歩けば楽し


楽しさを歩いて発見

  思い出を歩いて発掘

   健康を歩いて増進

南極から過去最大級の氷山が分離し漂流

2017-07-14 | 気象
 地球温暖化の影響を調べている英国の研究プロジェクト「MIDAS」のチームが、南極から過去最大級の氷山が分離し漂流を始めたと7月12日発表した。
 分離した氷山は、棚氷「ラーセンC」の一部である。1兆トン以上で、面積約5800平方キロと三重県とほぼ同じ。氷の厚さは200m~600mで、これまでに200Km以上の亀裂が観測されていた。亀裂は10年以上前から観察され、亀裂の拡大は2014年以来加速し、近く分離する確率は高いと言われていた。


 世界各国でつくる「南極研究科学委員会」の研究チームは「将来、氷山の分離はより頻繁に起きるだろう。生態系への影響調査が欠かせない」との声明を出した。
 ◆ラーセン棚氷(英:Larsen Ice Shelf)
 棚氷(たなごおり、氷棚(ひょうほう)とも呼ぶ)とは、陸上の氷河または氷床が海に押し出され、陸上から連結して洋上にある氷を指す。その上面は多くの場合、平坦な形状となっている。
 ラーセン棚氷は南極半島の東岸にあり、1990年代まではA・B・Cの3つの部分に分かれていた平坦な氷の塊で、2000年以上の歴史を持つと推定されている。急速に進む温暖化の影響で、棚氷Aは1995年に消失。その7年後の2002年には、棚氷Bがわずか6週間で崩壊し、残るのは棚氷C。今回での分離は、棚氷C面積の12%程。

 早朝に霧が出てた。道の奥が霞み、幻想的。今日一日の天気は晴れ。湿度もあり、暑い。
 ”シモツケ”の花は濃紅色で、小さな五弁花が散房花序に多数集まり半球状となって咲く。見つけたのは、 白花。命名は、白花を咲かせる”シモツケ(下野)”から”シロバナシモツケ(白花下野) ”。
 ”シモツケ”は、シモツケ(下野、現在の栃木県)で、ここで初めて見つけられたから。でも、栃木だけでなく北海道から九州にかけての山地に幅広く自生し、中国・朝鮮の山野にも自生する。
 シロバナシモツケ(白花下野)
 英名:Japanese spiraea。
 学名:Spiraea japonica f. albiflora
 バラ科シモツケ属
 落葉低木
 株立ちする(地際から沢山の枝を出して広がる)
 開花時期は6月~8月
 花色は濃紅色、淡紅色、白色
 小さな五弁花が散房花序に沢山集まり半球状となる
 花径は数mm
 似ている花に、下野草(バラ科シモツケソウ属)

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« エイズウイルス感染に重要な... | トップ | 核移植技術でアレルギーマウ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。