歩けば楽し


楽しさを歩いて発見

  思い出を歩いて発掘

   健康を歩いて増進

がん患者の5年後生存率は65%

2017-08-09 | 健康・病気
 がん医療を評価する指標として世界的に使われているのは、5年相対生存率。がんと診断された場合、治療でどれくらい命を救えるかを示し、5年無事に経過するとほぼ治ったと言える事から。
 国立がん研究センターは、2008年にがん診療連携拠点病院でがんと診断され治療を始めた患者の5年後の生存率を公表した。
 全てのがんを合わせると65.2%。前年の2007年から5年相対生存率は、64.3%と若干の向上。因みに、データは約10年前にがんと診断された患者のデータであり、現在の医療実態を反映しているとはいえないが、活用により医療の質の向上が期待される。
 ◆がんの部位別の5年相対生存率
 がん患者全体 65.2%
 前立腺   97.7%
 乳房    92.7
 子宮体部  82.8
 子宮頚部  75.6
 大腸    72.6
 ぼうこう  71.2
 胃     70.4
 食道    43.4
 肺     39.1
 肝臓    38.5
 膵臓     9.9

 早朝は雨。夜明けてからは曇り。
 公園の横の空き地で、”ボタンクサギ”の花が咲いている。去年も同じ場所で咲いていた。
 花は、赤いアジサイやボタンのようである。名(ボタンクサギ:牡丹臭木)は、牡丹のような花を咲かせる臭木という意味である。臭木とは葉や茎が独特の異臭を発するからであるが、葉や茎を切ったり折ったりなど接触しない限り臭わない。
 花穂はボタンに似ており芳香があり、枝・葉には独特の臭気がある、と言う。
 ボタンクサギ(牡丹臭木)
 別名:クレロデンドルム(学名から)
    ヒマラヤ臭木(ひまらやくさぎ)
    紅花臭木(べにばなくさぎ)
 クマツヅラ科クサギ属
 落葉低木、樹高は1m~2m
 原産地は中国南部
 開花時期は7月~8月
 花は小さなピンク色の五弁花を多数集合させた半球状(15cm~20cm)となって咲く
 花には芳香があるが、枝・葉には独特の臭気がある

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 国際情報五輪、日本高校生金3... | トップ | 2016年度の管理職の女性比率1... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

健康・病気」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。