騎士伯爵の日記部屋

ここはアニメ・ゲーム等の迷言、迷シーンを愛する男のブログ部屋です

桐原さんの息子「椿さんは日本が生んだ美の化身的な物で……」

2017-07-14 | アニメ 漫画 映画

一昨日宣言した通り、本日は椿さん第二巻の感想ですが、まぁ流石に第二巻になっても椿さんの明後日の方向のチートっぷりは変わりませんね、流石に
まぁ、それもこれも、当主たる爺さんが、(勿論妙な方向で)悪い事も、トコトン突き詰めろ、と言う信念が一因なのは事実か ほんと、あの怒り方はどうかと……
でもまぁ、「良い意味で適当な行動が出来ない」その性格が悪い方向に出るのが何とも つか正月……つーか大晦日の大掃除ってあそこまでとことんやるモノなの? 色んな意味で椿さんはアレである
と言うか、一人一本な商品を、変装してでも買いに行くなんて、妙にセコい一面も有るのな、椿さん…… まぁ、そこは妙齢の女性の節約術なんでしょうが
そんな椿さんにまさか弟がいるとは しかし、なんというか何とも考えが古いというか そりゃあ椿さんチートだしモテるから結婚も、と言うのは分かるけどさぁ……
とりあえず、あの押し付けがましい考え方を捨てたら、バレンタインチョコももらえるし、珍妙な考えも捨ててくれるとは思うけど まぁ、流石にカラオケで初っ端から蛍の光は……うん
つーかまぁ、そんな人だけに周りからもチート扱いの美人さんなのは分かってるけど、それでも弱点の一つや二つある、って事を理解しないかい、商店街の皆様方よ……
そりゃあさ?花粉症対策で色々こう……妙なイメージが出て来るよ、そりゃ?でも、だからこそ我慢せにゃあならんと言うのが……ねぇ? 塔の本人大変なんだしさぁ? ねぇ?
と言うか椿さんセコいのかセコくないのかよく分からん そりゃあ某あっちこっちでもホワイトデーの三倍返しのネタは有ったけど、まさかホワイトデーのお返しで…… 凄いよ椿さん
でもまぁ、色々凄い椿さんだけに、学校でもネタに困らないようで まさか孫の友人がカツアゲのノリで椿さんの話をするとは思わんだ まぁ、言わなきゃダメだよね、アレは
それでもまぁ、エイプリルフールのネタは……流石に性質最悪と言うか 後でお詫びしてるとは言え、それでいいのか商店街の皆様方! 一つはっきり言えるのは、一番バカなのは椿さんの弟だな、うん
にしても、今まで使ってなかったっポイとはいえ、まさかPC云々の知識が無かったとはねぇ…… 流石のチートも、使ってなかったら知らない、と言う訳か そりゃあそーだ
それでもその知識をあっさり習得するあたり、椿さんはチートとしか言い様が まさか某乃莉ちゃんの如く、PC組立とは…… いや、あちらは某乃莉ちゃん自身が組み立てた訳じゃあ無いだろうけど
と言うか、やっぱ草野邸、その広さから泥棒の一人や二人は侵入するもんなのかぁ…… デモそこは流石椿さん、その対策をしてるとは 何とも凄い女傑だよ、椿さんは
しかし、その邸宅、文化財と言うよりはむしろ…… 先代の存在もあるんだろうけど、むしろアレはやっぱ椿さんがチート過ぎる故、だな、うん
そんな椿さんだけに、その椿さんに惚れる男も無茶苦茶と言うか まぁ、美の化身的な物、と言う評価は何とも適切でしょうけどね 全く持ってその通り!
と言うか最終巻の七巻までこんなノリなんだろうか? ある意味最後まで見たいような見たくないような……

ゆきさん コメントありがとうございます
確かに効率よく行動しなきゃ、即詰みなゲームでしょうねぇ…… 色んな意味で判断が難しいゲームだ……

それではまた明日♪

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« クリアしてないゲームクリア... | トップ | P「勝手に裸になってろ!」  »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こうして見るだけで (ゆき)
2017-07-15 16:40:01
ホントに何者なんだという感想しか出てこないですねぇ、椿さん(笑)。
家政婦やってるスペックじゃないわりに、どこか抜けてる部分もありつつ…それでいてやっぱりかなりの有能さ。年齢不詳なところもまた謎というか…
まぁ、稔の母親と大学の同期らしいので、実際には…歳くらいだってことなんでしょうけども。そうは見えないですけどね(笑)。
 (グラーフリッター)
2017-07-15 17:17:45
ホントに訳が分からんとしか言いようが無いですよね 勿論いい意味で、ですが
もうこれでもか、と言う突き抜けたレベルで、だけど抜けてるだけに嫌味が無いのが凄いですよね 彼女に勝てる人減はそうそういないだろうなぁ…… 某秋子さん春夏さんくらいか
外見も外見で何ともチートすぎるというか ほんと、そうは見えないんだよなぁ

コメントを投稿

アニメ 漫画 映画」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。