社会の荒廃 研究室(蜻蛉の眼鏡)

国連の女子差別撤廃条約に基づく男女共同参画を強行する女性独裁権力(フェミニズム)の社会病理に言及、コメント欄も充実。

国連演説で北朝鮮拉致問題取り上げたトランプ大統領、今まで誰も言及しなかった不思議

2017-09-20 20:12:22 | ネット媒体

 「(北朝鮮は)13歳の日本人の少女を拉致した」、トランプ米大統領は国連演説で我が国の拉致被害者に言及した。国連でこのような発言はこれまでなかっただろう。それだけにトランプ大統領の発言は大きな意味がある。13歳の日本人少女とは勿論横田めぐみさんのことである。拉致被害者家族からは発言を支持する声が上がっている。だが、国民はもう一歩踏み込んで考える必要があるのではないだろうか。

 トランプ氏が大統領になる前から、国連で各国の首脳が発言する場面はこれまでに幾らでもあったはずだ。米国の大統領はもとより、日本の首脳は何もこれまでに言わなかったのか。女子差別撤廃条約に関係するフェミニストが国連で発言する場面も幾らでもあったはずだ。しかしそれらで拉致被害者のことが取り上げられたという話は聞いたことがない。女性の人権とは一体何なのか。めぐみさんは関係ないとでも言うのか。こうした矛盾点に国民は気付かなければいけないのだ。

 フェミの主張は、いかにも女性全体を支援するように見せかけて、実は自分達の利益しか考えていないのだ。つまり自分の利益にならない女性には何の支援もしないのだ。拉致被害者だけではない。C型肝炎の被害者として国会議員も勤めたことがある福田衣里子さんに対してもフェミは知らぬ顔だった。

 女性被害、差別、弱者と言うと、短絡的に国民はセクハラ、DV、性犯罪などと思いがちだが、これこそフェミが仕掛けた罠に引っかかってしまっている。逆に豊田真由子のような「このハゲ」など女性による暴言や痴漢でっち上げ、女性の非婚化による男性の結婚難被害などはなかなか頭に思い浮かばない。また全く救済的な法律もない。それでもまだ女性は被害を受けていると主張し続け、フェミの利益ばかりを只管求め続けている。

 フェミ政策は、高学歴女性などごく一部の女性のために役立つだけで、大半の女性には実は不利益になっている。しかしそれを指摘する声は聞かないし、そもそもマスコミが情報操作をしてしまう。だが潜在的に「何かがおかしい」と思っている人は決して少なくないはずだ。そうした不信感に気付く目を養うためには、普段からの訓練が必要である。ニュース報道を鵜呑みにするだけでなく、そこから想像を膨らませ、何が読み取れるのか自分で考える力を身に付けて欲しい。

<お知らせ>
 本ブログは10月より、不定期投稿となります。これまで最低でも週1回のペースは維持しないと世間のフェミ撲滅機運も薄れてしまうと思い、私も頑張ってきましたが、私の力にも陰りが見え始めてきました。それに私の意志を継いで若い力が沢山出てきて欲しいとも願っています。閉鎖するつもりはありませんが、定期的な投稿ではなくなりますのでご了承ください。


・トランプ氏の国連演説に横田早紀江さん「本当に驚いた」 拉致被害者帰国に期待 2017.9.20 07:07
http://www.sankei.com/world/news/170920/wor1709200007-n1.html

 国連の演説で、横田めぐみさん(52)=拉致当時(13)=を念頭に「(北朝鮮は)13歳の日本人の少女を拉致した」などと厳しく批判したトランプ米大統領。異例の言及に、拉致被害者の家族らからは「大きな意味がある発信。被害者帰国という結果につながることを期待する」と発言を歓迎する声があがった。

 「本当に驚いた」。めぐみさんの母、早紀江さん(81)はこう前置きした上で、「国際社会で大きな危機のうねりが起きる中、トランプ大統領が拉致問題にも思いを寄せ、発言してくださったことは大きな意味がある」と力を込めた。

 「ブッシュ大統領を含め、米国の指導者にも長く問題を訴えてきた」と早紀江さん。「北朝鮮には人権の側面からも解決すべきことがたくさんある。壊滅的な暴走が起こる前に、トランプ氏の発言が前向きな結果になることを祈っている」と話した。

 11~15日に超党派拉致議連などとともに訪米しためぐみさんの弟、拓也さん(49)は「安倍(晋三)首相の力添えや、日米同盟の力が発揮されたと思う。訪米に手応えを感じていたが、ひとつの形になったのでは」と話した。

 訪米団は米政府関係者や上下両院議員、国連各国代表部などを訪問。精力的に拉致問題の深刻さを訴えた。訪米団に同行した救う会副会長で福井県立大の島田洋一教授は、面会した米国家安全保障会議のポッティンジャー・アジア上級部長が会談で「拉致問題の重要性を間違いなくトランプ大統領に伝える」と言及したと説明。さらに、ポッティンジャー氏が自らが米海兵隊員だった経験をあげ「海兵隊は1人の仲間も残さない。拉致被害者も1人も残さない」などと語っていたことを明かした。


・元検事の31歳女弁護士を逮捕 カッターで同僚切り付けた疑い 2017.9.16 13:09
http://www.iza.ne.jp/kiji/events/news/170916/evt17091613090020-n1.html

 カッターナイフで同僚の男性弁護士に切り付けたとして、神奈川県警相模原署は16日、傷害の疑いで弁護士の西川絵里香容疑者(31)を現行犯逮捕した。同署によると、西川容疑者は黙秘している。

 逮捕容疑は同日午前3時15分ごろ、相模原市中央区相模原の事務所内で同僚の男性弁護士(33)の左腕に全治10日の軽傷を負わせたとしている。

 16日午前2時頃、西川容疑者が「コピー機をぶっ壊すぞ」などと電話し、酒に酔った状態で事務所を訪れて暴れたたため、午前2時半頃、身の危険を感じた男性が同署に通報。一旦、収束したため署員は引き上げたが、午前3時15分ごろ、男性から切り付けられたと通報があり、駆けつけた署員に取り押さえられた。

 事務所ホームページによると、西川容疑者は東京地検や横浜地検川崎支部で検事を務めた。


・“痛い”謝罪・撤回の東京新聞、望月記者 自社の了承知らないまま発言…政治部記者「一緒にしないでくれ」 2017.9.19 20:40
http://www.iza.ne.jp/kiji/life/news/170919/lif17091920400019-n1.html

 東京新聞社会部の望月衣塑子(いそこ)記者が“注目”されている。菅義偉官房長官の記者会見で、根拠が定かでない情報や私見を織り交ぜた質問を連発させているのだ。15日には、自身の質問について謝罪・撤回した。望月記者と東京新聞について、官邸取材もこなす、ジャーナリストの安積明子氏が迫った。

 官房長官会見は平日の午前と午後の2回開かれるが、私を含むフリーランスには金曜日の午後、1回だけ開放される。質問者が内閣記者会の所属であろうとなかろうと、菅氏は丁寧に回答してきたが、最近、堪忍袋の緒が切れることがある。

 原因は、東京新聞社会部の望月記者だ。

 「加計学園」問題では、菅氏に対し、新宿・歌舞伎町の「出会い系バー」(連れ出しバー)での女子の貧困調査を進言。北朝鮮の「核・ミサイル開発」では、金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長側の要求に応えるように求めるなど、理解しがたい質問で有名だ。

 14日には、官邸報道室が東京新聞に注意喚起した文書を報じた産経新聞の記事を「官邸からのリーク」と発言した。それが原因で、個人の記者が誹謗(ひぼう)中傷を受けていると政府の責任を問う始末。この様子は、ネットの動画で広く拡散された。

 だが、その文書は、東京新聞官邸キャップの了承の上で内閣記者会の常駐各社に配布されたものだったことが判明し、望月記者は赤恥をかいた。記者として、基本中の基本である情報確認を怠っていたのだ。

 望月記者は、北朝鮮が弾道ミサイルを発射した15日午後の会見に姿を見せた。そして、前日の発言を撤回し、簡単に謝意を示した。その後、北朝鮮のミサイル発射に関する政府の対応について矢継ぎ早に質問したが、正直、「痛い」感じがした。周囲の記者はシラーっとしていた。

 東京新聞16日朝刊を見たが、この顛末(てんまつ)は記事になっていなかった。東京新聞が報道機関として、望月記者の「リーク発言」や取材姿勢を、どう考えているかは明らかではない。

 ちなみに、東京新聞政治部のある記者は「望月記者は社会部で、われわれとは別の組織。一緒にしないでくれ」と筆者に峻別を求めている。


・男性に一目ぼれ、元臨時職員が住民票を不正入手 2017年09月14日 07時56分
http://www.yomiuri.co.jp/national/20170913-OYT1T50182.html

 住民基本台帳システム端末を使い個人情報を不正に入手したとして、兵庫県警姫路署は13日、姫路市の元女性臨時職員(42)を市個人情報保護条例違反容疑で地検姫路支部に書類送検した。

 同署によると、元臨時職員は駅前市役所に勤務していた6月22日午後3時10分頃、以前に同所を訪れていた市内在住の20歳代男性の氏名や住所が記載された住民票を印刷した疑い。「男性に一目ぼれして、住所などを知るためにシステムにアクセスした」と容疑を認めているという。

 元臨時職員は7月16日夜、男性方を訪れて勤務先や携帯電話番号を記した手紙を男性に渡していた。男性側の問い合わせを受け、市が8月7日に告発していた。

『社会』 ジャンルのランキング
コメント (13)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ヘイトスピーチ規制は苦情権... | トップ | 将来を見据えてフェミニズム... »
最近の画像もっと見る

13 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
豊田真由子って許されるの? (規制法撲滅委員会)
2017-09-21 01:29:36
悪者を甘やかすとさらに悪い事をする。
規制法撲滅委員会さんへ (チク・パソン)
2017-09-21 07:10:38
全国のハゲ有志が落選運動起こして最下位落選するのがオチやと思いますよw

同じく無所属出馬に動いたガソリーヌ改めパコリーヌ山尾志桜里の話題ぉかき消すように安室奈美恵の引退発表とツキにも見放されw
Unknown (Unknown)
2017-09-21 09:09:31
非キャリア女が知っておきたい「女性が輝く社会」の目的
http://totb.hatenablog.com/entry/2017/06/06/070718

キャリア志向のアッパー/ハイスペック女が仕事に注力するためには、dirty workとされる家事・育児を低価格で代行する低賃金労働者が不可欠であり、家事をする人としない人の階級格差を広げることになります。

政府の「女性が輝く社会」という甘言の裏に、大量の賃金奴隷を欲するネオリベラルの思惑が潜んでいることは間違いないでしょう。平等の名の下に格差と差別を作り出すリベラル/フェミニストはネオリベラルの手先です。

そもそもフェミニズム運動とは、家事や育児を「奴隷労働」と感じるインテリ女の「奴隷解放闘争」です。
そのためには、「解放」される自分に代わる新たな奴隷が必要となります。フェミニズムの本質は「バリキャリ女による女奴隷狩り」です。
男女敵対marxフェミズム闘争私史観でなく男女調和神の交響史観こそ境界の神。新歴史観。神は細部でない。驕り高ぶる麻薬病朝日えせひ思想はネガテブ旧態依然19世紀 (複眼RuleCreator)
2017-09-24 09:37:50
[男女敵対marxフェミズム闘争私史観でなく男女調和神の交響史観こそ境界の神。新歴史観。神は細部でない。驕り高ぶる麻薬病朝日えせひ思想はネガテブ旧態依然19世紀]
[ゲセルシャ的社会は冷た市場で貨幣奴隷。法律に狭く還元されぬ人情の家族型国家ゲマインシャフト社会は温かさキリスト徳治流?こそ新時代の余白創造で東洋流]
(朝日派閥は要は何かがよほど気に入らなかったと見えます。朝日は知られる通りのホシュ派閥。と言う事は慰安婦論同様に詐欺師犯罪集団の偽善理想となる)。
補足を。米国南部の言い分。北部こそ貨幣奴隷だろうがとその奴隷制の為に南部に因縁をと言われたのか恐らく。実は北部より豊かだった南部。まるでカトリック経済の方が経済成長する逆説(そうですね僭越ながらブログもプロテスタントリズムよりもゆったりカトリック全体流の方が却って強力能率効果かもです。異なる事象を反左派フェミで一挙にまとめ否定する策とかは。敵の中枢は部分主義か。専門で免責で逃げるパタンに見える)。
戻りそして人が財産や物以下の北部思想の現代である。他人はNoneOfYourBusiness疑似北方スミス構造決定調和に驀進する。勝手に生きてくれ向こうに行って。自分個人主義とは関係ない人生。この前の恋愛告白規制弾圧の流行り?扇動の思想にも似ている。
(奴隷解放なら正しいと俗論に流れてしまう。思えば自然な得意役割を持ち場を否定破壊の愚か。しかし奴隷と言うなら下僕武士な日本男児も奴隷ですよアマテラスレジーム。Simple。女が大事な奴隷黒人なら男は先住民。存在権すら実はない排斥対象。いつでも男子は冷遇用意の「本音」の風景。この本音がアマテラスレジーム。男子裸祭は象徴。女神の嫉妬。なので男尊女卑でなく男卑女卑が真実と。よってフェミ固定公式は過ちと証明。その部分主義要求の正統性も最初からない。常に男卑女卑の全体を考える全体主義こそ)。
「家族型社会ゲマインシャフトはない古きは抹殺。全ては売る取るシャフトの社会です」。個人主義がその宗教。個人以外はアダムスミス構造決定調和のお上しかない。ネオリベは古典市場への反動化回帰。個人主義が実はファシストと一体と日本知恵でいわれるゆえん。そりゃ個々にアトム化すれば一挙に無理に集めるしかない大衆合衆国のように。この社会学テーマはネットでも殆どない盲点。ある思想家は歴史を背負うと楽に見渡せると。ビスマルクも曰く賢者は歴史に学ぶ。
上野千鶴子や辛淑玉のような扇動フェミ横暴の異様を規制するには、上記の自称人生含めての思考停止乱用用語を使わせない事が肝要。北部信仰を一挙に相対化する技術で。苦労ある調整が全て。日本流。フェミ否定にはこのぐらいの個人主義否定が必要。この前の浅はかな女真理教寄りの独り善がりな記事も否定できる。米国批判本でも近代無限宇宙の動力の暴走。2001年でも星が自分と慢心。対して日本会議も思想的に関連は江戸流。要は共生の融合の有無である。個人だと境界神も融合点もなく闘争史観に自ずと流れる。万人闘争経済のネオホッブス。短絡な直線。長期であれば曲線の山も見えるが短線では直線だけの個人主義となる。男女と言う境界の神も消える。片手落ち偏重のフェミは個人主義原理主義の思考。片手落ちは使うべき。言葉狩りパタンは愚。
日曜えせひテレビはオンナ真理教宣言。ネガテブ消極的扇動。消極平和主義そのもの。バカになった朝日派閥。麻薬陶酔病病の扇動こそは逮捕すべきだろうな麻薬患者だ。狭い偽のユートピア思想が朝日時代の思想だフェミバロメータもこの枠内。敢えて言えば飢えるまで含む広さがない。真のユトピアは複眼Ruleで抑圧のない積極平和の希望論であるポジテブ論である。ネガテブで何も理想が見えてない偽理想主義の朝日思想。フェミ女が太陽だ?固定思考枕詞。じゃ太陽になってみろ!!。他性を和ませて癒してみろ!!。
で参照拡散メールを。拡散文二つ。創造論は略。
[言いそびれを。しかし思うにSimpleにこれ]
唖然とする後戦後の風景。戦後は本当に馬鹿になったのかと思います。日本じゃないと言われる戦後。片やトランプ層は戦前日本に敬意。片や唖然とする×〇思考で反創造の戦後日本。すぐ一色の固定思考に染まる実は一神教の画一国の意外。オンナ真理教がその奥の根底原理主義。全てが固定思考で洗脳。本当にバカになってるな。
[そういうので具体的にはこの弊害もあり]お上には世界左派〇×ファシズム。下々では上位だ下位だのレデースファシズム植民地主義原理思想と言える経済至上主義。自分らさえよければいい経済。反経世済民で反日。
でこの前はまあ普通の善良かの女店員。しかしそういう性のことで抗議はつい笑い話で誤魔化すと言うよくある本音が映画館。エロ話のように?。しかしエレベータにもデカデカと男性に御免なさいと免罪の正当化。ごめんと言うなら平等にせよフォロー政策製作でもせよ。orごめんで済むなら正義も何もいらねえ。映画に一喝。一部。略。
[お上では。所でまるで満州事変を1stMovementで起こしたようなものと見えるそんな感じで言われる?独裁?安倍政権。小池は一連を満州事変を「私もマネー」と猿真似で自分ファーストで居直り独善の独り善がりの日華事変。それこそ大義もなし]。
[あの驕り顔は背後にサタンの証拠。どうみてもエゴの固まり。通で見る人は見てるだろう。それとも戦後女真族旧満州構造オンナ真理教の下僕奴隷かな?。新たな民族観の必要だ]







【緊急】管理人さんへ (チク・パソン)
2017-09-26 06:19:12
ならば私が今秋中に週1で♂性差別反対ブログぉ旗揚げしようと思います!

小池百合子も希望の党ぉ旗揚げしましたし、私も蜘蛛さん&翠流さん(前回漢字間違い失礼)らと提携出来るブログにしたいと思います!
イェーイ (規制法撲滅委員会)
2017-09-26 08:53:50
お笑いを愛し、愛された男。あれ、池崎って両想いじゃね?ジャスティス!
サウジアラビアまで (チク・パソン)
2017-09-27 12:18:07
♀性の運転ぉ来年6月までに解禁

まさに欧州のフェミに屈しましたね

追伸 私のブログぉ旗揚げした暁にゎ蜘蛛さんからの暖簾分けとタイトルにて公表するのぉ認めてくれれば幸いです(無理にとゎ言いませんが)
後継者に期待 (蜻蛉(管理人))
2017-09-27 15:40:34
チク・パソンさん、ありがとうございます。

念のため蜘蛛ではなく蜻蛉(とんぼ)ですので、笑。
どんな内容になるか期待しています。
尚、本ブログのコンテンツは全て転載自由です。
私のブログでよければ暖簾分けも大歓迎です。
蜻蛉さんへ (鈴木光至)
2017-09-30 21:07:05
蜻蛉さん、10月からブログの更新が不定期になってしまうということで、大変残念です。せっかく尊敬できる反フェミニズムの方を見つけられ、楽しみに蜻蛉さんのブログを読ませていただきました。私の拙い意見を述べられるのも、蜻蛉さんのブログのコメント欄だけでしたので、ブログの更新が不定期になってしまうことが、大変残念です。私ももっと投稿したいコメントがたくさんありましたが、あまりコメントを投稿できず残念です。私もこれからバカフェミ議員などに厳重に抗議し、バカフェミと闘っていくつもりです。蜻蛉さんも頑張ってください。蜻蛉さんが、またブログを定期更新されることを楽しみにしております。今まで、素晴らしいブログを書いて下さり、どうもありがとうございました。
鈴木光至さんへ (チク・パソン)
2017-10-01 09:28:58
近日中に私が蜻蛉さんの意志ぉ受け継いでブログぉ旗揚げするので(日ぉ改めて公表)宜しければお待ちしています(ファッション、ゲーム、アニメなど彼とゎひと味違う目線も披露する方針)

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ネット媒体」カテゴリの最新記事