海の見えるダイアリー

音楽・趣味・育児・・・海の見える家より日々のひとこまを。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

竹馬に救われたムスメ

2009-10-14 10:36:16 | 家庭
皆様、大変ご無沙汰いたしております。
このところ日記はおろか、パソコンすら開けずに日々が過ぎてしまいました。
この数週間の間にめでたく誕生日も(ひっそりと)迎え、また一歩いい女に近づきました(笑)。
メッセージを下さった皆様、本当にありがとうございました。

いえね、別に大きな仕事を抱えていたわけでも、体調を崩していたわけでも、はたまた旅に出ていたわけでもありませぬ。
ただただ日々の生活に追われ、パソコンを開く余裕がなかっただけのことです。

で、この間に起こった出来事といえば、9月の連休中に博多に行き、友人である西野淳君指揮のミュージカルを観劇して心の洗濯をさせてもらったり、ムスメが習い事でお友達とトラブルになり、そのことに奔走してめでたく解決したり、まあいろいろとありました。

そしてごく最近、この前の土曜日はムスメの学校の運動会でした。台風が近づいたりとお天気が心配されたが、当日はまあ見事な秋晴れ。ダンナは場所取りのため、ムスメと一足早く出陣し、私はこの日しか出さない3段の重箱にお弁当を詰め、じーちゃんばーちゃんとともにいざ出発!

さて、ムスメたち2年の目玉競技が「山を越え谷を越え」という障害物競走。昨年、これを見て1年の親全員が「来年までに竹馬をマスターさせねば・・・」と思ったこと間違いなしの、最後に「竹馬」というメインが出てくる過酷な競技である。

スタートするとまず「輪回し」。昔の子どもの遊び(って私はやったことないけど)の、棒で車輪を転がしていく、あれである。その後ハードルをくぐり、丘を駆け上がり、平均台を渡り、跳び箱を跳んで最後に竹馬でゴール、という波瀾万丈なコース。

さて、ムスメは最初の輪回しで予想通りもたつき、竹馬にたどり着くまで最後尾の6位。ところが竹馬で形勢逆転。もたもたしている他の子を尻目に、颯爽と竹馬に乗り、3人抜いて3位でゴール!
以前日記にもムスメが竹馬にはまって上達したことを書いたが、やはりこれが功を奏しました。「芸は身を助ける」???

こんなかんじで運動会も無事終わり、ふと気が付けばすっかり周りは秋の気配。私が一番元気になれる季節がやって来た!
どうぞ皆様、お風邪など召されませんように。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

夏の終わりにオリオン座

2009-09-02 08:58:58 | その他
皆様、お久しぶりでございます。(最近こればっか)
長かった夏休みも終わり、ムスメは新学期が始まり、やっとこさ私のお休みがやって参りました(笑)。
あ、でもお弁当作りももれなく再開・・・
早速今朝から作っておりますです。
2学期もがんばるぞ~!


それにしても朝晩涼しくて気持ちいいですね。夏が苦手な私としては、今年は過ごしやすかった。今後の野菜価格の急騰が心配ではありますが・・・

昨日の明け方4時頃、ふと目が覚めて窓を開けると目の前に「オリオン座」が美しく輝いてました。うむむ?オリオンって「冬の星座」ではなかったか?私寝ぼけてる???まあいいや、まだ眠いから後で図鑑でも見て調べよう、ともう一度ベッドへ。

で、翌日。星の図鑑で調べ学習。その結果、私が目にしたのはやはりオリオン座だった。
というか、初めて認識いたしました、「星座って年がら年中あるんだ」ってことを!!!(曝)
つまり、「季節の星座」として習うのは、主に宵の口からその日の日付内に見える星のことである、と。
オリオン座は冬の(人間として常識的な)就寝前に見えるから「冬の星座」と呼ぶわけで、9月の明け方に見えるのは実に正しいってことなんですね。

ダンナにこの「大発見」を報告すると、「ワタシが100年前に気が付いたことを、アナタは今知ったんだね」と鼻で笑われました。褒め言葉と思っておこう(笑)。
「つまりね、季節の星座は『宵』から見えるから、『よいこのじかん』って覚えるといいよ」
だ、そうです。。。。

それにしても、4時はまだ暗く、オリオン座はそれは美しかった。見える地方にお住まいの皆さん、早起きしたら是非南の空をご覧下さいませ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

夏休みは休めない・・・

2009-08-06 23:49:40 | 家庭
皆様ご無沙汰しております。
夏休みはもれなくムスメが家におりますので、普段よりやることの多いワタクシであります。
日記も久しぶりに書きます~♪

夏休みに入ってやったこと。
あの大雨の時期、何を血迷ったか米子に家族旅行。奇跡的に行った先々では雨を免れ、ムスメの希望で行った大山の「虫取り」ではカブトやクワガタをゲット。(ただ今2匹が我が家に同居中)

夏休みといえば「子どもの宿題」。ムスメの学校、宿題の量は半端じゃない。全教科まんべんなく課題あり。まだ子どもだけに任せられないので、毎日家庭教師のごとく朝からムスメにまとわりつき(相当うっとうしいかも)、指示を出したり、提案したり、手伝ったり採点したりコメント書いたり・・・(以下省略)
要するに半分は「私の宿題」である(曝)。
おかげで大方の課題は終わりつつあり、あとは毎日やるドリルとかけ算カードと日記と、工作と理科自由課題のみになった。ふぅ。

7月26日にはムスメの児童合唱団の定期演奏会。親バカだがなんだか感動して涙が出そうになった。無事終了。
また、今日は「原爆が落ちて64年目の夏」。ムスメの合唱団は昨夜はピース・コンサートに出演(写真参照)、今日の平和式典は団員のうち小3以上が出演ということでムスメの出番は来年から。2人で朝の中継を見ながら、ムスメは覚え立ての「ひろしま平和の歌」を画面の子どもたちとともに歌っていた。
広島の子どもというのは、それだけで大きな任務を担っているのである。


今週5日間は前から申し込んでいた、ムスメの体操教室の短期コース。目標だった「逆上がり」もなんだかいきなり出来たらしく、明日の最終日はちょっくら見に行ってみようと思っている。

今度の日曜日はヤマハグレード8級試験が待っている。普通は来年3月頃受けるらしいのだが、ムスメのクラスは去年も前倒しの8月だった。「ほんとに受けるのわかってる?」って言いたくなるほど、全く練習する気がないので(涙)、宿題の合間におだてて無理から練習させている。おかげで自由曲4曲は「なんとか」弾ける程度に、メロディー・和音の聴奏(聞いたメロディーや和音をその場で弾く)はまあ大丈夫、伴奏付けも大方良し、最もいやがる「初見」も、つっかえつっかえでも最後まで行けるようにはなった・・・(かな?)
これさえ終われば・・・(もうすでに私が疲れている)

この合間にレッスンしたり、仕事をしてるわけです(笑)。
受験生とコンクールに出たい生徒もいて、ちょっと忙しくなりそうです。。。

それから前に書いた「竹馬」の写真をようやく撮ったので、一緒に掲載しておきます。


では皆様引き続き良い夏休みを!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

竹馬って乗れます?

2009-07-07 10:05:09 | 家庭
お久しぶりです。
ここ最近なんやらかんやら忙しく、日記も久々更新となりましたが、私は相変わらずです。

で、竹馬。
ムスメが学校の授業で先月あたりからやっている。
最初は全く乗れなかったのが、ある日「今日は1歩できた!」、翌日「2歩できた!」

で、とても熱心に取り組んでいるようなので「20歩」できたあたりで家庭用の竹馬を買い与えてみた。
そうしたら早速家の前で練習を始め、あれよあれよと3日も経たないうちに200歩行けるようになったではないか!

子どもってすご~い!

しかし、ムスメ、はまると「とことん」やる性分のようである。足の親指の間の皮がむけてもやり続け、手には「握りダコ」もできている。(写真を載せたいが、今ないので近々撮って掲載いたしましょう。)

こんなかんじでピアノも練習してくれればどんなに上達するであろうか!(大泣)


ちなみに私は多分乗れません。(多分というのは実際に乗ってみてないから、笑)ダンナも乗れないそうなので、我が家で竹馬出来るのはムスメだけである。

ムスメの学校では秋の運動会で2年生の種目に障害物競走があり、その最後が「竹馬」なのである。昨年の運動会を見ながら「竹馬、来年までに練習させないとね~」などと言っていたのだが、心配するまでもなくクリアしたようだ。これで運動会も楽しみになることだろう♪

あとは「逆上がり」達成が目標か。こちらはすでに夏休みの短期集中コースに申し込んであるのだ。成果は如何に?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

リコーダーに夢中!

2009-06-02 10:26:52 | 音楽
昨日、我が家に木製リコーダー到着。
ソプラノとアルトと2本セット。

ムスメがあまりにピアノを練習しないので、「こやつは鍵盤楽器には向いてない」と悟った私(笑)、「ママのできない(ここがポイント)」楽器を何かやらないかな~、としばし思案。
ヴァイオリンとかフルートとか、前からやって欲しい楽器はいろいろあるのだけど、音を出すのに一苦労するものはキャツも私も挫折する・・・

で、ひらめいた、リコーダー!
これならとにかく音はすぐ出る、3年生から学校でもやるので損はなし、何より暖かく素朴な響きがたまらない、あわよくば私も吹きたい(笑)、ってことで即決♪
楽器、楽譜、DVDなど早速いろいろ注文し、通販でもストレス発散、お金も発散

とはいえこの楽器、日本ではまだまだ「学校教材」もしくは「子供のおもちゃ」のようなレッテルを貼られ、ずいぶん不当な扱いを受けているようだが、バロック界では立派な花形楽器、ヘンデルやらバッハやら素晴らしい作品もいっぱい残っているのだ。しかも幸運なことにうちにはチェンバロもあるではないかっ!ムスメが上達したらいつかはヘンデルのソナタとかお家で出来るのだ。嗚呼、夢はふくらむ
(私が吹いてムスメがチェンバロ、って可能性もかすかにあるが)

で、ムスメの反応は・・・予想以上に好感触!
昨日、楽器を見つけたムスメは大喜びで早速吹きまくる。小さい手には孔をきちんと押さえるのはなかなか難しいのだが、とりあえず「ソラシドレ」は音が鳴るようになった。5つ音があるとけっこうな曲が吹ける。「メリーさんの羊」「ジングルベル」「チャルメラ」「ミツバチマーチ」etc、etc・・・
ムスメはドレミがわかるので、こういうとき知ってる曲ならすぐ吹けるのは強みである。ヤマハに行かせておいて良かった(笑)。
そろそろやめろ、と言っても吹き続け、宿題も風呂もそっちのけで吹いていた。(宿題は後で鬼母の手により無理矢理やらせた)

驚きは今朝。
普段、なかなか起きられないキャツは、今朝は目覚ましが鳴る前に自ら起き出した。リコーダーを吹きたいがため、である。しかもいつもさぼる洗面・着替えもさっさとすませ、朝からピーピー吹いているのである。リコーダーは子供の自立にも効果的!
どの部屋にいてもどこからか笛の音が近づいてくる様子は、まさに「ハンメルンの笛吹き」がやって来たかのようである。近所の子供らが集まってくるかもしれん。

ムスメを予想以上に魅了したリコーダーであるが、実は私にも「やりたくなるオーラ」をふりまいている。またあの「別の楽器につい手を出す器用貧乏性分」がむくむくと・・・(笑)
というわけで、ワタクシも鬼の居ぬ間・・・もとい、ムスメの居ぬ間にこっそり上手くなってやろうと画策中。

しかしこのリコーダー・ブーム(まだ1日だけど)、いつまで続くか?ハンメルンの笛吹き君と共にいつかは去ってしまうのか?
できればしばらく滞在してて欲しい!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

お尻にトゲの刺さった女

2009-05-08 11:57:31 | 家庭
4月のレクチャーコンサート後、GWは遊びまくるぞ~!と大混雑も予想される中、行ってきました、阿蘇へ。
上手に渋滞もくぐり抜け、テレビでおなじみ、天才チンパンジー・パン君のステージも楽しみ、さて日記に旅行記でもアップするか、と思った矢先・・・


連休後、登校第一日目のムスメ、学校で負傷。。。


何でも、ウッドデッキで遊んでいて、尻もちをついた体勢のまま男子に引きずられたところ、お尻に無数の「スイバリ」が刺さったという・・・ まさに「ナサケツ」である。
保健室であらかた抜いてもらったが、小さいものは取りきれないし、担任が男の先生なので、2年生とはいえ、さすがに見てもらうわけにはいかないとのことで「お迎えに来て下さい」とのこと。

どんな重傷かとあわてて駆けつけたら、ムスメはケロッとして宿題をしていた(もとい、やらされてた)。
傍らにその男子のお母さんが来ていて、顔を見るなり「このたびは本当に申し訳ありませんっ」と涙目で必死に謝って下さるので、「いえいえ、お気になさらないで。大したことなさそうだし、うちもしょっちゅう加害者になったり、お転婆ですからお互い様です・・・」
(そう、ムスメは私がツアー中に男の子とケンカになり、ケガをさせていたのだ・・・まだ1ヶ月も経っちゃいないのに!)

別室でお尻を見ると、いくつも赤いポツポツがあるものの、本人も元気だし、大丈夫そう・・・ただ、その後念のため外科に行ったが、「取りきれなかったところは化膿する可能性もあるかも」とは言われた。ま、様子を見るしかない。

保健の先生にとても誉められたのが、ムスメはトゲを抜くとき(針でほじくるのだが)、泣きもわめきもしなかったこと。「痛みに強いお子さんですね」と。外科でも針でホジホジされてるのは見てる方が痛かったが、本人は「痛くて笑いが出る~!」と笑いながら耐えていた。我が子ながらあっぱれ!

その加害者の男の子だが、お母さん同様、半泣きでしょんぼりしていたのがかえって気の毒。。。ただ遊んでいただけなのにね。
で、ムスメに「アナタも前回、ケガさせた男の子に謝るときは泣いたの?」って聞くと、
「ううん、全然。」
だって。

代わりにダンナが涙目で謝ったそうです・・・
コメント   トラックバック (2)
この記事をはてなブックマークに追加

オフィーリア終了!

2009-04-23 10:30:59 | 音楽
おかげさまで「オフィーリアの歌を巡って・・・」全3公演、無事終了いたしました。
お越しいただいた皆様、ご協力下さった皆様、本当にありがとうございました!
この場を借りて厚く御礼申し上げます。

今回は出演者が4月まで会場地におらず、宣伝的に難しいと思われていたのですが、多くの方のご協力の下、予想外にどの会場も盛況で本当にありがたいことでした。

しかし、間に移動日を入れてとはいえ、3連続ツアーというのはなかなか体力的にはきついことも判明。最後の関西公演の前に、今回の企画・解説者jikimiさんとマッサージに行ったんだけど、「お客様、背中パンパンに張ってますよ!立ち仕事か何かですか?」と尋ねられ、「はあ、旅行中なもので・・・」と力無く答えた私でありました。

しかも今回は3会場でそれぞれ違うチェンバロを弾くということで、不安と楽しみが半々でしたが、終わってみるととても楽しかったです。リハで楽器に「はじめまして」をし、弾きこまないと指に馴染まないのでひたすら必要以上に練習し、仲良くなった頃にコンサートが終わる、という繰り返し。3台とも種類も音色もタッチも違って、違う彼と次々デートをするようで面白かった~。

それぞれの会場では懐かしい人・おなじみの人・初めてお知り合いになる人と、多くの出会いがあり、これもまた嬉しいものでした。

で、1週間ぶりに広島に戻って来ました。
ちょっと体を休めたら、ゴールデンウィークはすぐ!
(おっと、その前に精算事務があるからまだ休めない、曝)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

時間が欲しい!

2009-03-31 08:39:09 | 音楽
ああ、3月が終わってしまう~!!!

4月16・18・20日のレクチャーコンサートを前に(その前にもう一つ本番あるが、ま、それはなんとかなる)、マジで1日30時間くらい欲しい、お尻に火のついたワタクシです。

4月に入るとカウントダウンなわけで、なんとか3月中に形を付けて・・・と目論んでいたのですが、レッスン、ムスメの春休み、行事、習い事の送迎もろもろで結構時間を取られてます。。。

昨日も音楽教室のメンバーでレッスン前に錦帯橋に花見のお誘い・・・断ろうかと思ったけど、ムスメが可愛そう。
そこでレッスンの合間にムスメを電車に一人で乗せ、岩国駅で拾ってもらい、合流させる。私は午後から車で合流、という強攻策。
おかげでムスメも楽しい1日が送れ、よかったよかった!(その後の音楽教室のレッスンはアクビ連発してたが。笑)

というわけで、最近ブログもなかなか更新できなくてすみません~ 。。。
(今に始まった話ではないが)

では今日はこの辺で。
頑張りますのでコンサートいらしてくださいね♪
詳細はこちらです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ムスメの日記から

2009-03-05 09:39:35 | 家庭
気が付けば3月。
今年のひな祭りはムスメと二人で手巻き寿司~♪
最後は巻くのが面倒になり、マグロを刺身状態でむさぼり食ったムスメでありました。。。


さて、ムスメの学校では「百日記」という取り組みがある。まあ、好きなときに日記を書き、百枚たまったら製本してくれる、というもの。
1年生のムスメは現在15枚・・・先は長い。

良い作品は時々クラスで発表されるそうで、ムスメの日記も最近発表されたらしい。ではその一編を。(原文ママ)


2月9日(月)
きょう、そうじをしました。コロコロをかけるときがちょっとむずかしいんだなーとおもいました。
そうじをしたからけいさんカードがはやくできたのかな、とママがいいました。
コロコロのよごれがついたのをはがすのがとってもむずかしいけどがんばったらできました。
けしゴムのかすなどいろんなものやかみのけもたくさんありました。
つめきりのつめもあっておこめのかたくなったやつが1つありました。目には見えないゴミがたーくさんあるんだな、とおもいました。
えんぴつがおちていたのでひろってかたずけました。

*****************************

先生のコメントに「おもしろい百日記です。ゴミの大はっけんですね。」と書かれていた。ふむ、たしかに面白いしよく書けてるから、クラスで発表されるのもしかり。と、同時に我が家がどんなに汚いかをも彼女は発表してしまった。(笑)。


さてもう一編。これは昨日書かれたものである。


3月4日(水)
わたしは、お弁とうをいつものこさずたべます。お母さんにほめられます。とってもうれしいです。お弁とうはとってもとってもおいしいからぜーんぶ食べます。デザートはみかんです。みかんは大好きです。いっつもぜんぶ食べるのでとってもとってもすっきりします。

*****************************

ワタクシ、これを読んで不覚にも涙が出ました。
オーバーですが「お母さんやっててよかった」と思える瞬間でございました。。。
1年生のお弁当作りもあと少し。頑張るぞっ!と決意を新たにした母であります。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

知らないおじさんからもらったドーナツ

2009-02-24 08:57:21 | 家庭
ううう~。
いま一度日記を書いたのに、確認画面までいったところでいらんキーに触っちゃった。。。 で、全て消える、と。
ショック。


内容はデスネ、「昨日知らないアル中っぽいおじさんから、山のようにミスドのドーナツをもらった」という記事。
では気を取り直して。

フード・コートでムスメとマック食べてたら、昼間から顔の赤い、ワンカップ大関を手にしたアヤシイおじさんがムスメのことをじ~っと見つめてた。「ひぇ~、どうしよう・・・」とあわてているうちにおじさんはミスドに向かい、ドーナツを買ったかと思うと、その大きな包みを我々のテーブルに置いた。ムスメに「ええ子じゃ、ええ子じゃ」と微笑みかけて「これ、食べ~や。。。」とつぶやいているので、これは突っぱねるより素直に受け取った方がよいと判断し、御礼を言ってとりあえず受け取る。

明らかにアルコール問題をお持ちの方のようで、ちょっと怖いし気持ち悪いが、幸いというかおじさんの表情に悪意はなさそう。で、大急ぎでマックを詰め込み、ドーナツを手にその場を逃げるように離れた。

。。。というわけで今、大量のドーナツが家にあります。
ドーナツに罪はないのでありがたくいただきますけどね、あれでよかったんだろうか、私の対応。一応ムスメにはいろいろ説明し、「今回はママがいたからもらったけど、普通は知らない人からものをもらってはいけない」と言ったんだけど、説得力に欠けるか???

あ、ちゃんと短く書けましたね(笑)。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加