぎるほど濃くなっています。
      

走って、跳んで、止まって、跳ねて!
    

初回の今日は走運動を中心に!
      

跳ねて!跳んで!また跳ねて!
    

3歳児の年少さんや初めて参加してくれたお友達も見様見真似で楽しんでくれていました。
      

  

   

  

走運動の後はマット運動ででんぐり返しを楽しみ前回り(前転)の導入にチャレンジしました。
  

  

 

みんな楽しそうに初回のレッスンを終える事が出来ましたがコレから来春3月迄の半年間でひとり一人、心もカラダもどれだけ成長する事が出来るかとても楽しみです。

 


P.S.
私の脚の怪我もほぼ治ってきて痛みも消え90%程度の快復を感じられます。
明日水曜日の通常プログラムは後期特有のスケートプログラムです。
8月21日に古傷を痛め怪我をしてから51日振りとなる氷上に上がります。
急激な動きさえしなければ全く問題ないと思われ調子が良ければ夜に予定されている社会人アイスホッケーの練習にも参加しスケーティングだけでも試してみようと思っています。
その為には先ず仕事である通常プログラムのスケート指導をしっかりやらねば!と肝に銘じている1号でした。 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

FRIDAY SOCCER PROGRAM

2017-10-06 23:44:31 | 1号

 

 

                      FRIDAY SOCCER PROGRAM

 

 

 

朝晩寒く…なんて言ってたら今朝の帯広/最低気温は1.9℃…間違いなく近日中に氷点下のマイナス気温になってしまいますね。

そんな今日は金曜日…午後からの'17後期通常プログラムは屋外から室内へと制限された環境でのインドアサッカーが始まりました。

9月迄の前期プログラムでは月曜日と金曜日の週2回、サッカークラスが設定されていたんですがそれぞれに対象年齢や技術レベルの限定があり10月からのインドアサッカーは週1回と集約されたクラス設定になっています。
    

幼児クラスは3歳/年少さんから年長児まで様々な幼稚園や保育所(園)から定員いっぱいの子供達が集まってくれています。
    

   
   

あいにく今日は3名のお友達が欠席しちゃいましたが1名を除き他はみんな前期から継続参加の子供達ばかりで1年を通してサッカーを楽しみたいと思ってくれている子供達ばかり…。
   

   

ボールコントロールの難しい床でのドリブル練習の他、お約束の「コーン倒し」にも力が入ります。
   

当然、サッカーはマッチゲームになれば「我先に!」と性格が表面化しやすいスポーツなんですけどね。
   

ルールを守りながらお互いを尊重し合う…大人でもコレがなかなか難しいんですけど小さいうちから経験する事で学べる事が増えていきます。
   

で、幼児クラスが終わった後は続けて小学生サッカークラス…。
      

幼児クラスに比べると少年団の普及や共働き家庭が増え送迎負担等も理由のひとつではありますが狭い室内環境でのレッスンなので定員数を15名に減らしての実施なのですが幼児クラス同様、1年生から6年生までのサッカー大好き少年&少女達が屋外屋内に関係なくサッカーを楽しんでくれています。
   

今でこそグローイングでサッカーを楽しんでくれている女の子は3名ほどしかいませんがグローイングスポーツクラブの礎というと私がスポーツインストラクターとして某青少年団体を退職後スポーツ店の販売員をしていた頃に当時の店長さんの計らいで子供サッカー教室を立ち上げたのが基盤となっていて独立してグローイングの看板を上げた当初は男子はもちろん女子だけのサッカークラブも作って協会主催の女子リーグのイベントにも出場していた事があったんですよ。
   
知る人ぞ知る20年という歴史在るグローイングのサッカークラブ…幼児クラスは第1に楽しく!小学生クラスはボールコントロールが難しく狭く制限された環境で1年生から6年生までが汗だくになってボールを追い掛け初回のレッスンを楽しんでくれていました。
   

これから半年間、幼児クラスでは楽しみながらサッカーの技術を習得し同時に「話の聴き方・デモンストレーションの見方」をしっかり出来る様に…。

小学生クラスではひとり一人が「ボールコントロール・パス&トラップの精度・攻守の切り替え判断」を現状のスキルから少しでもアップして貰える様に…。

幼児/小学生いずれのクラスも楽しみながら「無理~!」「疲れたぁ~!」「どうせ…」という言葉を発しないようにメンタルも強化してあげたいと思っています。

 


 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加