歩けば楽し


楽しさを歩いて発見

  思い出を歩いて発掘

   健康を歩いて増進

iPS細胞の中からがん化する恐れがある細胞を取り除く技術を開発

2017-05-19 | 医学
 京都大学の斉藤博英教授らは、iPS細胞の中から、がんになる恐れのある不要な細胞を約2時間で除去できる薬剤を開発したと発表(5月18日)。iPS細胞を移植治療に使う再生医療の安全性を高められる。成果は米科学誌セル・ケミカルバイオロジー(電子版)に掲載。
 iPS細胞から神経・心筋などの細胞を人に移植する場合、未分化なiPS細胞(変化しないまま残ったiPS細胞)はがんなどの腫瘍になるリスクがある。現在は高額な機械を使って取り除く必要があり、より簡単で安価な手法が求められていた。
 開発した薬剤はアミノ酸の集まりでできた「ペプチドD-3」と呼ぶ化合物。変化していないiPS細胞と心筋の細胞に育ったものを混ぜ、開発した薬剤を加えた。2時間ほどで変化しないままの細胞がほぼ消えた。正常な心筋細胞には影響が出なかったという。マウスの精巣に移植したところ、薬剤を混ぜた場合は腫瘍ができなかったが、添加しない場合は8つの精巣のうち7つで腫瘍ができた。
 チームは「短時間で簡便に除去できる。iPS細胞を利用する再生医療の安全性を高めるのに役立てたい」としている。
 ◆iPS細胞は何故がん化する可能性があるのか
 iPS細胞が腫瘍化するには、大きく2つの理由が考えられている。
 1、iPS細胞から目的の細胞へ分化させる際に分化が不完全で、未分化なiPS細胞が混入する。このため、テラトーマと呼ばれる奇形腫(良性腫瘍)が形成されてしまう。
 2、iPS細胞を作製する過程や培養する過程でゲノムに傷がつき、iPS細胞が腫瘍化してしまう。

 天気は晴れ。気温は高くなく、風もないので過ごし易い。昨日植えたトマト・ナスの苗は元気・・良かった。
 近所のお庭で見つけた”ラナンキュラス・ゴールドコイン”。雑草やら他の花と一緒に咲いている。花径2cm前後の八重の光沢のある黄色い花で、名(ゴールドコイン)の様に金貨の花を思わせる。
 キンポウゲ(ラナンキュラス)属の植物は世界中に500種以上が分布すると言われる。園芸で”ラナンキュラス”の名前で出回っているのは、その中の”ラナンキュラス・アシアティクス(Ranunculus asiaticus)”からの改良品種が多くを占める。”ラナンキュラス・ゴールドコイン”は、中央アジア原産のレペンス種(Ranunculus repens:ハイキンポウゲ)を改良した園芸品種と言う。
 ラナンキュラス・ゴールドコイン
 英名:Ranunculus 'Gold Coin'
 学名:Ranunculus repens cv.Gold Coin
   ラナンキュラスの別名は、花金鳳花(はなきんぽうげ)
 キンポウゲ科キンポウゲ属(ラナンキュラス属)
 原産地は西アジア・トルコ地方
 園芸種は、半耐寒性の球根性一年草として扱う
 開花時期は4月~6月
 花径2cm前後、花色は光沢のある黄色(黄金色)、八重咲

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« トキワマンサクが白い花で満開 | トップ | 石垣島で国内最古の全身骨格... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。