そよかぜ日記

写真、メモ、日常のできごと etc. 拡大できる写真も、あちこちに

スペイン 奇跡の恐竜たち

2015年03月21日 | 展覧会

 3月21日から5月31日まで、長居の大阪市立自然史博物館で、特別展「スペイン 奇跡の恐竜たち」が開催されています。(上はその図録の表紙です。)
 じつはスペインは世界有数の恐竜化石の産地です。 奇跡的な保存状態で発見された貴重な実物化石など、多数の化石や復元模型などが展示されています。 例えば全長約6mの獣脚類「コンカベナトール」の実物化石には、羽毛や手足の裏の肉球の跡が残っています。
 そのほかにも様々な展示がされていますが、私的におもしろかったものを2つ挙げておきます。 1つは、現在では鳥類は恐竜(の竜盤類の獣脚類の一部)の生き残りと考えられていますが、その鳥の進化の解説展示です。 もう1つは、ステゴザウルスの背中にある板は、ディスプレイ機能の他に放熱機能もあったとして、現生の鳥オオハシの大きな嘴との対比でした。
 今回の特別展は、支倉常長を大使とする慶長遣欧使節団(注)から400年という節目に合わせた「日本スペイン交流400周年事業」として企画されたもので、これほど大規模にスペインの恐竜が紹介されるのは、もちろん日本では初めてです。

(注) NHK BSプレミアムで再放送されていた大河ドラマ「独眼竜政宗」、本日が最終回でした。 楽しみにしていた放送なのに、残念です。

『大阪府』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 住吉大社 | トップ | 4月の雨 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

展覧会」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事