カウンターで一人つぶやく
バイクとマイケルとルークのこと
 



前日の夜は飲みに出ていた為、朝一で車を駐車場まで取りに行った。
車には昨日届いたスケボーが積んであるので、今日はそのまま練習に行くことにした。

場所は昨日の夕方に行ったパーク。
天気も良く、絶好のスケボー日和。
プロテクターを装着していざ練習開始。

パークはその辺の駐車場と違って、ヒビ割れや段差、小石などがない。アスファルトだけど走りやすい。
動画とかでよく見る専用コースだと、コンクリート打ちっ放しとかでもっとよく滑る感じだが、ここも初日の朝の駐車場と比べたら雲泥の差。
小石でつまづいてこけたりしない。

まずは昨日の続き。
右足でテールを踏んでノーズをあげる。
あげたノーズに左足を載せる。
体全体でノーズを踏み込んで着地する。
足を乗せたままテールを踏み込んでノーズをあげる。
この繰り返し。
地味だ。確かに地味だ。でも基礎の基礎の動画で、これが必ず出来るように! と言っていた。
お膝は柔らかくですよ〜、と。
だから黙々とやる。
簡単なことに思えるかもしれないが、これが既に大変。(46歳には)
休憩しつつ、1時間ほど続ける。
たまにテールを軽く踏み込んだ時に身体を捻って回転してみる。前日より間違いなく回れるようになっている。
この練習はどうやら無駄じゃない。
そう思い、また黙々と練習する。れ

汗もかいたので水分を摂り、ゆっくり休んでから今日の次の目標に取り組む。
プッシュ。
プッシュとは、スケボーとえ聞いて普通の人が想像するアレだ。
片足乗せて片足で地面を蹴って「シャー」と走るやつ。
まずはボードの両側に足を置く。右足をノーズに置く。
膝を曲げて、少し前傾。(ヨーイドン! みたいな形?)
右足を軽く蹴る。前に進んだら右足をテールに載せる。
これだけ。書くとこれだけ。
でもせいぜい1m〜2mってとこ。しかも遅い。
たまにブレーキがかかったようになりつんのめる。
勢いをつけ過ぎると左足を置いたボードだけが前に進んで右足が追いつかなくなる。
なので、ゆっくり踏み込んで少し進んで止まりそうになったらまた右足で蹴る。という状態でパークを大きく1周する。とにかくこれを続けることにした。
30分ほど練習。少しずつ切れ目なく走れるようになるが、勢いをつけ過ぎるとコケる。曲がるのも少しずつ。
スピードが遅いからなのか、バランスが悪いからなのか、たまに急に止まってつんのめる。
昨日よりはプッシュが出来るようになった。
まだ不恰好でソロリソロリだけど。

また少し休憩しながら、youtubeで動画を探す。
座った状態で両足をボードに載せ、朝一でやった練習の「テールを地面につけない」状態でキープするという練習があった。
その後、今度は手摺とかに捕まって立った状態でキープしたらいいんだという。
試しに立った状態でやろうと思ったが全然出来なかった。
ので、まずは座ってやってみた。座って、とかもうスケボー関係なくねー? みたいな。
でも、これが足が辛い。
テール側の踏み込み加減をキープ出来ない。
脹脛に異様に力が入る。つまり、その為の筋肉が無いのだ。これでは出来るはずがない。
つかまり立ちでやってみる。
右足への負担が半端ない。しかも両手でガッチリ掴まないとキープ出来ない。
これ、手を離しても出来るようになるのか? 本当に。
情けないが出来ないから仕方ない。
この状態を15分ほどやって、足がプルプルと痙攣しだしたので今日の練習は終了。
実りある1日だったが、いくらなんでもどうも違和感が拭えない。
俺、下手すぎやしないか?
そして思い出す昨日の言葉。
「最初は形から入った方がいいすよ」
そして思い出す自分の感想。
「滑り過ぎて怖い」
プッシュしても滑らない。
滑り過ぎて怖い。
4千円の板。
3万円の板。
「ネットで調べた方が…」と言っていた。
家に帰って調べてみて、驚愕の事実に顎が外れそうになった。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« 6月29日(木)の... スケボー。2日... »