歩けば楽し


楽しさを歩いて発見

  思い出を歩いて発掘

   健康を歩いて増進

年越しのお札、初めて100兆円超え

2017-01-03 | 社会・経済
 日銀は、家計・企業・金融機関の金庫などで年を越すお札(日銀券)が102兆4612億円になったと発表した(12月30日)。年越しのお札が100兆円を超えるのは初めてで、7年連続での過去最高。
 前年(2015年)末の98兆4299億円から4.1%増えたものである。全てのお札を赤道上(1周が4万Km)に並べると、地球を61周超できる計算になる、と言う。
 増加の理由は、日銀がマイナス金利の導入に踏み切ったことで、大手銀行の普通預金金利は年0.001%まで低下。銀行などに預けず手元に現金で置いておく人が増えたとみられる。

 今日の天気は曇り。風がほとんどなく、雪も降らない。
 梅田川沿いの道の”マサキ”に赤い実が付いている。この果実は秋に熟し、やがて裂開して橙赤色の仮種皮におおわれた種子が見える。これがとても可愛い。
 花は6・7月頃咲くが小さくて淡緑白色なので目立たない。”マサキ”は花・実を楽しむものではなく、葉を楽しむ樹木である・・実も可愛いけど。刈込みに強く、密生し、大気汚染や潮風にも比較的強いので生垣・庭木などに使われる。名(マサキ)の由来は、常緑樹なので”マサオキ(真青木)→マセキ”からと言う。
 マサキ(柾、正木)
 ニシキギ科ニシキギ属
 雌雄異株、雌株に実が成る
 原産地は日本・朝鮮・中国
 耐寒性の常緑低木
 開花時期は6月~7月
 花は径7mm程の4弁花、花色は淡緑白色
 果実は朔果(さくか、乾性の子房の発達した果実、熟すと割れて種を撒く)で、径5~8mm程の球形
 熟すると果実は3~4つに割れ、赤橙色の仮種皮に包まれた種子が見える

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2017年仙台初売り | トップ | 遺伝子組み換え(GM)食品の... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。