歩けば楽し


楽しさを歩いて発見

  思い出を歩いて発掘

   健康を歩いて増進

15歳の生活満足度、47ヵ国・地域で日本41位

2017-04-20 | 生活
 経済協力開発機構(OECD)は、学習到達度調査(PISA)の一環で、生徒の生活満足度を調べた結果を初めて公表した(4月19日)。調査は2015年に72ヵ国・地域の15歳を対象に実施し、47ヵ国・地域が回答した。質問「最近の生活全般にどのくらい満足しているか」に、0(全く満足していない)から10(十分に満足)の11段階で答えてもらった。
 OECDの平均は、7.3。日本の満足度の平均値は6.8で、比較可能な47ヵ国・地域で下から6番目だった。トップはドミニカ共和国でメキシコ、コスタリカなど中南米の国で、下位は韓国や香港など東アジアの国が目立った。日本の状況を分析した国立教育政策研究所は「日本人は控えめな評価をする傾向がある」と見ている。
 ◆15歳の生活満足度
 1、ドミニカ共和国:8.5(生活に十分満足:67.8%)
 2、メキシコ:8.3(生活に十分満足:58.3%)
 3、コスタリカ:8.2(生活に十分満足:58.4%)
 ・
 日本:6.8(生活に十分満足:23.8%、0~4:16.1%)
 台湾:6.6
 韓国:6.4
 トルコ:6.1(最下位)

 朝から晴れ。雲が多く、うす曇りの晴れ。風が強く、昨日の風が残っているのかな。
 塀の際で咲いている”キュウリグサ”の花を見つけた。”キュウリグサ(胡瓜草)”の花は、青色の5弁花で大きさは3mm程と小さい。”ワスレナグサ(勿忘草)”の花に良く似ている。
 名(キュウリグサ:胡瓜草)の由来は、葉っぱをもんでみると、キュウリのような匂いがする。
 キュウリグサ(胡瓜草)
 別名:胡瓜菜(きゅうりな)、田平子(たびらこ)
   春の七草の田平子と同じ名前だが違う花
 ムラサキ科キュウリグサ属
 一年草
 アジアの各地に分布し、日本全国の道端や畑などに生育
 ムギ作の伝来にともない帰化した古代帰化植物
 開花時期は4月~5月
 花色は澄んだ青色、中央に黄色の副花冠がある
 葉や茎に毛が多い

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 硝子体の代替となる長期埋込... | トップ | 2016年度の白物家電の国内出... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。