Stand Fish !

あくまで、長年の個人的な経験と、たくさんの失敗、勘違いや間違いをしながらも身に付けた、音楽・楽器の話を中心に…。

今に成って知らなくても…。

2016-10-14 20:16:03 | 日記


自作でエフェクターを造る様に成った頃から、時代はTure Bypassの全盛期?だった事もあって、フット・スイッチは最初から9P/3回路が基本の選択だった。
何年かしてから、6P/2回路のフット・スイッチを使用するklon CentaurのCloneを自作するまでは、ずっと3回路のフット・スイッチを少しの迷いも無いままに使用してきた。

しかし、先日Orizinal Buffer/Boosterのフット・スイッチを、バイパス音色の改善の可能性の1つのつもりで6P/2回路フット・スイッチに交換してみて驚いた!
こんなにも原音の劣化が減少して、原音に近い感じのバイパス音なのか⁈

9P/3回路のフット・スイッチを2回路だけ使用とかって話では無くて、6P2回路のフット・スイッチのバイパス音色の方が、両者を比較してみると原音に近い感じで良いのである。

どおりで本物は勿論、自作したCentaur Cloneのバイパス音色(BufferがOnではあるけれど)が良いワケである。

今までに自作したTS808 Clone等には、今の所交換する必要性は無い感じだけど、エフェクター・ボード・ジャンクション・ボックスや、Buffer/Booster系等には6P/2回路フット・スイッチが最適だけど、当然エフェクターOn時のLEDの点灯が出来なく成るワケだし…。

自分が認識不足だっただけの話だけど、今頃に成ってこんな事実を知らなくても…って感じだ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« フット・スイッチで全然違う | トップ | 音の抜けが違う! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。