Cockloft

趣味の道具や昔のノートなんかが散らばってる。
そんな「屋根裏部屋」。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

さて

2006-06-29 | Weblog

怒涛のテスト期間も、

残すところ後テスト1つ

 

 

さて、寝ようかな。

 

 

 


 


3日ぶりに☆

 

まぁ不健康。

 

 

 

 

眠気を通り越すと、
かえってハイな気分になってきます。

教科書にまでツッコめるようになってきます。

うたた寝の方法がハイレベルになります。

やたらリアルな夢をみます。

先生達が「悪の枢軸」に見えてきます。

一人で階段ダッシュしたくなります。

やった後でやっぱり後悔します。

 

 

 

 

夏はもうすぐそこ

筑波大はどう考えてもフライングです。

 

Comments (3)
この記事をはてなブックマークに追加

MESSAGE

2006-06-20 | Weblog

爽やかな梅雨の合間の晴天

午後の授業が死ぬほど眠い・・・


 

今日は友人達がやってるという展示に行ってみた。

『MESSAGE』という
広島・長崎の人々が中心となって、
核兵器の恐ろしさ、平和をテーマにした展示会。


行ったら知り合いばっかり。
しかもいろんな分野関係なく。
おかげで非常に居心地が良かったです

 

 

そこには被爆直後の広島の町並み、
被爆者や死者の写真。

原爆による痛々しい爪あとなど。
そして今の核についての実態。


平和をテーマにした絵が、個人的にはすごく良くて気に入った。

戦争の象徴であるベルリンの壁や国境を、
子供達が空色のペンキで塗っていくって感じのヤツ。

 

 

 

広島、原爆、戦争。。

人間の文化は
武器を作ることで発展して行き、

棒から剣、銃へと進化し。
ついには人間の扱える域をはるかに超えたエネルギーを手にしてしまった。

 

「コレを使ったらどうなる?」

っていうことが想像できるうちは、
人の痛みや、恐ろしさ、
だから使っちゃいけないっていう事が容易に分かる。

 

しかし、
その影響が人間の想像力をはるかに超えたレベルの場合。
とたんにそのリアリティを失う。

だから話題に上ったとしてもいまいちピンと来ない。

 

「TNT火薬の一万倍の威力」
よりも
「一つのピストルの威力」
のほうがはるかにリアルだ。


「水爆は原爆の何百倍の威力」
といわれても、
実際にその威力を体験していないオレ達にとっては

「ああ、すごいんだな」って位にしか感じられない。


 

 

 

その威力を想像できないまま、
実際にそれを使ってしまったとしたら、それは最悪だ。

 

 

 

だから人は想像できる範囲のリアリティで感じ取っていかなきゃいけない。

被爆直後の町並み。
原爆によって一瞬で何万人が亡くなったという事実。
被爆して苦しむ人々の姿。

あまりに痛々しく、あまりに残酷なリアル。

 

 

実際そんなことが自分のリアリティとして理解できてる人が
世界にどれだけいるだろうか?


その痛みを知っている人。
その痛みを知り、警告を発し続ける人々に敬意を送りたい。

 

 

たぶん核を作る人、扱う人、使おうとする人、賛成する人に、
その核の痛みを思い知らせる事ができれば、少しは変わるんだろう。

むしろ、それを生み出し扱う人間として、それを知る義務があると思う。

 

 

そのリアリティを知る機会を与えてくれ、
この展示イベントを一から作り上げた人々はすごいと思う。

そして、今に残る貴重なリアリティを実感するためにも、
広島にも行ってみたいと思った。

 

 

金曜までやってるみたいなんで筑波大で興味ある人はぜひ行ってみて。
大学内の郵便局の隣んところです

 

Comments (4)
この記事をはてなブックマークに追加

LIVE IN つくばPARKDINER

2006-06-18 | LIVE

世間がサッカーの話題で持ちきりな中、
オレらはライブやってました。

世間の流れに反発するのもたまにはアリだと思います。

 

 

しかも対バンは
解散したPOTSHOTのメンバーの作ったバンドLIFEMUSIC
そして超大物JIGHEAD

メンツはかなり熱いのに、
予想通り善良な国民はサッカーを選ぶため、

お客さんは、・・・まあねぇ。

 

 

 

本番前までなかなか
ライブモードに持っていけてなかったけど、

直前になってコレではマズイと一気に集中

 

不安要素もチャレンジもあまり無かったし、
今日は純粋にライブを楽しもうって感じでやった。

いろいろ動き回ってたし、
ライブ中にあるメンバーをガン見してたりとか。。

 

 

 

大きな失敗はないし、
まあまあかな~と思ってたら。

ライブ後に

「今まででベストアクトだった」ってほめられた

 

 

へ?  ( ̄∀ ̄;

 

かなり楽しかったけど、
そこまで褒められるとは思ってなかったから
ちょっと拍子抜け

きっと変に
「いいトコ見せようとか」、
「失敗しちゃいけない」
とか変な気負いが無いほうがいいんだろうね。



っつーことは、
ホントに意気込んで臨んだときはそんなに良くないって事。。


まあそこがメンタルです。

「チャンス○」
をぜひとも習得したいモンですな

 

 

 

一バンド目の若手LIDICが、
想像以上にカッコよくて驚いた。

つーか普通にうまいしね。
コレからが楽しみです。

 



今日のPink-House
かなりよかった。
いい轟音出てました。

 

 


そしてずっと見るのを楽しみにしてたLIFEMUSIC
POTSHOTとは違ったツインギターの4人組。

もう、演奏がプロ。
メチャメチャ上手い。
早くてファンキーでカッコいい!


MCも面白かったしね。

元POTSHOTのギターの人の声が
フリーザに似てたと思ったのはオレだけでしょうか?(笑)

いや~また見たいっす。

 

 

 

ライブ後は片付けもそこそこにパークの巨大スクリーンでサッカー観戦

ライブハウスがいつもと違う雰囲気になっててスゲー不思議な感じ。
上のバーにも熱心なサポーターが集まってお祭り騒ぎだったし。

 

 

 

ところで、
先日治したハズの風邪がまたぶり返してきやがりました。

あいにく風邪退治のモチベーションが上がりきらないため
ちょいと長続きすることでしょう。。


やはり病は気からです。


 

 

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

風邪

2006-06-17 | Weblog

ひいたかも。。

う~、
この倦怠感、気分の悪さ。
熱っぽいし頭がガンガンする。。


 

 

コレはまさしく

(まさに巷で大流行の)風邪

 

 

傘忘れて雨に打たれたからか?
W杯見ながら気づいたらゆかで寝てるからか?
テスト勉強と称して集まって朝までウイイレやってるからか?

心当たりがありすぎて分かりませんが。。

 

 

まいったな、、
土日は結構用事もあるし、
しかも日曜はライブだっつーのに。

「風邪でライブができません」なんてシャレにならん。

 

よし、

じゃあ治すか。

 

 

 

 

風邪の治療に必要なもの。

・十分な栄養
・十分な睡眠時間
・「治そうという」心構え

これらがあれば十分。
一番大事なのは「治そう」という本気の覚悟。

これは戦いです。
病は気からですから。

 

 

 

とりあえず。

晩飯は友達と立ち寄ったラーメン屋で
風邪によさそうなネギラーメンを注文。

そして

ルル(風用の滋養強壮剤)
野菜ジュース
風邪薬

を飲み。
のどを守るため首にタオルを巻き、
就寝。

 

 

 

朝起きたら

フルーツ
野菜ジュース(一日分の野菜)、
マルチビタミン(コレ一粒で一日分の・・・)

を飲み。
ひたすらビタミンを過剰摂取。


・・・ビタミンって摂りすぎて副作用とかないよね?
軽く二日分以上摂ってるけど。

 

 


昼飯は
体があったまりそうなレトルトの
カレーを作り。

サラダ
野菜ジュース(一日分の・・・)

を摂取。
ビタミンついに三日分に突入。

そしてアミノサプリで水分補給。
もちろん風邪薬も。

 

 

 

そしてヒマさえあれば睡眠睡眠。
免疫よがんばれ

 

 

 

 

 

そして治療に専念した一日の夕方。

 

 

だいぶスッキリ☆


いや~、
治そうと思えば治るモンですねぇ。

 

 


 

ただ一つ問題は、

今日の夜にあるカメレオンの飲み会。。
(激しいこと必至)

 

おーいぇす。

なるべく最小限のダメージで帰って来たいものです

Comments (4)
この記事をはてなブックマークに追加

ケータイ

2006-06-13 | Weblog

最近ケータイの調子が悪い。

何が悪いって、メチャメチャ電池の消耗が早い。

 

 

充電満タンにしてても
フツーにメールでもしてれば、15分ほどで電池一本だし。

通話なんかした日にゃあ二分も経てば
「ピピッ」
という悲しいアラーム音とともに息を引き取る。 

 

 

電話中の相手に
「ちょっと今電池が・・・」
の一言を言う猶予くらい与えてくれればいいものを、

 

「もうだめだ」 Σ( ̄□ ̄;)

と言わんばかりにアラーム音が鳴り、次の瞬間、力尽きる。。

 

 

 

 

コンセントが無いとろくに通話のできないケータイなんか。

携帯電話じゃないわい

 

 

 

 

こないだなんか
見知らぬ土地に住む友達の家に行こうとして道に迷い、

電話かけた瞬間電池が切れたとき、

遭難者の気持ちがちょっとだけわかった ( ̄∀ ̄;

 

 

 

 

 

今やみな当たり前のようにケータイを持つ現代社会。
頼りすぎてるんじゃないかってくらい。


しかも最近じゃ
ケータイで買い物もできるし、電車だって乗れる。

 

デジカメと融合したと思ったら、

今度は財布や定期とも融合か。

 

次はどんなものと融合するんだろう?


 

リモコンもスケジュールも付いてたりするし、、

とりあえず身の回りのものを適当に融合させてみよう。

 

 

 

たとえば・・・

 

 

・扇風機付きケータイ

・ボールペン付きケータイ

・七味唐辛子付きケータイ

・テニスラケット付きケータイ

・ティッシュ付きケータイ

・ベース付きケータイ

・歯ブラシセット付きケータイ

・包丁付きケータイ

・ウォッカ(大瓶)付きケータイ

・純米吟醸「花霞」付きケータイ

・メガネ付きケータイ

・中国で買った巨大な扇子付きケータイ

・熱さまシート付きケータイ

・お徳用三足1290円靴下付きケータイ

・握力鍛えるにぎにぎするヤツ付きケータイ

・枕付きケータイ

・味の素付きケータイ

・電気代の請求書付きケータイ

・終わらない課題付きケータイ

・テスト前のやるせない気持ち付きケータイ

・それでも負けない明日への希望付きケータイ

 

・・・・

 

とりあえず
電池がもっと持つケータイが欲しいです。

誰かケータイの安い店教えて下さいな

 

Comments (8)
この記事をはてなブックマークに追加

MCK IN 水戸SONIC

2006-06-10 | LIVE

ど~も、MCKです。 ⊂( ̄∀ ̄

 

そう、今日はMCKでした。

本サポートBaのGUN-Zさんがオペのため、
オレがサポートのヘルプをやることに。。

一度はやってみたかったMCK。
練習から楽しくやらせて頂きました。

 

 

 

そして今日はついにライブ。
相当楽しみだった。

毎回大物バンドが出演する
DELIRIOUSというイベント。


CD引っさげたレコ発組が

brokenspace
SKYBEABVER
Dugout
deepsea drive machine

 

そして同じく茨城バンドとして
from this place


 

雑誌でもよく見かける大物ばかり。

中でも
今回の目玉brokenspace
BEATCRUSADERSのドラマー、イワハラ氏のソロプロジェクト。

そんで現ビークルのヒダカとカトウと共に
GALLOWってバンドも組んでるっつー。

 

 

まあ要は
今年ROCK IN JAPANにも出演する人です

 

来ましたロッキンレベル!
いきなりの大舞台。

でもまあそんな対バンに気負うこともなく、
珍しいメンバー達や岡野さんと遠足気分で楽しんでた。

 

 

 

 

 

そしてついに本番。
本日は二バンド目。


はっきり言って、
最初は戸惑ってた。

ラッズのライブとのあまりの違いに。

しかし、中盤からは乗ってきて
そこからはスゲー楽しんでやれた

個人的な課題は残るも、
お客さんの反応も良かったし、
出来はなかなかだったんじゃないだろうか。

 

 

あとRATON(の巡る方)がやたら笑ってた。。

 

 

 


今日の対バン

deepsea drive machine
のライブには衝撃を受けたね。

幻想的なツインギターに、
エレキのウッドベース。

超パワフルなドラミングに、
ウッベがうねるうねる
ベースからスゲー音が出てた。

トランス+ロックって感じか。

音楽性どうこうっていうよりも、
迫力とグルーヴが、もんのすごくて
ただただ圧倒された。

 

 

brokenspaceは
イワハラさんの趣味全開って感じかな。
ドラマーなのにギターかなり上手いし。
想像と結構違って意表を突かれた。

ロッキンでGALLOW見るのも楽しみだ。
 

 

 

 

 

とにかく収穫が盛りだくさんだった。
別のバンドでやってみるといろいろ気付く。

 

MCKとラッズは、思ってたより違う。

一番の違いは、
やっぱり「歌」か「勢いか」ってとこかな。

歌を全面に押し出すため、
意図的な激しいステージングは必要ない。
でも、その分演奏には最大限気を使わないといけない。

ラッズでは弾きながら、歌いながら、動いているのに、
MCKでは演奏100%。

しかし100%演奏に集中してても、
キメを合わせたり、グルーヴを作るのは難しい。

そう思えば
ラッズでは演奏にそこまで気を使えてなかったのかもしれない。
意識のレベルの違い。

 

あとベースやってると、
ドラムが違うとずいぶん違う。 
もっといろいろ経験積んでみたいね。

 

 

 

夢のコラボが実現。
スゲー楽しかった。
やっぱり形はどうあれ、ライブってのは楽しいモンだ。

ヘルプでも、終わった後に「良かった」っていわれると嬉しいし。
良い経験させてもらいましたわ。

 

やっぱ、MCKはいいバンドですよ


 

Comments (4)
この記事をはてなブックマークに追加

文章化

2006-06-07 | Thinking

最近アウトプットが下手だって思う。

思えば昔ほどインプットにも精を出してない。

 

最近はあんまり考えないで生活してるのかも。
昔はもっと考えて生活していたような気がする

 

 

一年前、ブログを初める前には
少なくとも、一日一ページは日記を書いていた。

日記というよりは、
一日一ページをノルマに、
その日に感じた事、
そこから考えたことをひたすら書いていた。

ノッてきてるときの文章は、案外なかなかのもので、
今読み返しても「ほう」と思うことも少なくない。

とにかく何でもいいから頭ん中のことを文章にして書いていた。

 

 

 

すると結構いろんな効果が。

頭の中のあいまいなイメージでしかない考えを、
人に説明できるまで昇華することもできるし、

文章にして書いてるうちに、考えのほうもまとまって、
書き初めの予想とは違う結論に至ったり。



目的があるため、
考えるきっかけや心に響くものを探すようになる。

言わば、ちょっと感性が鋭くなる

 

 

せっかくいろいろ書いてるんだから、
その中の一部をブログって形で書いてるわけだが

結局はめんどいので今はブログのみ。

 

 

 

しかし、
好き勝手に書く日記の一番の違いは、
人に見られてるって事。

しかも今や結構な人数に。。

不特定多数に見られてるからには、
ちょっとは考えて書かなきゃいけないし。
多少なり人には見られたくないものもある。


そのうちに、ブログを書くのがだんだんおっくうになっていき。
頭ん中の文章化も怠けてくる。

 

 

そしてあまり考えずに日々を過ごす。。
こりゃもったいない。

 

 

 

 

・・・とまあ、

とりあえず今の頭ん中をひたすら文章化。

 

書こうと思えば書けるじゃないか。
読みやすさとか、配慮とかは完全無視だけれど。


最近は本質を忘れ、
文章を書くことすらおっくうになっていた。

ちょっと基本に戻ろうか。

 

 

 

 

ま、そうなりゃ完全なる独り言ですが

 

 

言葉で、行動でアウトプットするには、
まず自分が今何を考えているかを知る。

それが一番シンプルで、意外と一番いい手段。

毎日何かしら刺激を受け、
何かしら感じてるんだから、それをスルーしちゃうのはもったいない。

どんな刺激だって人の頭ってのは忘れるようにできてるんだから

 

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

RideYourEmotion♯1 IN つくばPARKDINER

2006-06-04 | LIVE

祭の後。
先週もこんな感じだったな

 

昨日はメチャメチャ長くて短い一日だった。
まさにそんな感じ。

密度が濃すぎるけど、
それでいて終わってみるとあまりに儚い。

 

 

自分らの企画にバンドや人がたくさん集まってくれるってのはうれしいね。

 

 

いつもはMCで企画者に「呼んでくれてありがとう」って言う立場なのに、

逆にお礼を言われるのは、なんか変な感じ。

 

 

コレが企画ライブか

自分らの名前を冠すだけに、
成功も失敗もすべて企画者に責任がある。

でも、成功したときの喜びはひとしお。
「今日はいいイベントだった!」
って一言が聞けることほど報われることは無い。

 

 

 


オレは根っからのお祭り好き野郎らしい。

トリを飾る自分らのライブも、
当然気合が入る。


ここ最近で一番楽しくやれたし、
出し切れた感じがあった。

こんなライブはなかなかできないぜ

 

 

 

そして打ち上げにてメンバー二人は撃沈し、
オレもしこたま飲んだ。

 

楽しかったー。
充実感いっぱいですわ。

出演したバンドもそれぞれ超いいライブをしてくれた。
感想は山のようにある。

 

協力してくれた方々、
出てくれた皆さん、
いつも何かと迷惑かけてる方々、
見に来てくれた皆さんにマジで感謝してます

 

 

 

 

そして、

先輩がたやお世話になってる人々の話を聞いて
そろそろ恩返しをしていかないとなとも思った。

 

「オレを泣かせるくらいのライブをしてみろ」

ってある人に言われた。

 

バンドの初期のころから面倒を見てくれてる人、
わざわざ遠くから見に来てくれてる人、
こんなオレらの音楽でも「好きだ」って言ってくれてる人、

そんな人たちに報いるには、


その人らの期待にこたえないとってこと。
そりゃもう予想を超えるくらい。


 

 

予想は裏切るけど、期待は裏切らない。

 

オレの好きな言葉の一つ。

そんな男になりたいですわ。 ( ̄ー ̄)

 

 

 

 

とにかく、

昨日が過去60本近くやったライブの中で、

一番楽しかったって事は間違いない

 

 

 

課題も山ほど出たけど、
その分頑張ろうって気持ちも出た。

バンドやってなかったらホントこんな体験はできませんよ。

 

 

やるまでは大変だけど

終わってしまえば夢みたいなもん。


ただの夢と違うところは、
その夢は他人と共有してるって事くらい。


 

い~い夢だった

 

Comments (4)
この記事をはてなブックマークに追加

企画。

2006-06-02 | Weblog

明日は、

ついに

RIDINGLADS企画!

 

 

今のメンバーになってからちょうど一年。

バンドを初めて一年半。

ついに企画をやるまでに。。⊂( ̄∀ ̄

 

 

 

始めたころは、お客さんを呼ぶのも大変だったし。
その分金もかかりまくった。

どこに行っても一バンド目。

 


そんなバンドが今や、企画者となってトリを飾る。

 

 

バンドやってて一番スゲーって思うことは、
時に見た人の心を動かすことができるってこと。

タイバンなんかでそんなバンドに出会っては、
あこがれてきた。

 

そんな中、そんな風に思ってくれる人が少しづつであるが増えてきた気がする。
出し切ったライブではそれなりのレスポンスがある。

こないだのやど祭のときでもなかなか反響があったし。
中にはオレらが思ってもみないほどに、感動してくれる人もいた。

 

ステージの上からではそんなことはわかんないし。
第一そんなことは考えてられない。

でも、後になって、「よかった」って声をかけてもらえるのが一番うれしい。

 

こんなオレらの演奏でも、何かを感じてくれる人がいる。
そんな感覚がスゲー新鮮。

まあ、バンドとしちゃ演奏も曲もまだまだだけどね。

 

 

 

世の中には

「人を感動させることができる人間」

って人がいる。

どんな金持ちより、成功者よりも素敵だと思う。

 

 

 

さて、初めてのオレらが主役のライブだ!

楽しんできましょうか

 

Comment
この記事をはてなブックマークに追加