哀しい夜明けから

c-PTSDと解離性障害なの?
寝れない日が何ヶ月も続き…
そこから私の人生の振り返り作業が始まった

痛い股関節

2017年08月13日 12時29分42秒 | 日記
昨日から実家の草刈り。
主人は機械でビーンとやります。
私は草刈りカマと枝切りハサミでちまちま。
後は「お父さん頑張れ~」の声援。

私は股関節がずれていてコルセットをしてるのですがそれでも腰が痛く、肩のサポーターをも忘れ、肩にも痛みが出てしまいました。
シップで対応。
主人は「じっとしとき、しんどくなるから無理すんなよ」と言います。
でも、少しでも役にたちたい私はちまちまやっています。

股関節が痛むと痺れて、腕も肩も痛くなります。
片目から涙も出ます。
股関節を痛めた哀しみを思い出すので
頓服を服用します。

とてもとても若い頃、辛い性体験が幾度がありました。

そのひとつ。

長い長い性行為でずっと泣いていました。
足を高く固定され意識も曖昧。
股関節だけで無く、様々な部位が傷つきました。
その事を私は瓶に押し込め蓋をきっちりして無かった事にしてしまいました。

無かった事になったのに、時折私を苦しめました。

治療を受け始め、あれは性暴力だと思う事ができるようになりました。
ずっと私が悪かったのだと、合意の上の行為だったのだと思っていました。

抵抗すれば阻止する事はできるはず。

そうなのかな、怖いよ、力では勝てないよ、嫌だと言ったら嫌われるよ、殴られるよ…
今も何が正解だったのかはわからない。

ただぶんちゃん先生がおっしゃたように、嫌な奴は嫌っていい怨んでいい、それは本当だと思います。


他者への憎しみが自分自身に向かった時に、人はうつ状態に陥る。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« お盆休み | トップ | 終戦の日 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。