社会の荒廃 研究室(蜻蛉の眼鏡)

国連の女子差別撤廃条約に基づく男女共同参画を強行する女性独裁権力(フェミニズム)の社会病理に言及、コメント欄も充実。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

改正ストーカー法、ずる賢い女だけが得をする社会が鮮明に

2017-01-04 22:54:39 | 結婚、恋愛

 新年最初の論考は、非常に不快なニュース紹介となる。改正ストーカー法が施行されたというものだ。昨年成立したこの改正法では、罰則の強化の他、従来からの制度である、逃避者による警察への届出により警察が追跡者に対し権力行使するという「親告罪」の枠組みを撤廃し、逃避者からの届出がなくても追跡者に権力行使が可能となる。しかしこれらの改正には疑問の声も多く、届出がないのにどうやってストーカー行為と判断するのか、警察権力の乱用を招くなど、様々な懸念がある。

 そもそも、ストーカーという切り口で男女の恋愛感情を法で規制すること自体が不合理である。女は男に散々貢がせて、都合が悪くなれば被害者面して男を加害者扱いして前科者に仕立て上げ、そして女は平然と逃げ延びて、また新しい男を獲物として捕まえる。こうしたことを繰り返すことがますます容易になってしまうのだ。つまり、意地汚い女ほど得をするという、まさに道徳観の欠落した法律としか言いようがない。

 私は常々この法律そのものの廃止を主張し続けている。今後もその姿勢が変ることはない。男女愛とは互いに感情をぶつけ合いながら、時に深く心に傷つくことはあっても、そうした紆余曲折を経て絆を深め、長期間寄り添うというのがあるべき姿ではないだろうか。そこに法権力が介入するのは内政干渉であり、しかもそれが女の側に圧倒的に有利な法律となるのは憲法で定める平等の原則にも反する。

 しかも、警察権力を介入させることは諸刃の剣であり、相手男性を激高させてしまう可能性もある。その場合は女性は命の危険も覚悟しなければならない。今回の改正は歌手の冨田真由さんが男に襲われた事件を受けてということらしいが(*1)、この事件は冨田さんが男の目の前で警察に電話して見せ付けたことが引き金になって起きている。つまり冨田さんの通報行為が、富田さんへの一途な情熱を簡単に踏み躙られ、とどめを刺されたように男には映ってしまったのだろう。それまでにも高価な腕時計を贈ったものの、差出人不明で無造作に郵送で返却されたりなど、事件の火種は幾つかあった。当時富田さんには交際相手がいたらしいが、純真な男心を理解するだけの能力が彼女にはなかったということだろうか。また自分が歌手という肩書きとその人気に酔いしれて、一般人である男に対する軽蔑心がどこかにあったのかも知れない。ともかく警察沙汰にするのは、却って女性を危険にしてしまう。そんな法律に、女性は賛同出来るとでも言うのか。歌手とファンの間柄でもこうした事態を引き起こすのだから、ましてや交際歴がある男女間であれば、危険性は計り知れない。

 とにかく、この法を利用して相手と強引に別れてしまう女の大半は、思考力や自己解決能力に乏しく、危機意識もなく、相手に対する慈愛心もなく、被害者意識を巧みに使い分けるずる賢い人格と言えるのではないだろうか。逆にこの法を女が安易に利用するかどうかで、人間性の判断材料に出来るかも知れない。

 従って、例えばこれから男女交際の予定があるというような男性は、相手の女性が過去にストーカー案件で警察に相談したことがあるかどうかを真っ先に尋ねるべきである。もしあったのなら、その相手とは初めから付き合うべきではない。何故なら、自分もやがてストーカーにさせられる可能性が極めて高いからだ。また相談経験がなくても、現状のストーカー事案に関して女性がどう考えているか聞き出すことも大切だろう。現行法を肯定するような考えの女性は敬遠した方がよい。

 尚、今回のニュースリンクは敢えてヤフーニュースのリンクを挙げておく。発信元はTBSだが、ヤフーのリンク先にはここでも時に取り上げるコメント欄が付いているので、フェミ工作員の論調などを研究してみるのもいいと思う。それらの中から、フェミニズムの本音を見出す力を読者の皆様に磨いて欲しい。また、それらコメントの中で興味あるものをここでも順次引用していこうと思う。

(*1)フェミは事件が起きる毎に法改正を狙っている。恐らく初めからシナリオがあると思われる。最初は限定的な法律にしておいて、じわじわ範囲を広げて女性の権力を拡大していこうという狙いだ。これはDV法や性犯罪関連の法律でも同様だ。つまりフェミにとっては、一定期間毎に女性が犠牲になってもらわないと法改正が出来ないので、ある意味事件が起きるのを待っているという見方も出来る。因みに、心底フェミ汚染された女が直接犠牲になったという話は聞いたことがない。


・改正ストーカー規制法 施行 TBS系(JNN) 1/3(火) 12:31配信
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20170103-00000056-jnn-soci

 SNSやブログへの執拗な書き込みなど、インターネット上でのつきまといを新たに規制対象とした「改正ストーカー規制法」が、3日、施行されました。ストーカー行為の懲役刑の上限の引き上げなど罰則も強化されました。

 また、規制対象の行為をした加害者に対して、警察による事前の警告がなくても禁止命令が出せるようになる禁止命令制度の見直しについては、6月14日に施行されます。(03日11:09)

『事件』 ジャンルのランキング
コメント (13)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 謹賀新年 | トップ | 留学女子大生行方不明、女性... »
最近の画像もっと見る

13 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
黒崎愛海さん行方不明(殺害?)の件も… (チク・パソン)
2017-01-05 11:46:57
元交際相手のチリ人♂が国際手配されてますが、どうやら黒崎さんが一方的に奴と別れた説が浮上してますね(ソース→スッキリ!)

全く日本人♀ゎ手のひら返しで外国人♂までポイ捨てするイエローキャブやから叶ゎん(怒)

追伸 読○旅行のバンコクツアーまで♀性限定参加日が設けられてましたねΣ( ̄皿 ̄;;
ストーカーといえば… (PRD)
2017-01-05 12:03:45
久しぶりに書き込みさせてもらいます。今年も頑張ってください。
フランスで日本人留学生が失踪しましたが、甘えた日本の女子大生が、日本の異常な「フェミスタンダード」で外国人男性に失礼な行動取ったのが原因じゃないかと。
日本の男性はよく我慢しているものだと思います(私も含めてですが(笑))。
でゎ今年最初のパソン砲ぉ! (チク・パソン)
2017-01-07 16:57:18
ゆとり新成人ギャルぇ5連発お見舞いや~!
http://m.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/q12157837387

http://m.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/q10119376290

http://m.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/q1043999215

http://m.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/q13153530918

http://m.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/q11153873136
正に厳格冷たいパリサイ法は抑圧法。冷酷思想は人類人道思想に反する自己中矛盾。本来の法とは境界の融合調整調和。融法だ。細部よりも境界こそ神 (複眼Ruler)
2017-01-08 11:36:33
[正に厳格冷たいパリサイ法は抑圧法。冷酷思想は人類人道思想に反する自己中矛盾。本来の法とは境界の融合調整調和。融法だ。細部よりも境界こそ神]
(確かにこの国は大奥横暴の女権国。アマテラスレジーム。まるで今年大河はアマテラスを女神に捏造のような図式となった笑える。上位とかハラスメント用語を使う自己矛盾赤旗下僕ライター)。
歴史が知恵の法則。厳格化する言わば別の意味での末法の分裂細分化状態の争いを、天の慈悲愛キリスト法かがかつて極西にあり広い全体原点回帰で融和しようとした。そして日本も極西の寒々。耳が痛いであろう左派社会民主主義党の派閥の自己矛盾。心の光のないネガテブな(正にフェミらこそである)者にRuleCreatorの資格はない機械化人の狭さ。不断努力放棄の安直判断の下手な考え休むに似たり状態はその資格なしの証拠。思想が狭い狭隘で自己中エゴイスト。やはり手立てとして法を超えてる社会を。トマスペインの言う政府と社会の対置は一応ある。リテラシー的に先ず空気を変えていく。これが一歩。フーコーの言う空気権力を逆用する戦略で。フェミの固定思考を否定こそ。
で日本には優美な女子も多いが、朝ドラの浅子の言う我儘の場合もある。
しかし問題は要は硬軟分裂。連坊も同じ。だから私的な我儘つまり「下手な個人の考え」を平気で広める分裂思考。しかしだ狭い地球。江戸化の日本。狭い接触となる。融合こそとなる融法の可能性。正に本来の法。本来法は境界融合でこそ。キリストは弁護士よりも道徳家に委ねよと説いた。日本会議の思想家も触れていた。
で自己中女子の事例は一応知っている。ただ男女論は御多分もれずに気にしてない考えてない様子だった(まあ差別加担罪に無自覚)。あくまで「先ず私の気分が一番大事」と言うパタン笑。ひどいのだと「私の要求は100%通るす」と言うファシスト思考のようだが。
全うな善良の例は割愛。所で人情の日本人の例。前に鉄道駅の説明。まるで映画風「そういう問題になったが女性の方が涙流して撤回した」と。要は日本人の記憶を戻したのだ。冤罪だったかは忘れたが、こういうことで人を繋いであやめていいものかとかな。でドラマがない戦後。真剣さが欠けるゆえに安易になる風潮。あるいは飢えがなければ起こらない問題。そして女の贅沢があるゆえの分断の悪循環。全ては複眼全体哲学がない分裂部分思考の個人主義憲法レジームの弊害。全体主義を社会的に押し付けるしかないイエヤスばりに。個人の軟派私的エリアを亡ぼすぐらいの勢いが必要である。融法こそ。
安倍派ブログでも要は「心の戦争目線を消すこと。個人と全体の調和が東西調和」。マスコミの宣伝と違って非常に奇特で独創的である。マスコミの方こそが人間統治の知恵がない考えだ。
ところで朝日えせひ新聞の土曜フェミ自己中パタンは非常に卑劣小細工印象操作の田中聡子。言うもあほらしい。ズバリ「戦争だ。次は平和だー」のコロコロ新聞が変化の流行語を安倍のように言う資格はない!笑。(事実の声「あの新聞だけは露骨にるので警戒です」。他紙は泥をかぶった。しかし朝日は女便乗して責任逃れでいい子ちゃんヅラしたと言う殆ど自己中女子そのもの。他紙は一応大人ではある)。人類はどこに向かうかなんだそうだ大きく出たな。要はそういうごちゃごちゃ誤魔化しの方向に人類が向かってはいかんな普通に考えて。高杉流には時代はSimpleに夢現隊だろう男女同盟。過去にどうこうだからと言って過去の日本はこうでしたと左がかった象徴の学者層が言ってます→ハイだから食事に愛情はいらない「上野的な実践(笑)」ってのは普通の日本人は聞いて違和感だろうなあ。それも問題だよねと複眼思考。実に漫才的問題だ笑。しかし名作漫画風には「火星で生きてる今更戻れない」。要はイスラエル的な古代暴力は非道だと言うことだ。理論事実安直適用の左派は知識派はそれが見えてない。上記「知のバカ」と言う言葉も創造すべきだな。類も御多分もれず。(片手落ち思い上がり「遠隔抑圧の法」の話なので敢えて鳥越以上に女社会アマテラスレジームを大けん制でこう言おう)。この国が空気支配の女権国と知って俄かに歴史に日本史に向かうフェミら。保守フェミ野田聖子もだ。じゃあ先ずは江戸時代の痴漢は正義漢でそういうの不問で笑い話おエロいこそ冤罪を防ぐ掬う慈悲愛の思想も江戸流だな、昨今の男否でなく男尊もあった江戸。これが古新の最大のツボ違い。最も際立つ相違例。陰陽の融合原理の直感ゆえだろう意表ゆえに正義感と呼んだ江戸人のユモア発想の豊かさが伺える(関白協会の自称ユモアのシャルリ風よりは遥かに深い必要。冤罪関連方面も最早ユモアギャグ必要と言っていた。上野クリントン的な「女の人権は命より重い」と言いう手前勝手身勝手な考えが殺人効果までなっているのだ。猛省では済まされない。個人主義憲法レジームを否定こそ)。現代でも女子がキャッキャと笑い話にする例はあるしな。命名おエロいお笑い。江戸は生き残ってはいる。占領車両反対運動を笑い飛ばすよりは「陰湿いじめ迫害」でなく遥かに善良だろう。ありきたりな笑いは駄目だ。日本神話源点に戻れ。それこそ新燃。異ネルギー立国こそだ。新年に明るい話を敢えて。




Unknown (凱)
2017-01-09 00:38:52
そもそも今の現代女性は甘ったれですね。歩きスマホ、電車の中での化粧、料理もしない、家事もしない、都合が悪くなれば全部男のせい、レディファーストを強要する。(そもそもレディファーストの真の意味を知らない。笑)男が全部お金払って当たり前。優しくすれば刺激が頼りない!最近の男性は頼りない!等。よくTwitterにも過激なフェミニスト達がうようよいますがツイートを見てみると政治関係から全く関係ないことまで日本や日本人男性の悪口。少しでも指摘すればジャップオスやニホンザル、低脳ネトウヨなど過激な言葉で反論してくる。そして全てに於いて男女平等を掲げる。(そもそも男女平等なんて無理!。逆に女性が死ぬ場合だってある。フェミニスト達は後先考えずにひたすら自分たちが正しいと思い、ひたすらに日本人男性や日本古来の文化を馬鹿にしますからね。LGBT問題でもやたらと声をあげるのは彼女達ですよね。都合が悪くなれば社会的弱者や子供を盾にしますからね。所詮正義ぶった偽善にみちたフェミナチ連中です。彼女達に必ず共通するのは西洋=人種平等•男女平等、レディファースト。日本=レイシスト、女性差別社会、セクハラ、女性を盾にする等です。白人や韓国人男性は彼女達からすれば皆紳士かつ女性にも優しいそうです。笑。世界でも唯一おこづかい制という女性に優しいシステムがあり旦那は毎日カップラーメンやわびしいコンビニ弁当を食べながら、一方で妻側は女性たちで女子会をひらきフレンチやイタリアンなど優雅なランチを楽しみながらひたすら旦那の悪口をかましています。必死に働いてるのにね…挙句の果てには慰謝料だけ好きにぶんどって旦那も捨ててそのまま男と駆け落ち…なんて事もありますからね~。長々と長文失礼致しました。とりあえず今の現代女性は馬鹿かつ知識も教養もない。
Unknown (凱)
2017-01-09 00:46:35
また横から失礼します。そもそも三原じゅん子や浮気された金子もですが所詮女性なんて保守ぶってる奴こそ実はフェミニズムが多いんですよね。最近の記事みたら日本死ね!の件で嬉しそうに壇上にあがった山尾と仲良く女子会してましたよ。笑。勿論野田聖子氏もいました。結局外から見れば保守派に見えるが中をあければ根底にあるのはフェミニズム思想です。確かに日本の男性政治家にはだらしない奴も多いですけど女性議員も所詮は男性政治家と同じですね。肝心の中身がない。似非保守面。
本当に悪法です (とも)
2017-07-09 06:21:20
私はまだ改正前2016年に交際女性からストーカー規制法を利用されました。
しかも子持ち女性に。

原因は、違う相手を自宅にいれている現場に私がかち合い、話し合いを求めたからです。
交際すらしてない前提にされ、私服警官が自宅に迎えに来ました笑

おまけに、私が既に別で家庭がある既婚者ストーカーって事になってました。
抗議や交際していた証拠を見せたいのに見てもらえず、なぜ独身なのに勝手に既婚者だと警察が判断したのか聞いても、説明できないほどの間違い捜査のせいかスルーされました。
相手の子供の面倒まで日々見ていたのに、なぜこんな女性に明らかに都合のいい話を信じるのか?と聞いても一切そこには答えをくれませんでした。
まだ保育園時だが子供に聞けばすぐ誤解は晴れるのに。

おまけにストーカー規制法の警告書への署名捺印を拒否していたら、住居侵入で逮捕すると警察に脅迫され、その理不尽さに涙しながらも私は負けてしまいました。
情けない。

その後納得がいかないので、警察への恐怖と不信もあり、録音の準備をした上で再度数回警察に抗議をしても、あからさまに嘘をつかれたり、隠蔽をされたので、これまでの抗議を全て録音してる事実と、嘘を連発する対応の不誠実さを突きつけると態度が急に変わり、これからもうあなたの抗議には署では誰も対応しませんと言われました。

マスコミへのリークもしましたが、企画の審議の段階で、1人だと説得力に欠けると企画にならず。
女性の都合のいいシナリオを描ける悪法と、それを擁護しサポートする警察に怒りを覚え、
どこか力になってくれる団体や機関がないか模索する日々です。

たまたまこのサイトを見て、管理人さんの意見にすごく賛同しました。
あなたの言う通り、実体験した人間がここにいます。
ストーカー冤罪の実例 (蜻蛉(管理人))
2017-07-10 16:55:15
ともさん、この度は本ブログに投稿くださいまして誠にありがとうございます。

実に理不尽な思いをされ非常に痛ましい限りです。
私はフェミの卑劣さから察すればご紹介の程度のことは至る所で起きているだろうという予想はしていました。

しかし実例がなかなか見当たりませんでした。
こうした実例をご紹介くださったことに非常に感謝致します。

このままでは納得がいかないのは当然です。
マスコミにも取り上げてもらえないのは、マスコミもフェミ支持だからです。1人だと説得力に欠けるというのは口実でしょうね。これが女性被害なら1人でも幾らでも取り上げるでしょうに。

戦うなら、とりあえず録音した内容をyoutube等の動画サイトにでも挙げてみることをお勧めします。そしてそのURLをこのコメント欄に記載してください。

更に時間があるのなら、どこの警察署なのかなどある程度特定してご自分でブログやフェイスブック等のSNSを利用して内容をまとめて掲載しては如何でしょうか。
追記 (蜻蛉(管理人))
2017-07-10 17:17:11
ともさんへ

以下のサイトにも投書してみてもいいかと思います。
ここよりも宣伝力は抜群です。

さゆ ふらっとまうんどのブログ HP
http://sayuflatmound.com/
管理人様ありがとうございます (とも)
2017-08-22 14:57:42
初コメしてしばらくブックマークに埋もれて探せませんでした。

アドバイスありがとうございます。
私は実体験してからこのようなサイトを最近見始めたので、そりゃもう当時は完全弱者でした。

書き込みした通りに真正面から警察に抗議しましたが、警察も普通に嘘やバレバレのおかしな対応、逃げるわ隠蔽するわが現実に存在するのを体験して知りました。

アドバイスの通りいくつか方法があるようなので取り掛かろうと思います。

ちなみにさらさんのチャンネルは目にした事あります。もしかしたらコラボを依頼するかもしれません。

それと最近、しつこい女性がいたので、実験も兼ねて証拠を持ち警察に相談してみました。
なんと担当の女性警官は、ストーカー規制法に当たらないと判断してきました。

警「確かにあなたは拒否をしたけど、返事を書いてしまっている」と…

私「拒否の旨を返信してるだけですが?
他にもつきまとい等、規制法に該当する行為がありますが全てチャラになるんですか?」

警「…今回は難しいですね…」

こんな対応で、結局2時間、私のストーカー規制法の知識で言いくるめ、女性警官が言い返せず終始俯いてました。

他の警官からタバコを吸おうと呼ばれ、その方から「余計な事は言えないが、語れない理由があるんだ」みたいな事情を話されました。

結局、非親告罪になったから、ストーカー規制法と認めたら動く必要が出てくるとか、なんか不都合の理由があるんだろ?男女でこんな差があって、あなたもおかしいのはわかってるのに認めない、その理由すら語る事ができない、気持ち悪い仕事ですねって女性警官に言って帰ってきました。

実験も兼ねてですが、該当も証拠もバッチリだったので、まさか男女でこんな差があるなんて思いませんでした。

これからもここをよく拝見させて頂きます。
録音をyoutube投稿やSNSの際はここのURLを必ず載せます。
管理人様と直接連絡は取れますか?

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

結婚、恋愛」カテゴリの最新記事