歩けば楽し


楽しさを歩いて発見

  思い出を歩いて発掘

   健康を歩いて増進

2016年度末、1円玉の流通額379億円と1994年以来の低水準

2017-05-16 | 生活
 新聞に「2016年度末、1円玉の流通額379億円と1994年以来の低水準」とあった。
 日銀によると2016年度末(2017年3月時点)の1円玉の流通額は379億円で1994年以来の低水準。ピーク時から約8%減った。5円玉は539億円、10円玉は1922億円でともに1990年以来の少なさ。50円玉も1996年以来の低い水準。増加傾向にあるのは、100円玉や500円玉で、特に500円玉は3月時点で2兆2083億円と年度末ベースで過去最高との事。
 ◆現行硬貨(1円玉~500円玉)の発行枚数
 和暦 西暦   1円玉  5円玉    10円玉    50円玉    100円玉   500円玉
 28年 2016年 574,000 35,064,000 198,064,000 46,064,000 461,064,000 221,064,000
 29年 2017年 未確定
 記念硬貨など、通常硬貨とデザインが異なるもの)は含まない
 通常硬貨と同デザインで表面仕上げが異なるもの(プルーフセット)は含む

 ようやく晴れ。畑は泥濘状態。
 散歩道で良く目にする”ニシキギ”に花が咲きだした。若葉が出て、この頃に咲く淡緑色の小さな花だから目立たない。
 ”ニシキギ”は、枝に表皮を破ってコルク質の2~4枚の矢羽状のもの(翼:よく)が伸長しているのが特徴だ。この特徴から矢の筈(はず、弓の弦につがえる矢尻の切り込みのある部分)に例えて、矢筈錦木(やはずにしきぎ)とも呼ばれる。また、発達した翼がカミソリの刃のように見えるため、カミソリノキ(剃刀の木)との呼ばれる。
 ”ニシキギ”の楽しみは、秋の真紅の紅葉と可愛い果実(実が割れて赤橙色の種子が見える)である。
 ”ニシキギ(錦木)”の名は、見事な秋の紅葉を錦に例えたからである。
 ニシキギ(錦木)
 別名:矢筈錦木(やはずにしきぎ)、剃刀の木(かみそりのき)
 英名:Winged spindle tree、Burningbush
 ニシキギ科ニシキギ属
 落葉低木、樹高は3m位
 開花時期は5月~6月
 花は淡緑色の小さな(径7mm位)四弁の花
 果実は熟すと割れて赤橙色の種子が見える
 紅葉は10月~11月(11月が鑑賞期)

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 最初の生物大絶滅の原因、大... | トップ | トキワマンサクが白い花で満開 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。