歩けば楽し


楽しさを歩いて発見

  思い出を歩いて発掘

   健康を歩いて増進

子供の誤飲事故、タバコや医薬品・医薬部外品が多い

2016-12-28 | 健康・病気
 子供の誤飲事故は、生後7~8ヵカ月頃から急増し、3・4歳頃までよくみられる。多いのは、ハイハイやつかまり立ちを始める「6~11ヵ月児」が約半数である。
 厚生労働省のまとめで分かった(12月26日)、誤飲した製品はタバコや医薬品・医薬部外品が多い。
 調査は1979年から実施し、今回で37回目。全国8ヵ所の病院で扱った誤飲事故286件を集計した。国内での医薬品の誤飲事故は、事故件数は少なくとも年間8000件以上にも上るとみられている。・・調査集計は一部。
 子供の誤飲事故の原因は
  タバコ:22.0%
  医薬品や医薬部外品:16.8%
  プラスチック製品:14.0%
  玩具:7.7% (死亡事例1件を含む)
  金属類
  洗剤
  化粧品
  硬貨
  電池
  食品
 タバコについて、約8割は家庭内に喫煙者がいた。厚労省は「たばこや灰皿は子供の手の届かないところに保管して」と呼びかけている。
 口に入りそうなもの、興味を示しそうなものは高さ1m以上の手の届かないところに片づけよう。

 天気は晴れ。気温は低く最低気温数℃。
 跨線橋の傍に空地があり、町内会でお花などを植えて管理しているようだ。(私は別の町内なので・・)
 ここに、小さい”キンカン”が植えてあり、小さな果実が付いている。初夏に花が咲くが、分からなかった。果実は黄色に熟しており、見つけた。
 名(キンカン:金柑)の由来は、熟した果実が金色の柑橘なので”キンカン”となった。
 中国原産。遭難した中国の商船の救助お礼で、キンカンの蜂蜜漬けを送られ、その種子から広まった(江戸時代末)。別な説で、渡来は鎌倉時代後期~室町時代初期、がある。
 キンカンは皮つきのままで、砂糖漬け・砂糖煮・薬用酒や薬用に用いることが多い。
 キンカン(金柑)
 別名:姫橘(ひめたちばな
 ミカン科キンカン属
 学名:Fortunella japonica
 常緑性低木
 暖地(和歌山、高知、宮崎、鹿児島など)で栽培
 開花時期は7月
 白い5弁花、果実は2cm~3cmで冬に橙色に熟す

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2016年「今年のブレークスル... | トップ | 国内最速のスパコン稼働、京... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

健康・病気」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。