犬と日々のあれこれ

犬のしつけ・出張訓練をしています。
日々の出来事をいろいろ

12月の行事予定

2011-11-29 | 日記


3日(土)4日(日)
オプデスアジリティ競技会
場所
福岡県朝倉市原鶴温泉多目的広場

18日(日)
オプデスチームテスト
場所
青雲ドッグスクール
申し込み締め切り12日(月)

24日(土)
IPO試験及び単科目競技会
詳細はジャパンシュツフントクラブのホームページをご覧下さい。


本文と写真は、一切関係ありません。

シャチホコ(左。チームウルフ1号)は元気です。
2号は都会留学を終え、明日帰宅。

この記事をはてなブックマークに追加

韓国プチ列車旅行

2011-11-27 | 日記
韓国でのジーガーショーも2日間の日程を終え、翌日午後便で帰国予定でしたので、のんびり電車に乗って釜山まで戻りました。
大型犬を飼っていると、列車やバスと言った公共交通機関での旅が困難ですが、今回は犬たちがいませんので、列車の旅を楽しむことに。

KTX(韓国版新幹線)で東大邱駅から釜山駅までの旅でした。

東大邱駅に到着すると、早速切符を購入。本数が多いので、盆正月などの繁忙期でなければ、予約無しでひょいと乗れます。
以前旅行したときが、丁度韓国のお盆にあたる時期で、列車は満席で頼みの綱の高速バスも7時間待ちという痛い目に遭ったことがあります(-.-)


タッチパネルの自動券売機に挑戦。






無事切符購入

(最初は、クレジットカード専用の券売機に無理矢理現金を投入しようとして、あえなく撃沈)
釜山まで約40分で13900ウォン(1000円足らず)安い!

案内で乗り場を確かめ

改札へ。

あれ?
改札がありません。
そのまま直でプラットホームへ。見送りの人も出入り自由。
これは列車内で検札があるんだな、きっと…。

なんだかホームと線路の段差が低い(60センチぐらい?)

これだったら万が一ホームから転落しても大丈夫?

さてさていよいよ列車到着


わくわく♪
鉄ちゃんではありませんが、かなり電車好きです。



KORAILって、略してKRなのか?

あれ、電車とホームとの隙間がかなり広い…。


ステップが出てきてもかなりの隙間が!


韓国っぽくてかなり良い感じ。

長くなりましたので、続きはまた次回に。

この記事をはてなブックマークに追加

みんな大好き

2011-11-26 | 日記
大多数の人から絶大なる支持を得ている高級ブティックユニクロ。

冬物を買いに、ちょっと行ってみました。
大人気のため、駐車場は満車。
ですので、閑散としていた隣の別店舗の駐車場にコソーリと車を停めてきました。←悪い大人

高級ブティックの店内は、家族連れやカップルなどで大賑わい。そこは一大レジャーランドと化していました!


購入したダウンジャケットは、今しきりに宣伝してるアレです。
噂通りの軽さと柔からさで着心地抜群!
あまりに気持ち良いので、夜の犬のトイレ出し後は、そのまま寝間着にして就寝。←だらしのないだめな大人

他には暖かいパンツとかいうのも購入。
デザインもスッキリしてて良い。

何かと重宝する高級ブティックユニクロ。
季節の変わり目にはよく行きます(^^)
え、あなたもですか?やはり。

この記事をはてなブックマークに追加

韓国飼い犬事情

2011-11-23 | 日記
韓国ジーガーショー見学ツアー番外編2

ショーの見学の合間に大邱の街を散策。
すると、ありましたありました!
ペットショップ。


その名も『仔犬大統領』何が大統領なんだかよくわかりませんが…。

日本人的には、ちょっと「?」っていう名前をつけることのある韓国人。
ジーガーショーの目録の訓練所紹介欄のところには、『自然が美しい愛犬訓練学校』←屋号が!という訓練所がありました。
ネーミングの感覚がちょっと違いますよね。
『愛犬〇〇学校』などと、『愛犬』を前面に出した訓練所名が多いのも印象的でした。ということは、警察犬などの特殊な犬でなく、一般愛犬家の家庭犬を訓練のターゲットにしているのでしょう。

因みに、台湾だと、『全勝訓練所』とか、『必勝訓練所』なんて名前の訓練所がありましたっけ。
台湾人の勝利への飽くなき追究心故でしょうか?

さて、その『大統領』の前には、何故か人だかりが…?
行ってみると、ショーケースのブルテリアの仔犬が、ケースの壁をよじ登り、今にも転落しそうになっているではありませんか!




(右奥に注目)



みんな、「あらまどうしましょう!」て感じで、ハラハラしながら見ていたのでした。
どうもこうも、入り口は鍵がかかっており、店内には入れませんので、ガラスを叩いて奥に居る店員に知らせましたが、出てきた店員は、ニヤニヤしながら、仔犬が落ちそうになるのを見てるだけでした(--;)

韓国では、日本と同様、店頭での生体販売は当たり前。
こちらの国では、同じ職種の店や工場が集まって、一つの街を形成してる場合が多いのですが、実はソウルに、通り全部がペットショップという街があります。
そこのペットショップを覗いたことがありますが、日本のペットショップよりもさらに劣悪な環境で生体販売がなされておりました!
小さな一つのショーケースに色んな犬種ごちゃまぜで、10匹ぐらいぐっちゃ~と仔犬が入っていました。小型犬も大型犬もいっしょくた(^^;

ちょっとファンシーなたたずまいの店なんですが、どの店のショーケースも『ぐっちゃ~』でした。
そのファンシーな店々の中に、数件ちょっと雰囲気の違う何だか地味な店がありました。
売ってる犬も、珍島犬ぽいような、韓国の土着犬(雑種?)。しかも成犬。
こんなとこで、『華』の無い韓国の犬、しかも成犬を売って売れるのか?疑問に思った石原訓練士は、すぐに店のアジョシ(おっちゃん)に尋ねてみました。

「この犬どっち?」
アジョシ曰く「どっちでもいいよ」

勘の良い方はもうお分かりですね。
ペット用か食用か、と尋ねてみたのでした。

ペットと家畜の境目も曖昧な韓国の愛犬たち。

さすがに、小型の愛玩犬種は、純然たるペットとして販売されていましたが。

そしてジーガーショーの会場に戻ってみると、全犬種のドッグショーのコーナーにこんな方々が


日本にもいる『乳母車族』←説明しよう。老犬や病気でもない犬を乳母車にのせて、街や公園をねり歩く犬飼い族のことである。
複数の犬をのせている場合が多い。

韓国にもいるんだ、ふ~ん。
側に行って、「元気な犬は歩かせろ!ごらぁ!!」と、(多分)日本語が分からないことを良いことに、わめいて来ました(笑)

今、韓国ではトリミングや訓練の専門学校がたくさんできて、生徒も増えてきているそうです。
4年制の大学に、犬の訓練の学科が設けられたりして、盛況だとか。
韓国でも市民権を得てきたペットや伴侶としての犬文化。
これがどんな風に発展していくのか?
怖いもの見たさで見守っていきたいと思います。

ソウルのペットショップ街、興味のある方は行ってみて下さい。
ソウル地下鉄4号線忠武路(チュンムロ)駅からすぐ。愛玩動物市場(エワントンムルシジャン)です。
(衝動買いはやめましょう。検疫制度の厳格な日本には連れて帰れません)

この記事をはてなブックマークに追加

ちょっと困った出来事

2011-11-19 | 日記


先日車を運転していると、助手席付近で蠢く緑色の物体。
何かが視野を横切ります。

「?!」よく見ると、アマガエルでした。

助手席で飛んだり跳ねたりやりたい放題好き放題!
車内で行方不明になったら嫌だなぁ…、と思った次の瞬間、左手はカエルを捕らえていました。
捕まえたはいいものの、高速道路を走行中でしたのでなす術がありません。助手席の窓を全開にして、草木がたくさん生えてるところに投げ捨てようと考え、機会を窺っておりましたが、運転席側から道路脇まではかなりの距離。
しかも高速走行しながらの左手のスローイングでは、正確さは望めません。
一歩間違えれば、アマガエル大惨事です。

捕まえたはいいものの、処置に困り、途方に暮れてしまいました。

目の前には、1センチぐらい麦茶の残ったペットボトル…
麦茶だったら、カエルの皮膚に触れても苦しくないよな…(彼らは皮膚呼吸もしていますので)
いやいや、やっぱりダメダメ!

海上に掛かる橋を渡るとき、海に投げ捨てるか…いやいやダメダメ!
橋から海面まで数十メートル…いくら体重軽いって言っても落ちたら死ぬよね…て言うか、海水じゃ生きていけないし!

あーだこーだ思案しているうちに目的地に到着。
アマガエルは無事に野に放たれたのでありました。

30分以上手に握りしめられてたカエルは、体表の水分が若干失われ、ねっとりぐったりしていましたが、放されるとすぐに、元気に(必死に?)跳ねて逃げて行きました。
その後すぐに雨になりましたのでアマガエルの体力もすぐに回復したのではないかと思います。

ちょっと疲れるドライブでした(^^;


本文と写真は一切関係ありません。
釜山港で食べたラーメン(インスタント)

この記事をはてなブックマークに追加