犬と日々のあれこれ

犬のしつけ・出張訓練をしています。
日々の出来事をいろいろ

それはまさかのケンチャナヨでしょ

2017-02-22 | 日記







熱心に真剣にIPOの訓練に勤しむキムチ国の訓練士たち。
しかし、冗談など言い合いながら笑いありの和やかな雰囲気の中での練習。


競技に出せば最高評価が得られそうな犬でも
最初はヤル気集中力が絶望的なぐらい無かったそうで
話を聞くと、様々な工夫や努力と忍耐力をもって
ここまでにすることがきたとのことでした。


3日間訓練を見せてもらって、これからの訓練のヒントになりそうなこともあり、収穫でした。



そして、今回3ヶ月齢に満たない仔犬も合宿に参加してましたが
零下10度近くまで気温が下がる夜間の彼らの寝床は何と
真っ暗な無人の公園のトイレ((((゜д゜;))))

理由は
暖房がきくのはそこだけ、だからでした。
何故にトイレが暖房付き??

確かに、ホテルの部屋に犬は入れられないし、車の中は冷蔵庫状態だし…
3日間でこの公園を訪れたのは野良犬と散歩の老夫婦と工事関係者だけだったし…。

ある意味正しい選択ですが、自分だったら絶対にできナイナイ。

もしいたずらされたら?
盗まれちゃったら?
って聞いたら

ああ?
ケンチャナヨ〜♪ギャハハハ〜
て笑ってました(^^ゞ


ここまで来ると、もう何が何だか分かんなくなる
ケンチャナヨ。
大事な仔犬をそんなところに置いて帰るなんて
あり得ないヨ。

てか、かなり良い仔犬だったので、アタクシが盗みに行きたくなったぐらいです(^.^ゞ


そしてもう一つのあり得ない?事件が
それはまた次回ご紹介することにしましょう。



こうしてキムチ国の夜は更け
公園のトイレに置き去りにされた仔犬は
心臓に毛が生えたケンチャナヨ精神を身に付け
キムチ国を背負って立つ名犬への第一歩を踏み出したのでありました。
ジャンル:
モブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« それは何でもケンチャナヨでしょ | トップ | それでもケンチャナヨなのだった »
最近の画像もっと見る

あわせて読む