騎士伯爵の日記部屋

ここはアニメ・ゲーム等の迷言、迷シーンを愛する男のブログ部屋です

こずえ「なめてんのかー・・・こぞー・・・」

2016-10-08 | 二次創作感想

さて、今クールから始まった二次創作感想、三度目は和風少女をグルメに仕立て上げるべく、北へ南へと行く羽目になったPシリーズ、通称紗枝めし!の最新作をば

しかしまぁ、この手の作品でのお約束と言うか まさか飯が届かないって一体…… そりゃPからすりゃ、管轄外だとしか言い様が無いわな、こりゃ
つーか、真面目な話子供もいるんだし、状況的にマジちゃんとしろや、としか言い様が…… 別に大食いシスターは別段関係ないよ?(ぉぃ
しかしまぁ、神戸と言う土地と出身地故に、Pが行く所を即気づくシスタークラリスって半端無いな ここで遊戯王のボケをブチカマすこずえもこずえなんだろうけど
つーか、そのイメージからしても、和食を普段から食ってる身として云々抜きにしても、やっぱ本場となれば目移りしちゃうのは致したかない 私も多分そうする
そして今回のメインであるカレーパン、確かにアレはねぇ…… 確かに美味いけど、手が…… でも、この手の食べ物から手を保護するための紙とか置いててもいいような気もするが 

にしても、飲み物でボケをブチカマすPのネタを全力で拾えるこずえって一体何者!? そりゃ他の作品でも不可思議キャラで扱われてるけど、そりゃ他の連中もマジ吃驚だわ!?
でもまぁ、それを抜きにしたら、やっぱり11歳の女の子って訳ね まさか食べるときにPに全力で甘えに行くとは思わなんだ
そして日本だというのに出てきたパパラッチって…… Pが駆除を依頼したのは何処の誰になるのやら…… モバマスの場合、その手のキャラが少なくないからなぁ……

それはそれとして、紗枝が留守の間KBYDの代打バッターがまさかの乃々かよっ! 一体全体コレ提案したの誰だよッ! 多分ユッキだろうけどさぁ……
つーか、そのユッキ、全力全開で二十歳児行動全開だなオイ…… まぁ、そのおかげで乃々がちゃんとアイドルの仕事やってる、ってのもあるんだろうけどさぁ……
にしても、その乃々を問答無用に引きずれる幸子って一体…… この行動からしても、普段Pからどんな扱いを受けてるのかが、激しく理解できるというもんだわな、そりゃ ある意味ぷちますの伊織って所か
しかし、試食の感想のトップバッターを乃々に指示しておきながら、ユッキは自分から食うって…… アンタ仕事をなんだと思ってんの!? と思ったら、普段はここで紗枝の雷が落ちてる所なのね……
てか、ここでの乃々の食いっぷりが好評とかどんだけー そういえばガールズ劇場でもリスコスプレした時に拓海に全力で可愛がられてたなぁ…… ある意味納得
どっちにしろハッキリ言えるのは、オチのユッキケツバット百連発は超納得と言うことでー そりゃ仕事中にビール飲んで寝たらそうなるわっ!

ゆきさん コメントありがとうございます
こういう人がいるからこそ、普通の要望までもが一緒くたにされるのが辛いですね…… そうそう無いだけになおさら

それではまた明日♪ 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« そりゃ、気持ちの良いもんじ... | トップ | ユージン副団長「敢えて言う... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
転載? (ゆき)
2016-10-09 14:40:08
元投稿自体は2chかなにかにされてるんですねぇ。自分のブログとかpixivの小説とかのサイトじゃないから、見ない人にはまったく目にする機会はない感じもしますが…こうやって転載されてるといいですね(笑)。
実際は転載するサイトは害悪だと言われる事が多いですが…まぁ多すぎてグレーもいいとこですしね(笑)。
しかしやっぱり登場人物が名前くらいしか知らないキャラがいますなぁ…ユッキは野球ネタで有名なので知ってるんですけども(笑)。
>ゆきさん (グラーフリッター)
2016-10-09 18:46:37
確かにこの手のサイトで掲載されてるのは、どーも2chからなのが多いみたいですね 私もまとめサイトでしか目にしたことが無いです
まぁ、そりゃ害悪な部分もあるんでしょうが、それでも個人的にはありがたく使わせてもらってますね

私も最近になって大体のキャラを良く知るようになりました 某シンデレラジオに感謝(ぁ

コメントを投稿

二次創作感想」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。