犬と日々のあれこれ

犬のしつけ・出張訓練をしています。
日々の出来事をいろいろ

盛りだくさん

2016-10-11 | 日記

今年のWUSV世界選手権では
IPOに加え、アジリティやオビディエンス競技も併催で
ドイツ開催というこもあり、かなりのにぎわいを見せておりました。

アジリティとオビディエンス競技で
シェパードが百頭以上集まるのですから、さすがヨーロッパ。

しかしそこはシェパードのアジリティ。
いつも日本で見ているスピード狂競走とは違い
ほのぼのほんわかしてました。
オビディエンス競技もやはり、キビキビと言うよりも、確実にこなすという感じ。

閉会式のときの様子を見ていても
IPO競技の犬たちよりおっとりした印象を受けました。

小柄でよく動く日本のシェパードでアジリティを本気でやったら
この大会ではかなり良いところまで行くのでは?
シェパードでアジリティをやってる方は、参加してみてはいかがでしょうか?

あと、犬が皆ふっくらしてて、日本のアジリティドッグのように体重を絞り過ぎて
ギスギスに痩せた犬が一頭もいなかったことも印象的でした。



無事に終了した世界選手権。
今年も目を見張るようなニューヒーローヒロインが誕生しましたが
来年もまた新たなるスターが現れるのでしょう。

残念ながらチームの成績は振るわず、厳しい現実を見せつけられることになりました。
F1レースを軽自動車やファミリーカーで走ってる
と言う形容が当てはまるような圧倒的な犬の質の違い。
しかしそれでも
少しでも犬を良くするために、帰ったらまた訓練です(^^)
ジャンル:
モブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ケバブ屋 | トップ | suppon »
最近の画像もっと見る

あわせて読む