Cockloft

趣味の道具や昔のノートなんかが散らばってる。
そんな「屋根裏部屋」。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

How is your Dream?

2006-01-31 | Thinking

夢。

それは具体的なようで非常に抽象的で分かりづらいモン。

 

「夢を追いかける」

「私には夢がある」


いいことじゃないですか。

人にはそれぞれ夢がある。
夢を必死で追いかける姿ってのは美しいもんだ。

 

 

でも夢ってなんだ?

 

「夢を追いかけたいけど、やっぱり現実が・・・。」

ってのもよく聞く話。

夢ってのはそんなに現実から離れてるもんなのか。
夢をかなえるってのは夢を現実化させること?

 

 

夢って定義はそもそも人によって非常にまちまち。

絶対実現不可能なことから、
日常の些細なことがらや、
自分の現実に基づいた具体的な目標だったりとか。

 

この人にとってはかけがえのない事でも、
同じものを他の人が見たら「何でそんなこと?」って思う事もあるだろう。

 

 

 

 

夢ってのは持ってる人と持たない人がいる。 

 

 

例えば最近のニートの問題。

夢を持たない若者として、しきりにクローズアップされている。

「やりたい事が見つからない」という若者に、
大人は「夢を持て」と言う。

夢を持てば問題は解決するのか?

コレが本当なら「ニート以外」の人々はみんな夢を持っていることになる。


でもきっと、そんなことは無い。

原因には今の社会的な歪み、
またそれを今の若者が敏感に感じ取っているなどとちゃんとした理由があるわけだし、こんな漠然とした言葉で片付けようとするのはあまりにも無責任。

 

 

 

 

将来のビジョンをしっかり持って、それに向かって勉強なり努力をする。

コレは夢を持ってて、それに向かって勉強なり努力しているとも言うんだろう。

こういう人はオレは本当にうらやましく思う。

 

 

 

 

自分は夢ってのは持っていない。

それはどんなものが夢っていえるのかがイマイチわかんなかったから。

バンドの目標だったりとか、就きたい職業だったりとか、近い将来のビジョンだったりとかも多少はあるけど。

少なくとも「これが夢だ」って言い切れるようなものは持ってない。

 

 

 追いかけ続けているものはあるんだけどね。

今頑張っているバンドで成功しようっつーのも、
いわば一つの夢だろう。

 

でも、そういった現実化が難しい夢ってのは
「今を楽しむモノ」っていうふうに捕らえられがち。

この夢をマジに考えてる人らとしのぎを削っているんだが、
勉強して社会に出て行くにあたっての夢ってのも探している最中。

多分この二つの夢は共存するには相当難しいことだと思うけど・・・。

 

 

 

  理想論を語って「これが夢だ」っていうことはできるんだろうが、

それではタダの自己満や、自分の作ってる世界や、「夢を追っている自分」に酔ってるだけにも見える。

 

 

 

 

でも

 

夢は見るモンじゃなくてつかむモンだ。

 

 

 

 

今の自分を高めようとするモチベーション。

明らかに自分には無理な事じゃダメだし、

逆に易しすぎるのも物足りない。

 

 だからこそ夢を持つのって難しい

夢って言う漠然としたものにとらわれて行き先を見失うんじゃなくて、

自分にとって本当にやりたいことは何なのか。

 

 自分と向き合って、それらを考えた上でも揺るがない

そんな夢を持ってる人ってのはすごいと思う。

 

 

オレもそんな夢をいずれ見つけたい。

それを探すための残された大学生活。

 

 

 

 

あなたは夢を持っていますか?

 

Comments (2)   Trackback (1)
この記事をはてなブックマークに追加

今期二回目

2006-01-29 | Weblog

日々の「滑りたい」というフラストレーションに耐えかね、

スノボに行ってきた

 

 

日帰りバスツアー、しかも二人で。

なかなかストイックな雪遊びです(笑)

 

 

 

場所は会津高原たかつえスキー場。
激安ツアーだからといってあなどっていたが、

 

見事なハーフパイプに、5m級キッカーにパークも充実。
そして遊びどころ満載な起伏豊かなコース。

なかなかツボでした

いいよあそこ、マジで。

 

 


天気は快晴。雪質はサイコー。
なかなか使う機会の無かったNEWビンディングもいい調子。

思う存分あたけてきました

 

 

最近ハマってるのはもっぱらグランドトリック。

今んトコはオープンは3か、たまに5は回せるんだけど、
ブラインドはまだぎりぎりの3。

課題はプレスと、そっからのコンボが出来ればかな~。

(スノボ興味ない人には意味不明で申し訳

 

 

 

 

滑る時間も残り一時間というころ、
帰る前に、せっかく置いてある5mキッカーに挑戦してみた。

こんなにデカいのはそうそう置いてないハズ。

 

列に並んでいると、前に並ぶ人らはなかなかの強者ぞろい。
高々とエアーを決める人や、中には720°ブン回す人も

 

 

 

ついに自分の番が回ってきた。

少々ビビりながらも、
「まあストレートならいけるだろ」とまだ余裕。

 

 

 

 

そしてスピードは増し、その巨大なキッカーに近づく。

 

 

 

 

 

最高速でキッカーのふもとに到達するとき、
目の前には高さ5mの絶壁が・・・。

 

 

そして思わずつぶやいた

 

 

 

 

 

 

 

無理ック。      Σ( ̄□ ̄;)

 

 

とっさの減速も虚しく、宙に投げ出される体。

 

 

飛んでしまったものはしょうがない、

形だけでもかっこつけようとグラブしてみる。

 

 

そして見事着地

その飛距離、前の人の約4分の1。(笑)

 

 

 

いや~ビビった

スノボ人生で一番でかいジャンプ台だったかも。

でもX-TRAILJAMとかはこの倍ぐらいはデカイからな~。

いづれあんなトコでも颯爽とトリックを決めれるようになりたいモンです。

 

 

来週のスノボ合宿にも向けて、アップは十分。
スイッチでもカービングいけるようになったし。

二月はハードにスノボ行きます

 

 

一年の中、今しか楽しめない季節モンですから。

スノボの後の温泉が最高

 

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

ライブ漬け

2006-01-28 | Weblog

ライブ後の重い体を何とか動かし、

原宿のラフォーレでやってる
橋本塁ってバンドカメラマンの写真展に行ってきた

 

間接照明の利いた静かなフロアには
HAWAIIAN6やTHE BACK HORN、ストレイテナー、the band apart 、ELLEGARDEN、DOPING PANDAのライブ写真が並ぶ。

静かなハズのフロアなのに、
躍動感溢れるライブ写真の一枚一枚を見てると、
その叫びや歓声が聞こえてくるような気がする。

写真じゃ演奏力や楽曲の良さは当然のごとく伝わらない。

でもCDでは伝わらない、
そのバンドの熱さや、ライブでの空気感、オーラ
がその切り取られた画面に写ってる。

橋本塁って写真家が多くの人に支持されるわけがわかった気がした


 


その写真の横で
LITEってインストバンドのライブが始まった。

インストだからだれるかな~。

とか思ってたが、そんなことは無い!

超変則なリズムなのに完璧なブレイク、キメ。
そして熱くエモーショナルなメロディー。

ベースも超ウマい。
唖然として見入ってしまった。


 


音楽を鳴らす、聞かせる。
って言うより、

音楽そのものになる。

って言葉の方が合う。
ライブを観ながらそんなことを感じていた。

 

 

いや、マジいいもん見た。

 

 

 

その後は、先輩flashbackの出演する、
激アツなライブイベントを見に行くため新宿のACB

 
最近ハイペースで歌舞伎町に来るなぁ。 
歌舞伎町マスターになりつつあります(笑)

 

そのイベントには最近気になるバンドが見白押し。 

まずはSUNSET FLIP
対バンできる機会もあったし、
雑誌なんかでもよく目にする名前だったので、
一目見てみたかった。

唄も超うまいし、メロディーもカッコいい。
ライブ自体も好きな感じで、けっこうツボだった。
もっかい見たい
あ~ぜひとも対バンしたかったな

 

そしてflashback
さすがです。
これだけビッグネームのそろうライブでも埋もれることなく、
確実に見ている人の印象に残るライブをしてくれた。

 

お次はHOME49
最近気になるバンドとして生で見てみたかった。
そして何より歳がオレの一コ下!ただもんじゃない。

ボーカルの子が声だけのイメージとはけっこう違ったかも。
でも周りのバンドに比べるとクオリティは若干下がるものの、
唄と曲はかなりイイ。いずれ対バンしてみたい

 


そして今日の目玉RIDDLE
今のインディーズ界の若手で一番勢いのあるバンド
音源もよく聞いてるし、
間接的なつながりも多いのに生では見たこと無かった。
念願のライブ観戦、

マジハンパねぇ。
圧倒的な存在感。

カッコよすぎてなんかムカツク(笑)


なんでムカツクか。

そらもうどうしようもないほど上手くてカッコよかったらそんなことは思わないだろう。でもこのRIDDLEってバンド、方向性もラッズと似てるしそこまで雲の上の人でも無いような感じ。

オレらの問題点とか課題とか全部完璧に出来たら
こんなライブになるんだろうな~と。

オレらがしたいけど出来ないことやってた上で、
スゲーカッコいいからムカツク(笑)

 


そらELLEGARDENのオープニングアクトも務まりますわ。
超カッコいい

それにしても双子のコーラスは卑怯だな。

今日のライブ見て今のラッズに足りないものもよく分かった。
オレらもムカつかれるようなバンド目指します

 

 

 

 

そしてライブに熱中しすぎてTXの終電を逃す・・・。Σ( ̄□ ̄;)
新宿11時終電はねえっすよ

 

TXの不便さを呪いつつ何とかJRで帰路に着く。

 

長かった音楽漬けの二日間が終わった。
いい刺激をいっぱい受けすぎました・・・

 

Comments (4)
この記事をはてなブックマークに追加

LIVE IN つくばPARKDINER

2006-01-27 | LIVE

宇都宮ハロードリーとの合同イベント後半戦。


そして今日はイベントの大トリ

ついにオレらもトリを任されるようになったか・・。

トリってのはこのイベントの締めを任されたようで、
気分が普段のライブとは一味違う。


 

ujや宇都宮のEDDYなんかも、
先週よりもずっと気合の入ったいいライブを見せてくれて、

テンションも上がる上がる



でも待ち時間が長いだけに、

上がりっぱなしで維持ってのはなかなか疲れる

 

 

実は、今日のライブではいくつかの試みがあった。( ̄ー ̄)

前日の深夜練習ではバッチリ決まり、


「お、コレカッコいいんじゃね?」

と言わしめた完璧な流れが・・・。

 

 

しかし、お約束のライブ中のトラブルのため次回にお預けで。

予定してた流れが完全に止まっちまいました

ま、ライブは生ものなんで。

 

 

この日は意外な友達が来てくれてたり、
この楽しかったイベントの締めくくりって事で気合は十分。

始めは硬さはあったものの、
ライブが進むにつれていい感じになって

非常に気持ちよく出来ました

 

 

終わった後もありがたい言葉や、
ありがたいダメ出しをくらい、収穫は十分。

何より、トリをやり切ったってのは自信になった。

 

 

しかしトリって気持ちいいね。なかなか。

たまにやるといいかもしんないっす

 

 

バンドやってなかったら多分一生出会わなかっただろう人々。

こうして例えば音楽ってキーワードだけで、
宇都宮だったり、地方に友達が出来るのはスゲェ。

まさに一期一会

こんな機会を作ってくれた人々には感謝したいいし、

こういうつながりはこれからも大事にしたい。

 

 

この二日間で宇都宮の人々ともずいぶん仲良くなれた。
次に会うときを楽しみにしとるよ~

 

 

さ~とにかく練習だ。
二月はライブも少ないし、
次にみんなの前に出るときはレベルアップして帰ってきます。

曲とか演奏とかステージングとか。・・・MCとか 

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

LIVE IN 宇都宮HELLO-DOLLY

2006-01-20 | Weblog

ライブ3連戦の最終日。

 この日は筑波パークダイナーと宇都宮ハロードリーとの合同企画って事で、同じく筑波代表の(u)jssと剛田リサイタルとともに一路宇都宮へ


気分はプチツアー
いつも遠征は自分らだけで行くから、
こうしてみんなでライブしに行くってのも遠足気分で面白い。

 

 


昔よくココでライブやってたっていう宇都宮の友達から
いいライブハウスだって話を聞いてたんで楽しみだった。
 

行ってみると、アットホームでいい感じのライブハウス。


そして壁には無数のサイン色紙が

flashbackからRIDDLEからOCEANLANEまで。。
他にも対バンしたり知ってるバンドが数多く。

オレらがどんだけ多くの対バンをしてきたかってのが分かるね。

 

 

 

今日の出番はトリ前の5番目。

ujはもちろん、他のバンドもいいアクトを見せてくれたんで、
いい感じにテンションも上がっていき、やる気は満々。

 

先日の二つのライブでは妙なプレッシャーがあっただけに、
今日はいい感じに肩の力が抜けてた

ココ最近のライブでは一番気持ちよく出来たハズ。

 

やっぱライブってのは楽しいモンに限る!⊂( ̄∀ ̄

 

 


あとトリのbraking first entertainer
ってバンドがスゲーカッコよかった

 

ドラムの男の子がうまいな~とか見てた。

ちょっと幼い感じだけど何歳だろう?

 

とか思って聞いてみると・・

 

 

 

 

 

13歳とな?!(中学生)

仰天ですわ

好きなバンドは「mae」らしいです。渋い・・・。

こんな中学生なかなかいないだろ
オレらなんか中学時代はラルク&GLAYだったのにね。

13歳といってもドラム暦は小1から・・。
完敗です。世の中広いもんだ

 

 

 

そして打ち上げ、

てっきり近くの居酒屋に行くのかと思いきや

予想外の

 

ファミレスでメシ打ち上げ。

略してメシウチ。
ドリンクバー片手に語り合い(笑)

 

激しい飲みを日々経験してるオレらにとってはかなり新鮮。
いや、コレが打ち上げの本来の形なのか・・・?

地域によっていろんな文化があるもんです。

 

 

ハロードリーは、いい感じの雰囲気があって、スゲー楽しかった。
そのアットホームな雰囲気が好きで、
先のいろんなツアーバンドも集まってくるんだろう。
またココでやってみたいって思った

 

 

とにかくライブ三連戦をいい感じで締めくくれてよかった。

三日間の反省で、参考になる話も聞けたし、
やるべき課題もはるかに明確になった。
まだまだ出来ますよオレら

 

 

 

雪の降る明け方の帰り道
つくばにもようやく雪が積もる。

 

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

LIVE IN 新宿ACB HALL

2006-01-18 | Weblog

新宿アシベ。

 

今最前線で活躍している数多くのバンドを輩出した。
有名なライブハウス。

バンド活動やってる人なら一度はその名を聞いた事があるはず。

 

 

このハコ、
敷居が高いというか、かなりの辛口評価って事でも有名。

「上手くなってアシベにチャレンジしよう」

みたいな感じでずいぶん前から一つの目標にはしてた。

 

 

ま、そんな経緯で、
今日はなかなか緊張のライブです

 

 

 

実際入ってみたアシベのフロアは、
広いし雰囲気もかなりいい感じ。
ステージも広くて音もいい

なかなか雰囲気は好きな感じ。

 

 

そして応援に、flashback石井ちゃんも駆けつけてきてくれた

非常に心強い。

うれしいね~、マジ頼りになる先輩です

 

 

 

 

さあ、いざステージへ!

 

そして緊張のせいなのか、次々とトラブル発生。

 

 

そして演奏も足の付かない浮わついた感じ。

 

後半は、ある程度吹っ切れて楽しんでやれたけど、
・・・・もっと出来たな

 


ホームとアウェーの違い
ってのも非常によく感じた。

こないだは、満員のお客の中で手ごたえもあっただけにね
今思えば、この前のパークはすごい体験だった。

 

 

 

初めてのハコだったからってのも一つにはあるんだろうけど、
実際ツアーなんか回ったら、初めてのハコだらけなんだから
そんな言い訳は通用しないっしょ。

 

改めて自分らの未熟さっつーのを実感しました。

 

 

 

そう。

対バンした人の中で
「音楽やるために岡山から上京してきました!」
って人もいた。

そうなんだよな~。

まだオレらは首都圏だから東京に進出するのもそんなに意識はしないけど、

本当は地方の人にとっては「東京でライブする」って事は
そういう意味なんだろう。

 

そんな人らと同じ土俵に立っている。

改めて考えてみると、スゲェ世界に入り込んでるんだな

 

 

東京ってのはそういう夢目指してるバンドってのは山ほどいる。

その中で見出されて成功していくバンドってのはほんの一握り。


だからそれを見るライブハウスの目もどんどん肥えて、バンドに対する要求も高くなってるんだろう。

 

「都内の厳しさ」っつーのを再認識させられたわい ( ̄∀ ̄;

 

ま、上り詰めますがね。

理由のない自信って言うのは結構大事

 

 

もう、今日は反省しか出てこないわ

 

 

 

さて、明後日はこのライブ週間の締めくくり。
交換イベント筑波代表により宇都宮でのライブ。

プチツアーやね。

(u)jssと一緒ってのも楽しみ。

成功&教訓を生かしてしっかり締めくくりますか

 

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

風邪の治し方

2006-01-16 | Weblog

おとといの夜、風邪引きました

そんで

 

 

 

 

 

昨日治りました。

ライブ前に

何でそんな早いのかって、結構な努力をしたんですよ。

 

 

まずはおととい、土曜の夜。

冷たい雨の中一日中外にいて、
夜には熱で頭がボーっと。そして吐き気も・・・。

 

ヤバイ・・・こりゃ完全に風邪だ。
明日はライブだってのにコレではまずいぞ、と。



その日は、軽く夕飯を食ったあと

風邪薬飲んで超あったかくしてさっさと就寝。

 

 

 

そして朝起きる

まだ体もだるく、頭も痛い。


ライブまでに必死の抵抗をしようと、
とりあえずひたすら体によさげな物を摂ろうと試みる

 

朝食・・・  ヨーグルト、リンゴ風邪薬

 

昼・・・  マルチビタミン、おにぎり、野菜ジュース

 

そして極めつけ

リハ前の間食・・・ ルル(風邪用の滋養強壮剤)、サラダ

 

と、過剰なまでのビタミン+栄養を取りまくった結果。。

 

 

 

夕方には完治!    ( ̄∀ ̄!

 

 

多少はテンションで乗り切った感もあったけど、

夜にはピンピンして、打ち上げにも出れた。

 

 

ビタミンて素晴らしい

いかに健康には食生活が大事かって事を
実感させられました。

身をもって。

 

最近、野菜を取らなかったり、粗末な食事が増えていたからね。
そりゃ風邪もひきやすくなるわ。

ちょっと食生活を考えてみよう。

 

 

なにやるにせよ

人間体が資本ですから

 

もちろん
ビタミンだけでは太刀打ちできない風邪もあるだろうから、
大事なのはやっぱ日々の予防なんだろうね~。

野菜とかちゃんと食わねば。最近高いけど。。

 

皆さん風邪にはお気をつけて

 

Comments (2)
この記事をはてなブックマークに追加

LIVE IN 筑波PARKDINER

2006-01-15 | Weblog

今日は久々のライブ。

約一ヶ月ぶりかぁ。
こうも日常的にライブやってると一ヶ月空いただけでも
相当やってない気分になる。

ま、心配しないでも今週は三本ライブがありますが

 

 

そして今日は待ちに待った激アツイベント。

flashbackとBATHING STARTの合同企画。
そしてゲストにOVER ARM THROWとHOT SQUALL

今大人気で、普段からCDもよく聞いてる人らです。
こんな人らと対バンできるとは光栄です。

 

 

メンツも熱く、オレらも気合入れて客呼んだだけに、
動員数もハンパ無い。

MAXで120人

ゲストや関係者も入れればそれ以上か。
とにかくあの広いパークのフロアが満員ですよ

上がる上がる

 

 

 

そんな満員の中のオレらのステージ。

冬休みのブランクや、初披露の新曲などの不安要素もあったけれど、
とにかく出し切った

オレらが今日のメンツでテクニックで勝負できるハズは無いので、
テンションで勝負。

 

MCは少々テンパったけどね

普段はアドリブでもある程度喋れるんだけど、
見渡す限りのお客さんを見て、「さて、何喋ろうかな~」と

 

 


・・・うん、真っ白。


何も出てこない

いや~綺麗にぶっ飛んだね~。
何喋ってたかよく覚えてないっす。

 

 

でも今日はかなり楽しかった。
客が多いほど燃えるタイプなんで、存分に楽しんでやりました。

その楽しさが少しでも見てる人に伝われば何より

 

 

人が多かっただけに反響も結構あった。
知らない人から「良かったよ」って声かけてくれたりとかも。

そういうのが一番励みになります
CDも結構売れたようだし、なかなか手ごたえがあったようで

 

 

 

OVER ARM THROWとHOT SQUALLはやっぱり凄かった。

3ピースとは思えない音圧、
曲のカッコよさ、
客の乗せかた。

そんでMC。
オーバーアームのGtさん面白すぎ

 


実力のあるバンドってのはやっぱり違う。
ライブ全体の流れからして、「ライブとは何たるか」って事を分かってる。

 

 

しかしflashbackもちょっとジャンルの違うメロディック祭りの中、
異彩を放ってた。

圧倒的な世界観。

いつ見ても凄いライブをするし、「また見たい」って思わせられる。

トリのベイスタも、堂々として楽しそうだった。
とにかく今日はレベルが高すぎだ
 

 

 

打ち上げでも久々に色々喋ったな。

「空気は読むモンじゃなくて自分らで造るもんだ」

とな、ごもっともで。

「ステージでは恥をかけ」

バカなくらいがちょうどいいんだよライブってーのは。
忘れていたことを思い出したよ。

 

 

ライブってのは自己表現の場ではあるけど、
完全な自己表現ではそこから広がらない。

そこに自分の理想だったり、伝えたいことだったりって要素が入り。
その兼ね合いが上手くいって初めて、心に響くものが出来る。

それを人に伝えるにはまず自分がそれを楽しんでいることが大前提。

音楽に限らず、人に訴えかける芸術ってのすべてに言えるんじゃないかと。

 

そんな事も語ってました。

 

今回の企画もそうだけど、
音楽を通しての人のつながりってのはステキだね。

ライブで仲良くなって、お互いの企画に呼んで、とか
みんなでCDのリリースを祝ったり、
ツアーをサポートしたり、
イベントをを企画して、それを頑張って成功させようとしたり。

この世界の人はホントに一生懸命人生を生きてる人が多い。
だから熱い。

こういうつながりは大事にしていきたいね

 

 

とにかく今年の活動も始まったし、やる事も盛りだくさんだ

演奏力はもちろん、急ピッチで曲作りも進めないと。

最近正月ボケでヘたれてばっかりだ。
気合入れなおして行かんとな

 

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

成人式

2006-01-09 | Weblog

今日はついに成人式。

実家は柏なんだけど、
中学校は隣の市の松戸だったんで松戸の会場へ。

 

いや~マジで懐かしい
中学卒業以来だから5年ぶりに会うヤツとかもたくさんいたし。

記憶の普段あんま使ってないところをフルに使ってたね

 

 

 

男は結構分かるけど、女の子は変わりすぎ。 ⊂( ̄∀ ̄

5年ぶりに会ってフルメイクじゃあ
申し分けないが全然分からん・・・


「久しぶり~、あたしの名前言ってみて☆」
ってそりゃあ残酷な質問ですよ

 

 

 

 

式自体は、まあドコもあんなモンなのかな?
文化祭みたいな妙な劇や企画がありーの、
市長の話がありーの。。

 

そう、その市長が意外とスゴかった。

万歳三唱では芸が無いと言って、
エコ活動を推してる松戸にちなんで「もったいない三唱」をやりだした。

「もったいない!もったいない!フォ~!」

って・・・。

 

松戸市のボスはなかなかファンキーなお方でした

 

 

 

式が終わりそこからは各部活連合の男30人での飲み会


高校、大学のいい子達の飲みとは違い、
中学のメンツの飲みは当然無法地帯

みんなパンチあるわ~

オレに足りないのはあんなパンチですな。

 

 

 

 

 

中学の友人の近況を聞くと、高校よりもはるかにバラエティー豊かで面白い。

夢を追いかけてたり、働いてたり。
子供がいる女子も結構いたし、今度結婚するってヤツもいた。

大学や高校なんかより、こっちのほうがよっぽどリアル

 

生きていけるだけ稼いで、好きなことやって生きる。


いい大学行っていい仕事に就いて、ってなんかより
よっぽど楽しそうな暮らしをしてるヤツも沢山いる

こっちのほうがよっぽど本質に近いんだろうね。

 

オレらは「進路が就活が」って枠にとらわれて

頭でっかちになりすぎてるのかもしんない。

変に固定観念とかプライドとかで視野を狭くしてるヤツより、

彼らのほうが人生の楽しみ方ってのをよく知ってる

 

 

 

 

 

パーッと飲んで華麗に散っていった友人を介抱し、
二次会でまったり飲み、

解散するころにはすっかり中学のときの気分

 

5年たってもみんな全然変わらねぇ

オレもこの年始で高校の友人、中学の友人と会ってきて、
気持ち的にはどんどん昔に戻った感じ。

オレも中身は全然変わってないんだろうね。
ただ、今思えばもっと中学ではっちゃけてればよかったかも。

 

 

 

帰りの電車の中である友人が言った言葉。

「中学卒業したのが二年ぐらい前に感じて、

高校卒業したのがついこの間に感じる。

こうやってすぐ30歳とかになっちゃうのかなぁ」と。

 

コレを聞いて、妙に考えさせられた。

この調子じゃ大学終わるのもあっという間だ。
やりたいこともまだまだある

 

 

気分は昔に戻れたこの正月休みももう終わり。

明日からは現実が待っている。


いろんな初心に帰らされた、いい成人式の一日だった

 

 

Comments (2)
この記事をはてなブックマークに追加

OBです。

2006-01-08 | Weblog

OBとして高校のテニス部の練習に参加。

いいね~高校生。
みんなハングリーだ。

そしてバカみたいに体力ある

 
 

なかなかサークルにはない熱さが感じられて面白かった。

そういうハングリーなヤツらを見てると自分も感化される

  


 

練習後の自主練タイム。

今、現役で二番手ってヤツにシングルスで勝負を挑まれる

  


ハングリーだコイツ!  Σ( ̄□ ̄;)

なかなかのやり手、しかし負けるわけには行かないこの勝負。

 

 

 

 

6-2で勝利

よっし。

OBとしてのメンツは保たれた。

 

 

 

しかし一年生のうまさには驚くね。

テニス初めて半年足らずとは思えないうまさ。

ダブルスのミニゲームじゃてこずったし・・・。

 

人間何だって本気でやれば何とかなるもんらしいっす

限られた時間でもベストを尽くせば最大限の効果が出る。

 
 

オレもテニスもがんばろうと思いました。
春のつくばカップに向けて
 

まずはサークルのカップ戦。
目指すは優勝

 

Comment
この記事をはてなブックマークに追加