Grenと小町な日々Ⅱ

黒猫グレンとキジトラ小町と黒ちゃんと
こんたの、興味ある事柄。

素麺と冷や麦。

2017-07-17 10:35:52 | 

17.7.16



黒ちゃんです。

 

お口。



ごろん。

 

小町も。

 

昨日のおっちゃんさんと

くりすさんのコメントは

とても興味深く読ませて

もらいました。

おっちゃんさんはうどん県の出身だし

くりすさんのところは、手延素麺

作ってらしたのですね。

小麦のいい香がしたとのコメントは

育った人でしかわからないでしょうね。

 

ちなみに今はおっちゃんさんのおっしゃるように

太さで分類されているそうです。

但し例外もあるそうで

 

素麺は断面が丸く

冷や麦は四角いなども

機械切りが主流になり

わからなくなったとか。

 

北斗 晶さんがシュフの一品って

紹介している番組で

韓国風素麺を月島の人気店

韓灯の金 順貞さん

が作っていて

素麺を茹でたら、そのまま氷水の中に

入れて本当によく揉んでいた。

こうすると美味しくなるのだろうなって

見ていて思いました。

 

こんたは笊に上げて

水道水で冷やすだけなので。

 

 

『猫』 ジャンルのランキング
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 発剄よい! | トップ | そこにいるけどそこにはいない。 »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (おっちゃん)
2017-07-17 12:19:40
黒ちゃんの写真、
二枚目がちょっとうっとりしているような…優しそうな顔に見えます。

小豆島の素麺づくりは、室町末期に三輪素麺より製法を学んだのが始まりだそうです。
その後、幕府の介在で小豆島の農民が荒れた島原の開墾に駆り出されてから島原素麺が作られるようになったとのこと。
島原素麺の伝承に関する詳細は確かかどうかは不明ですが、
島原の乱で農民がいなくなったので小豆島(他地方からも)から移住させられた農民が多くいたのは記録にあるようです。
また、私は揖保素麺のパンフやCFの仕事を10年ほどやっていたことがありますが、こちらは多岐に渡って凄い産地です。

ちなみに、うどん県では今も切り麦を作っている家庭は少なからずあるようです。
お店でも注文すると作ってくれるところがあると思います。
Unknown (くりす)
2017-07-17 12:55:37
黒君の2枚目のお顔がなんとも言えないような(o^ω^o)
嬉しそうな眠そうなお顔で可愛いなぁ
黒君と小町ちゃん、今日も一緒なんですねぇ
いいことだなー
小町ちゃんのお手々がグーの姿もいい!
素麺、ゆであがったらすぐに冷たい水で〆てましたね
腰がある美味しい麺になるんだろうなぁって
小さいころから見ながら思ってました
おそばとかうどんとかもそんな感じですもんね。
Unknown (こんた)
2017-07-17 22:31:02
おっちゃん様
黒ちゃんの2枚目の写真
優しい感じに撮れました。
wikiなどをみると
室町時代あたりのようですね。
小豆島から島原へ
そんな歴史が
あったのですね。
揖保素麺は有名ですよね。
そういうお仕事されていたなら
お詳しいはずですね!
お店で食べられるところも
あるのですね。
Unknown (こんた)
2017-07-17 22:35:20
くりす様
ほんとなんとも言えない
おっしゃる通りの顔して
いますね(^-^)
小町が起きてくると
黒ちゃんが出てきて
グルーミングしてます。
やはり素麺は冷たいお水で
締めるのが美味しい
ですよね。
Unknown (きらちろママ)
2017-07-18 00:28:39
みなさんおっしゃるように、黒ちゃんの顔が穏やかになりましたね。
男の子は、キツイ顔のコが多いし、まして外猫だったコだという見方を
してしまっていたのですが、ほんわかした顔をしていると嬉しいです(#^.^#)
眠いだけなのかな?(^_^;)

素麺と冷麦、太さが違うだけだと聞いていますが、食べ方は
違いますよね。
そうめん流しのように、水につけた状態で、すくって食べるか、
笊にあげておくか…。
でも、最近はいろんな食べ方や味付けのしかたがあるので
どっちも好きです(^_^メ)
Unknown (こんた)
2017-07-18 20:04:10
きらちろママ様
黒ちゃん、来たときから
甘えっ子でした。
でも遠慮してたのかな。
なかなか2にゃんは
難しいです。
流し素麺!
こんたはどんくさいので
食べ損ねそうです(^^;
どちらも美味しいですよね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL