グリーフ・ピア「言の葉*ことのは」

~死別喪失と予期悲嘆の愛(かな)しみを共に分かち逢う場~

6月の分かち逢いの場を終えて…

2017-07-12 00:09:30 | 日記
こんばんは。
グリーフ・ピア「言の葉*ことのは」の
石田です。
毎日、とっても暑い日が続いていますが
体調など崩しておられないでしょうか。
すっかり、ブログを更新するのが遅くなって
しまいましたが…

先月6月紫陽花の季節の分かち逢いの場は
残念ながらの雨模様…
そんな中、前回 訪れてくれたNさんが
再び、お越しくださいました。

ふたりで、お昼をご一緒させていただき

美味しいお蕎麦をいただいたあとは…

グリーフ・ピア「言の葉*ことのは」
分かち逢いの場の始まりです。
先日、6月22日に小林麻央さんが乳がんで
お亡くなりになられた直後でもあり、
ブログを通じて、私たちにたくさんの
メッセージを、
生きる勇気と希望を与え続けてくれた麻央さんに
心を込めて…
おりんの音と共に、黙祷を捧げさせて
いただきました。

そして、麻央さんがBBCに寄稿された
「色どり豊かな人生」を朗読させていただき
ました。

すでに、たくさんの方が読まれたことと
思いますが、一部抜粋してご紹介させて
いただきます。

***********************

人の死は、病気であるかにかかわらず、
いつ訪れるか分かりません。
例えば、私が今 死んだら、
人はどう思うでしょうか。
「まだ34歳の若さで、可哀想に」
「小さな子供を残して、可哀想に」
でしょうか??
私は、そんなふうに思われたくありません。
なぜなら、病気になったことが
私の人生を代表する出来事ではないからです。
私の人生は、夢を叶え、時に苦しみもがき、
愛する人に出会い、
2人の宝物を授かり、家族に愛され、
愛した、色どり豊かな人生だからです。
だから、
与えられた時間を、病気の色だけに
支配されることは、やめました。
なりたい自分になる。
人生をより色どり豊かなものにするために。
だって、人生は 一度きりだから。

小林麻央さんBBC寄稿
「色どり豊かな人生」より一部抜粋
***********************
麻央さんの遺してくれたかけがえのない大切な
言の葉と共に、麻央さんの大好きな思いでの曲
平原綾香さんの「Jupiter」を聴きながら…
麻央さんの想いに触れるひととき…

麻央さんの最期に…
愛する亡き人の最期が重なって逝く…

「がん」という病気で愛する人の最期を看取った
ものの苦しみ愛(かな)しみ切なさが…

ひとひら

ひとひらと…

二人の坐わる空間に重なり
舞い降りる…

ふと、
お部屋からお庭を眺めると…

雨にしっとり濡れた紫陽花の美しさに
愛(かな)しみに曇った心がほんのり
癒されてゆくのがわかる…

そして、気がつくと
終わりの時間…
おりんの音と共に分かち逢いの場が静かに
閉じられてゆきました。
その後は、温かいお茶をお淹れして…

Nさんが差し入れてくれた手作りのおやつを
互いの大切な人と共にいただきました。

Nさん、「ジンジャーマドレーヌ」
とても美味しかったです。
有り難う御座いました。

ちょっと長くなってしまいましたが…
今回も「言の葉*ことのは」の拙いブログを
最後まで読んでいただき、有り難う御座います。






ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「言の葉*ことのは」今後の... | トップ | 7月の「言の葉*ことのは」... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。