歩けば楽し


楽しさを歩いて発見

  思い出を歩いて発掘

   健康を歩いて増進

清の皇帝・乾隆帝の玉璽、パリの競売で25億円で落札

2016-12-24 | ニュース
 清の皇帝、乾隆帝(第6代皇帝:在位期間1735年10月8日~1796年2月9日)の玉璽(印章)が、パリの競売大手ドルーオで競売にかけられ、事前予想価格の約20倍の2100万ユーロ(約25億7000千万円)で落札された(12月14日)。
 服飾デザイナー、故イブ・サンローラン氏のパートナーだった富豪ピエール・ベルジュ氏が売りに出した。落札価格は100万ユーロ前後と予想されていた。落札者は「中国の収集家」とされるが、詳細は明かされていない。
 玉璽は19世紀末、度々訪中した仏海軍関係の医師が持ち帰ったとされる。乾隆帝は約1800個の玉璽を所有し、うち約700個が不明で、残りは故宮博物院などに収蔵されているという。
 玉璽(印章)は赤みがかった「ステアタイト」(凍石)に9匹の竜などの細密な装飾がある。
 ◆ステアタイト(steatite)
 マグネシウム、シリコン、アルミニウムの酸化物を含んだ滑石で緻密質塊状のもの。また滑石を主成分とする素地またはその磁器の呼称。主要産地はアメリカ、中国など。磁器の生素地として、また透光性を増すために素地に添加して使用される。

 寒い。青空だけど風が冷めたい。
 散歩中に、時々寄り道をしてコーヒーを頂く。そのお店で見かけた可愛い写真。アイスクリームかな、一生懸命に食べてる様子がとても可愛い・・写真を1枚(撮影写真の使用を許可してもらいました、ありがとう)。

 何気ない事に、とても感心することがある。「何気ない事」には、見えない「出来事」がいっぱいあるからかな。と思って畑にいったら、”ヒガンバナ(彼岸花)”の葉が大きく育っている。”ヒガンバナ(彼岸花)”は、花が咲く頃は葉がなく、葉があるときは花がなく、花と葉が一緒の時期がない。だから、”ヒガンバナ(彼岸花)”は葉見ず花見ず(はみずはなみず)とも呼ばれる。韓国では「花は葉を思い、葉は花を思う」・・相思華(さんちょ)と呼ぶとか。
 ヒガンバナ(彼岸花)
 別名:曼珠沙華(まんじゅしゃげ)
  異名多く、死人花(しびとばな)・地獄花(じごくばな)・捨子花(すてごばな)などと不吉さを表すものもある
 ヒガンバナ科ヒガンバナ属
 多年草(球根性植物)
 日本の固有種でなく、中国から伝来した史前帰化植物と考えられている
 開花時期は、9月(お彼岸の頃)
 花茎の成長はとても早く、花も数日で終わる


”ヒガンバナ”の傍に”ホトケノザ””ノボロギク”が見え、春の花の準備かな。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 美肌県日本一は広島県、4年連... | トップ | 竜王戦予選の1回戦、14歳5ヵ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ニュース」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。