カウンターで一人つぶやく
バイクとマイケルとルークのこと
 



うちじゃないよ(笑)

釧路ラフェスタ? とか厚岸牡蠣祭とか。
池田町ワイン祭も?
味覚の秋に美味しいイベントが盛り沢山。

う~ん。
どれに行こうかな?
まずはラフェスタかなあ。
そういや上様は競馬場ツアーだっけ。
なんかススキノが熱そう(笑)

でも家の大掃除もしたい。
難しい…
やっぱりまずは食べてから…かな?


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




夜になると冷えるね。
みんな風邪などひいてませんか?

このくらい冷え込みだすと、やっぱり食べたくなるわけ。
「鍋」
鍋にも段階ってあるよね。初期って肉っぽいのがいい。味の濃いものとか。
もっと寒くなると野菜が欲しくなる。
さらに寒くなると豆腐。
余談だけど、豆腐を美味しいと思うようになったのは三十を過ぎてから。
味覚が変わってきてるね。
魚類も寒い時期がいい。


鍋が好きな1番の要因は「雑炊」が美味いこと(笑)
あの中に全ての旨味が凝縮されているわけですよ!
もうはいらねえ、と思ったとこからまだ入る。
満腹になって横たわると、日本人に生まれてつくづく良かったと思える。

今の時期なら、タチとか牡蠣とか?
今年は外でジンギスカンも食べられなかったし、秋冬で鍋三昧かなあ。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




ネ申アルバム決定。

ここしばらく一枚のアルバムをパワープレイしている。

MR.CHILDREN「I ♥ U」

素晴らしい。
「ランニングハイ」も
「CANDY」も
「隔たり」も


なら息絶えるまで駆けてみよう 恥を撒き散らして


柄にもないけど逢えると嬉しいよ 悩んだ末に想いを飲み込む日々


柔らかい体温が今 夜を包む 魔法にかかったみたいだ


I ♥ U という言葉にこめられた色々な意味や気持ち。
きっと聞く人の数だけ、I ♥ U があるんだろうな。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




玉子焼き対決について総評
(すでにしゃべりBARと関係なし)

優勝はAの大津さん。
俺の一票はBの田村さん。

ラジオで伝えきれないことがある。
言葉が足りないのか、時間がないのか、かしまし娘達にやられているのか。
とにかく、ちゃんと自分の言葉で評価したい。

まず見た目。
Aは色も鮮やかで巻きも綺麗。
Bはやや薄い色だがふんわり。厚焼き風。
Cは崩れているが卵のキメは細かそう。

そして味。
Aは甘い。ザ・北海道のお弁当卵焼き。
Bは甘くない。かなりダシの効いた感じ。ご飯のおかずに最適。
Cは新鮮。玉子焼き? という感じだが、けしてまずくない。

評価。
Aはやはり焼きなれている。お弁当に入っているなら見た目にも満足。
Bはやや色合いが薄いが味は好み。かなりご飯がすすむだろう。
Cはお弁当向きではない。ただ、一品料理として出すなら評価を受ける可能性あり。

おなじく「卵」を使ったシンプルな玉子焼きに、こんなにも差が出るとは思わなかった。
三者三様の味わいで、料理の奥深さを改めて思い知った。
大津さんは良い主婦だねえ。旦那や子供が羨ましい。遠足や運動会が楽しみ。
田村さんはあまり料理をしないらしいけど勿体無い。今度作ってくれ。
佐藤さんは覚えれば化ける可能性を秘めている。センスは悪くないと見た。

先週末、店で真剣に議論して決めた「対決」
その心意気を確かに見せてもらいました。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




今月は「お勧めの本とそのテーマを考える」(だっけ?)
ラストか…何を持っていこうか。
そろそろハードボイルドもいいんではないか。
普通の人は読む機会がないだろうし。

前にも書きましたが、俺の人生感というか生き方を変えたのは本です。
しかもハードボイルド小説。
「何度でも立ち上がる」
そのことを教えてくれたのは北方謙三だったのです。
もちろん本棚にはギッシリと並んでいます。
中でも「ブラディードール」シリーズは何度も読み返すので本がボロボロ。
何冊かは買い換える有様です。
ずいぶんと古い本なんですが、未だに色褪せない。
まさに「北方節」ここに極まれり。
このシリーズの主人公は、ただ喧嘩が強いだけの男達ばかりじゃないんです。
老画家。元ジャンキーのジャズピアニスト。スーパーの店主。教師。
でも、どの男達もカッコイイ。
男の生き方ってやつを見せてくれます。
くじけそうになった時、俺はこの本を手に取り読みふけります。
そうやって、内に闘志を溜め、自分の生き方を見直すんです。

今日は熱く語りだすかもしれませんね(笑)

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




納車が楽しみだなあ。
前のロードスターとはまったく方向性の違う車だから。
納車されたら画像UPします。
久しぶりにドキドキとワクワクでいっぱいです。

車探しに関しては、FMくしろの今ちゃんのお父さん(ディーラー系にいらっしゃるんです)に大変お世話になりました。
助かりました。
勿論、お父さんを紹介してくれた今ちゃんにも感謝。
俺の我侭な要望を受け、的確に車屋さんを紹介してもらいました。
とても親切丁寧な車屋さんで、安心して全てを託すことが出来ました。
開店準備、営業再開、通院、静養。自分で目当ての車を探すのが難しかったため、これはかなり精神的に楽でした。
いつもながら、人との良い繋がりに助けられているなあと実感。

一つ一つ、普通の生活に戻れていければいいなあ。
ちょっと無理して急いでる気がするので、車が来たら一段落してゆっくりドライブにでも行こうと思います。

とか言いながら、まずは来月の「どうでしょう祭り」の準備(笑)
懲りないねえ。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




エドウィン・バレロ。
スゲーパンチだった。
石斧やデカイ金鎚で殴りつけてるみたいな感じ。
板東も1Rもたなかった…
100万円…貰えなかったね。
連続KO記録も更新。
でもあのパンチは反則だなあ。
石でも握ってんじゃないのか?(笑)
今の俺なら耐えられるかもな~
だって事故の衝撃を体験しちゃったからなあ。
もう御免だけどね(苦笑)

まあ冗談はさておき…

この人ってバイク事故でライセンスサスペンドされてたんだよね。
でも復帰してからも負け無し。
どこでもいいからパンチを当てる完璧なハードパンチャータイプ。
とにかく一発当てるごとに相手が悶絶するんだから相当な威力なんだろう。
けして技巧派ではない。
1RKO記録はこれで16(?!)
ちょっと衝撃的な映像だった。
「1Rで倒れなかったら100万円、勝ったら200万円」
という懸賞金に目が行くけど、あの試合の見るべきところはバレロの「拳」だね。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




寝てました(笑)
体力的に辛い(泣)
戦士にも休息は必要なのです。

ですが精神的には慣れてきました。
やっぱりお客さんと話をするのは楽しいね。
きっと以前よりよく話していると思います。
怪我の功名ってやつ?
前のほうが良かったかもしれませんが。

実は再開直前に倒れまして。
あまりの激痛に言葉も出ないほどでした。
病院に担ぎ込まれた結果
「結石」
だそうです。
しかも二個。
しかも1㎝というからかなりの大物。
今は粉砕することも出来るそうなんですが、それだと数日の入院も必要らしい。

またか。

とりあえず薬で激痛を押さえ込んで自力で出す。
ということにしました。
そんなこんなで頑張っております(笑)

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




先月から事故で失った代わりの車を探してました。

本当は前と同じ車がよかったのですが、
限定車のため現在の流通が全国でも数台で、
しかも北海道にはないために現状確認が出来ないために諦めました。

今回のテーマは頑丈(笑)
「エアバック」は必ず装備していること。
エンジンが大きいこと。
この二点が重要でした。
ですからあまり古い車は駄目。
ですが新しい車はミニバン系ばかり。
難しい。
数年ぶりに車雑誌を買いあさり、かなり悩みました。

今回は海外の車にしよう。
エンジンが大きいといえば「アメ車」だ。
質実剛健なOHVエンジンがいい。
屋根は開いたほうがいい。
出来ればコンバーチブル。
なければTバーかタルガトップ。

さあ、なんでしょう?

頼んであった車を探してきてもらったので、試乗や打ち合わせを繰り返してきました。
今日もこれから打ち合わせに行って、細かい問題をクリアーできれば契約です。
やっとまた一つ生活が戻ります。
納車が楽しみ。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




約束通り二度目の登場でぇす。
ガサゴソと起きだしてきましたよぉー

ご存知あなたのマスターGOでぇーす。

雨ですねぇ。
祝日だというのに何だか目覚めが悪いというか。
あぁ、天気のせいじゃねえかぁ。
身体中がバッキバッキだぁ。
あれ? やっぱ天気のせいかなあ。
うーん。
ん?
なんじゃこりゃあぁぁーーー
これは俺の膝か?(笑)
小玉スイカみてぇえじゃないかよぉう。
やっぱ仕事ってのはキツイねぇ。
昨日も怒られたっけなあ。
まだ早すぎる!って。
これじゃあ反論できねえなあ。
ごめんなさい、まだ早すぎました。反省してます。

でも早く開けたかったんだよ。
だってみんなに会えないんじゃ楽しくないんだよ。

俺は店の人だからさぁ。
店に出てないとコミュニケーションがとれないのよ。
店があるから皆にかまってもらえるわけ。
ウルトラマンも変身しなかったらただのハヤト隊員。

「店に遊びに来てよ」

こう言うと営業に聞こえるかもしれないけど。
違うんだよ。
プライベートで接する機会がない以上、これしか他に思いつかないんだ。
そして、これが楽な方法だから。
だって俺はそこにいるから。

そう、そこに「いなければいけない」んだ。

「マスター何回も来たのにやってねーんだもん」
若い男の子達が怒っていた。
悪い悪い。ちょっと事故で入院しててさ。

「また、悪いことばっかりやってるからそういう目に遭うんだよ」
年上の女性が睨んでいる。
そうなんだよ、身に沁みた。
「これからは真面目に生きてよ、店が開いてないと行くところがないんだから」
うん、頑張るよ。

「彼氏と別れて凹んでたのに、マスター店開けてくれないんだもん」
若い女性が頬を膨らます。
約束守れなくてごめん。
「そうだよ、もう休まないでよ。次は朝まで飲んでもらうからね」
あぁ、飲むとも。でも出来ればそういう機会がないほうがいいよね。

俺は多分、無理をしている。
肉体的にも精神的にも体力的にも、普通の人なら仕事に復帰しようとは思わない状態だろう。
でも俺は普通の人じゃないから。
うだつのあがらないハヤタ隊員だって、変身すればみんなが待ってるウルトラマンだ。
そしてウルトラマンは、連日の怪獣退治に疲れたからと言って休んだりしない。
ゼットンが強いからといって逃げ出したりはしないのだ。

「マスターは言い出したら聞かないんだもん」
ごめん。でもちゃんと聞いてるよ。心配してくれてるのも解ってる。
「でも早くお店を開けてくれてありがとう」

どぉいたしましてぇ。
こちらこそーぉ、ありがとーぉ。

俺の居場所を、ココロでずっと守っていてくれて。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« 前ページ