歩けば楽し


楽しさを歩いて発見

  思い出を歩いて発掘

   健康を歩いて増進

特別展「アンコール・ワットへのみち」にいってきた

2016-09-19 | アート・文化
 今日の天気は雨、時々止む。9月の第3月曜日で、敬老の日、休日だ。
 今日が特別展「アンコール・ワットへのみち」の最終日。雨の日、出かけた。
 アンコール・ワットは世界遺産で知られ、カンボジアを中心のインドシナ半島の彫刻文化である。特別展では、ヒンズー教・仏教の豪壮華麗な彫刻美術など約100点が一堂に公開されている。像は主に砂岩で作られ、素晴らしい。
 アンコール王朝はクメール民族により、9世紀~15世紀の約600年栄えた。本展は3部構成で、
 第一部(8世紀以前)
  アンコール王朝成立以前の小国が乱立した時代の像
 第二部
  アンコール王朝の成立で最盛期を迎えた時代の彫刻美術
 第三部
  ミャンマーのパガン王朝(11世紀~13世紀)
  タイのドバーラバティー国(6世紀~11世紀)などの彫刻


 会場は東北歴史博物館(宮城県多賀城市)で、建物横に池がある。
 池に蓮の花が咲き、鴨が3羽寄っていた。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« イヌ・ネコの平均寿命(2014... | トップ | ナツメに沢山の果実が実った »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。