Cockloft

趣味の道具や昔のノートなんかが散らばってる。
そんな「屋根裏部屋」。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ライブと歳と台風と~大学

2010-10-31 | Weblog
吹きすさぶ台風の嵐の中、はるばるつくばにライブ観戦。
パークは3月ぶりくらいじゃないか?
くもりのち晴れ、lightship、mary days storyの合同企画を見に行った。

入る前から長蛇の列、
パークダイナーに200人の動員。
すげーな。めっちゃ人気者じゃないか。
人の並びっぷりを写真撮ってたw




自分が2月まで2年間メンバーでやってたくもはれ、
3週間前にベースのサポートで学祭に出たlightship。
自分がやってたバンドを外から見るってのは不思議な感覚だ。

その曲を弾いてるイメージがあるのに、自分は観客席にいる違和感。
あと、新鮮な客としての視点。
この曲ってこんな風に聞こえるんだ、とか。おお、この部分かっけーとか。

200人ですし詰めの客席の先、
見上げる先のステージにスポットを浴びて立つアーティスト。
空気を包み込む演奏とボーカルの声、
盛り上げたりしっとり聞かせたり、
それに呼応しシンクロする会場。

いいライブを見ると、心がほっこりする。
乾いた心を充電できる感じ。
みんなスゲーいいライブやってた。




そしてやっぱり思うのは
見てる側も楽しいけど、ステージの上からの方がもっと楽しい!

こないだひさびさにライブをやってからというもの、
やっぱ音楽の楽しさを改めて感じてしまったのさ。

久々にパークに行き、懐かしい面々にも沢山会った。
ありがたい事に、
音楽を通じて仲良くしてくれている素晴らしい人も結構いる。
音楽を真剣にやってきた事で、そういう人らがつながっているのは非常にありがたい。

機会を作ってセッションなり音楽的な活動はちょいちょいやっていこう。






結構自分はライブに置き換えて物事を考える事が多い。
テニスにしても、企画、イベント、モノづくり、人前に立ってやること全般。

パフォーマンスってよりは結構概念的な部分で考えてて
いろんな流れを持ってきて、
最終的なひと押しの部分に自分のパフォーマンスを持ってこれればある意味完璧。
おいしいとこは大好きですw

それとは別に、とっさの場面でも自分がパフォーマーになって
いろんなきっかけを作っていけたらもっと面白いんだろうなーと。



営業だってライブだ、人を動かし、相手をある方向に誘導する。
そして巻き込む人が多くなるほど、指揮する規格の規模がでかくなるほど
それができる人間としてのキャパが必要になる。

小さい受注しかできないってことは、自分はまだその程度ってこと。
今度は自分よりもはるかに年上な大人、多くの人を巻き込み、大きなお金を動かそうとすると
その説得力に足るだけの計画性や自分の懐、責任感が半端ではない。

超大変だが、それができたら楽しいんだろうな~。
まあなりたいイメージができたらそれに向かってギャップを埋め続けるだけ。




気がつけば、いっちょ前に一つ歳もとりました。
ライブ的なイメージで
パフォーマンス的な意味で、人間的なキャパ
自分が扱えるキャパを広げましょう。

あとはアウトプットが洗練されるまで、インプットしまくる。何倍も。

ま、いつものようにマイペースにやっていきます。
体が資本ですので。





今や家なき子のつくばにて、
つくば民の多くの人がその謎の看板が気になっている、
例の建物に行ってきた。

その名も「サウナ大学」笑

宿の代わりに入学して来ましたとも。
けっこういいよ、あそこw
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

無茶ぶりなUNION

2010-10-19 | Weblog
雨予報も見事に晴れて、やってきました学園祭でのライブステージ。

3時間半のイベントの前説&フリートークに
夕暮れのめっさいい雰囲気の中
イベントをしめるトリでのライブ。

トークも半年ぶりのライブでの演奏も
もはやすべてが無茶ぶりw





しかしすっげー楽しかった。

夕暮れのしっとりした満員のステージ、
会場の空気を自分達で塗り替えるあの感覚。

中毒みたいなもんですね。
だからライブはやめられない。

200人くらいいたのかね?
スポットの当たるステージに上がり、
一音目で観客をあっと言わせるのがたまらんです。





そんな最高のステージで共演する機会をくれた
lightshipに感謝。

そんで企画から運営まで共に作り上げた干し柿のメンバー。

東京で働く俺に、壮大な無茶ぶりを持ちかけ、
去年立ち上げた企画を進化させて引っ張ってくれたゼンポに感謝。





やーしかし。
オーディエンスの前での一人フリートークは、ツライw
何度か放送事故が起こったのは目をつぶっていただきたい。
人間窮地に追い込まれれば、自分でも知らない何かがひねり出てくるもんです。
べしゃりは磨きます。営業ですから。。

去年からの企画のコンセプトとして、見てる人を頭っから最後まで楽しませるってのは、
本気でやろうとするとなかなかどうして難しい。

しかも普段バンドでライブが日常になってると
ライブ自体のお祭り性とか、その一発にかける想いみたいなのが
麻痺ってくる感覚かもしれんね。

まーそんな初心に戻って、
何もないところから価値を生み出すのはやっぱ楽しい。

自分が去年企画してまいた種が、
自分がいなくなっても誰かが育ててくれること
こうして居場所を作ってくれることは嬉しいね。




とにかく学祭はいろんな懐かしい人に会えたし、
そんな人たちにライブ(トーク?)を見てもらえたし。

気軽な気持ちで「手伝おうか」とか言った愚かさを後悔しながらも
何とか事故を起こしながらもw
最高に楽しいステージでしめられたんで良かった良かった。

社会人のくせに学祭でしゃしゃってやった(笑)





クリエイティブな事とか
最近忙しいっていいわけで怠け気味だった分野かもしれん。

人と人をつなぐ。
場を作りだす。
未知の世界に飛びこむ。


人生を楽しくするのは度胸と行動とアイディアだ!
そんなことを強く思う今日この頃。


Comments (4)
この記事をはてなブックマークに追加

秋の風

2010-10-03 | Weblog
風もすっかり冷たくなって、
こないだまでの猛暑が嘘のよう。

もう社会人になって半年ですか、はえーはえー。


ハードな生活にも慣れては来たが、
それが「流れ」になってしまってはもったいない。

ぎりぎりの緊張感で、かつ楽しむ余裕。
そんなある種のトランス状態を作り出せれば強いんですが。

今まで生きてきた環境にはなかった、
自分の中の足りてなかったところ、苦手にしてたところがボトルネックになったり。
新たな習慣をつけたり、行動パターンを変えるって難しいわ。

まーそれは今しかできんし、悩みながらも仕事は楽しく激しくやっております。





そして、「流れ」化しそうな日常に逆らうためにも
半年ぶりにライブをやることになってみました。
しかも筑波大の学園祭のステージで。
卒業して働いてるというのに、大学行ってしゃしゃって来ます。

去年友人らと企画したライブイベントでのステージジャック。
今年も引き継いでくれて、規模もでかくなって、
しかも自分の出る場所までしっかり確保してくれてw
感謝でございます。しかし司会って(笑)

司会だけでは、あえて無謀な分野だし。
ライブを見てるだけでは確実に物足りないので、
ちょこっとライブも出させてもらうことになりました。

自分のいたバンドくもりのち晴れも出るんだけど、
自分はすでに2月で脱退してしまっているため、
なんとLightshipというバンドのベーシストとして何曲か弾きます。

ティーンズロックで優勝し、ROCK IN JAPAN 07にも出演した彼ら。

去年も一緒に色々やってきたし、ブランクある自分を使ってくれ、
こうした縁で一緒にライブをやれることに感謝です。



ライブが日常の生活から離れ、
しばらく音楽とは遠ざかっていた今日この頃。
何かが変わるきっかけがあるとしたらやはりライブだと。

学祭の大勢の前のあのステージで、何か気づきがあればいいなと思います。


10/10(日)
筑波大学雙峰祭
@松見池ステージ
16:00~19:30
ライブステージUNION
出演(順):おきあがりこぼしず,Install the MICAN,イシダーケンバンド,くもりのち晴れ,Axis Z(MC慎介 with 善甫様御一行),Lightship


Lightshipはトリで大体19時~の予定。



ちなみに今更ながらアップした去年の学祭のライブ映像。
こちらはくもりのち晴れでございます。


あおぞら@筑波大学雙峰祭09
今日が普通の日だったなら@筑波大学雙峰祭09
Comment
この記事をはてなブックマークに追加