mono森音

焼きもの・紙もの・布もの、そして贈りもの。
大切なmonoと出会う雑貨店。

のみもの、うつわ。

2016-05-27 | 商品情報

お待たせしました!
夏の定番、水出し出来る紅茶とハーブのティーバッグが入荷しました。
右から、白桃ティー、アップルクーラー、パイナップルティー(ここまで紅茶)
美容系の紅いハーブティー、リフレッシュ系の緑のハーブティー、の5種。
それぞれ、3~4gのティーバッグが8個か10個入りで1000円です。
今年は夏日の到来が早かったせいか、第一弾の入荷ではすぐに完売してしまったものも。今回は少し多めに確保しました。ティーバッグを水にポンと入れておくだけで美味しいアイスティーが出来ちゃうなんて、ほんと優れもの。喫茶時代、アイスティー作りがけっこう大変でしたので、特にそう思います。


Instagramで速報は流しましたが、白山陶器からも商品が届いています。
人気の長皿のほか、前回から登場した新しいラインのこちらも入荷しました。



主張しすぎないブルーとブルーグレーがどちらも良い色。上品です。
おにぎりか玉子のようなデザインが愛らしくもあり、人気を集めています。
Sサイズ 800円  Mサイズ 1200円
白山陶器のものは、底面のロゴもシンプルで素敵。いつも好ましく思っています。




■m o n o 森 音■
Tel&Fax/0152-72-2177
美幌町大通北3丁目9-1
Open/10:30~18:00
定休日/火・水




この記事をはてなブックマークに追加

ふくろもの、続編。

2016-05-26 | 商品情報

バッグ、まだ紹介したいものがありました。続きを投稿します。

ハンドバッグとショルダーバッグの中間くらいのBAG〔3500円〕
ストライプ柄が爽やかで、写真で見るより実際に持ってみると数倍素敵です。
やや小ぶりながらも持ち歩きたいものはほぼ入りそうだし、サッと肩にかければコーディネートが引き締まります。マチ部分のテクニカルな柄合わせがチャームポイント。色は、ホワイトとサックスブルーの二色です。










“ふくろもの”と呼ぶのにふさわしいメッシュバッグ〔480円〕
昔、お母さんもきっと持っていたはず。働いていた店でも一度ならず販売した記憶がある、雑貨屋の定番BAGです。(スイカバッグとかネットバッグとか呼んでいた気もする)
最近のファッション雑誌で何度か見かけて、でも驚くような価格でおしゃれになっちゃって、、それでふと思い出して探してみたら見つけました!雑貨屋価格のこれを。綿糸で編まれたコットン100%のバッグは、しっとりとした手触りも気持ち良し。ギュッと縛ると小さくなるので、エコバッグにしてもいいですよー。




リニューアルして、売り場に全身が見られる鏡が置けるようになったんです。
気になるものがありましたら、ぜひ合わせて見てくださいね。
意外なものが似合ったり、その逆だったり、発見がありますよ。きっと。

■m o n o 森 音■
Tel&Fax/0152-72-2177
美幌町大通北3丁目9-1
Open/10:30~18:00
定休日/火・水




この記事をはてなブックマークに追加

ふくろもの。

2016-05-25 | 商品情報

BAGがたくさん入荷しています。
ナチュラルだったりシンプルな装いに、パッと鮮やかな色のものを合わせたい
そんな気分で、最近は色の綺麗なものを多く集めています。
綺麗な色の小物を持つと気分も上がりますね。

下段3点はHITOHARIさんのオリジナル、マーケットトートBAG〔6500円〕
革のハンドルや、そぎ落とされスッキリとしたデザインがHITOHARIらしく、気に入っています。HITOHARIとのコラボポーチは現在在庫が少なくなっていますが、近々入荷予定です。リニューアル後も売れ続けている人気商品ですねー。嬉しいです。マーケットBAG、ポーチともに、こちらの記事で紹介しています。


画像上段は、キャンバスフラットショルダー〔3600円〕
こちらもいつも並べているお気に入りのBAGですが、こんなに色が揃ったのは初めてかもしれません。肩にかけても斜めがけにしてもさまになります。同じくずーっと定番で扱っているキャンバスヘビートート(↓)も、同じブランド=THREAD-LINEのもの。国内で良心的に作られ安心できる製品が持ち味のメーカーです。昨年までは売り場が狭かったのでポツポツとしか置けませんでしたが、今はドン!と並べられるので、たくさんの色から選んでいただけるのが嬉しいですね。キャンバスヘビートートは、写真の白・オリーブのほかネイビーもあります〔6900円〕






続きまして、新たに取り扱いを始めたREAL STANDARDのトートバッグ〔6300円〕
こちらもMade in Japanにこだわったメーカーです。



写真のミニトートBAGは、赤・ブラウン・ネイビーの三色。
縫製がしっかりしていてカチッとしたシルエットは、カジュアルな場だけではなく活躍しそう。内側は、クッション性のあるナイロンキルト地が施され、キャンバスのバッグにしては軽量なのも特長です。ポケットの様子もとても使いやすそう。





うつわの紹介が続いていたので、違うものも紹介しようと、写真撮ってきました。
うつわ展後の仕事もやや落ち着いてきたので、今週はまめに商品紹介しようと思います。

いつも、BlogやFB・インスタグラムを見てくださりありがとうございます。いいね!も励みになっています。Blogは、こうしてじっくりと文章を書いてなにかを紹介するときに。Instagramは、在店中の発信が多く、入荷速報やたわいのない事をアップしています。どのSNSを見ても同じ写真、、同じ記事、、にならないように、BlogとInstagramは別の写真にしています。一番見てくださる方が多いと感じるFacebookへは、Blogに新規投稿した時のお知らせや、お客様にお知らせしたい情報のシェアなどに使っています。あちこちで申し訳ありませんが、お好みに合わせてお付き合いいただけますと嬉しいです(^^)

さて、本日と明日は定休日。今週も木曜日からのスタートです。
今週も、どうぞよろしくお願いします!

■m o n o 森 音■
Tel&Fax/0152-72-2177
美幌町大通北3丁目9-1
Open/10:30~18:00
定休日/火・水



この記事をはてなブックマークに追加

またうつわ。

2016-05-21 | 商品情報

展示会に並んでいるのを見て、一目惚れしたフラワーベースが入ってきました。
写真を撮りましたが、良さがまったく伝わらない・・。実物、もっと素敵です。
ぽってりと釉薬のかかったあたたかみと、スッとシャープなクールさとをあわせ持つ
ミルク色のフラワーベース。古物や小鹿田焼など民藝の器と合わせても相性が良さそう。
高さは12㎝~18㎝、価格は1500円と1800円です。

細かい貫入がびっしり入った表情がたまりません。







■m o n o 森 音■
Tel&Fax/0152-72-2177
美幌町大通北3丁目9-1
Open/10:30~18:00
定休日/火・水
※営業時間・定休日を変更しました



この記事をはてなブックマークに追加

小鹿田のうつわ展、おわり。

2016-05-19 | お知らせ

三日間開催した「小鹿田のうつわ展」無事終了しました。
ご来場・ご購入いただきましたみなさま、ありがとうございました。
リニューアル直後で告知不足もあり、集客に不安を感じながらの開催でしたが
フタを開けてみれば、今の森音になにもかもちょうど良い雰囲気の三日間でした。
買い付けてきた小鹿田焼は、これもまたちょうど良く旅立って、
売れずに困るわけでも、最終日に足りなくなった!と青ざめることでも無く
本当になんだか奇跡のようにうまくおさまった展示会になりました。

今後は、通常の売り場に小鹿田焼が並びます。
レギュラーの白山陶器や西海陶器のうつわともども、よろしくお願いします。
白山陶器といえば、今月末に納品があります。
リニューアルオープン時に仕入れてすぐに完売してしまった、長皿や新作が入荷予定。
入ってきたらまたお知らせしますね。

小鹿田焼も、白山も、西海も九州のうつわです。
それぞれ何度も足を運び、思い入れのある九州のうつわの産地。
九州のことを思いながら、うつわ展の三日間、募金を集めました。
展示会が終わり、募金箱を開けてみると、、なんと!14,460円も入っていました!
ありがとうございます!
小鹿田焼の窯元さんにもどこに義援金を送ったら良いのか相談しましたが、現在進行形で混乱のさなかにある被災地には、直接どこかへ送るよりも、やはり赤十字などの大きなところに任せた方が今は良いとのアドバイスを受け、森音の真ん前にありいつもお世話になっている網走信金から、日本赤十字社に送ることに決めました。みなさまからの募金に、うつわ展の売上げの一部として2万円を足し、34,460円を本日預けてまいりましたので報告します。




被災された方々に、少しでも早く平穏な日常が訪れますように。
本当に、それを願うことしか出来ずもどかしい思いでいます。
妙に惹かれる九州。
住んでいるこの地域を愛するように、ご縁のあった九州のことをこれからも愛し
文化を伝える仕事を続けていきたいと思っています。
このたびは、ご協力ありがとうございました。


うつわ展が終わって、日常が戻ってきます。
オホーツク地方は、今日から一気に夏日の予報ですね。
定休日には、網戸を入れる作業をしました。
短い夏を楽しみたいです。

■m o n o 森 音■
Tel&Fax/0152-72-2177
美幌町大通北3丁目9-1
Open/10:30~18:00
定休日/火・水



この記事をはてなブックマークに追加

小鹿田のうつわ展、はじまり。

2016-05-14 | お知らせ
小鹿田のうつわ展
onta-ware-exhibition
------------------------------
5月13日(金)~15日(日)
10:30-18:00
------------------------------


小鹿田のうつわ展、昨日初日でした。
混雑することなく、ゆっくりと見ていただけるようなペースで
でも、着実に小鹿田ファンが増えているんだなーと思えるような初日でした。
平日が初日で来にくかった小鹿田ファンもいらっしゃったかもしれません。
大丈夫です。まだ小鹿田焼、たくさんありますよー。

初日、近郊でお店を営んでいる仲間のように思っている人々が訪れてくれたのも嬉しかったです。
豆灯さんや、ふくろうフェさん(遠軽)、そば切り温さん(網走)など。
ありがとうございます。
小鹿田繋がりのお店といえば、先日のBlogでは豆灯さんの花活けを紹介しましたが
網走にも、小鹿田焼を素敵に取り入れているお店があるのでご紹介します。




Salt&Sun ソルトアンドサン
網走市海岸町5-1-4
https://www.facebook.com/SaltSunソルト-アンド-サン-1643006442655206/

小鹿田焼に盛り付けされたミートスパゲティ。
この様子を何度かSNS上で見かけて、とても気になっていたお店でした。
改装のお休み中にやっと訪ねることが出来、願ってた一品が目の前に!(嬉)
Salt&Sunさんで、小鹿田焼に初めて触れる方も多いのかもしれません。
美味しいミートを食べながらこの飛びかんなを見つめていると、絶対気になりますよね。
そんな風に好きなうつわと出会うのは、カフェの楽しみのひとつかもしれません。

Salt&Sunさんでも、来週末うつわの展示があるようです。
『工房Ariの展示販売会』
こちらの写真(↓)に、小鹿田焼に並んでいるカップ&ソーサーがまさにそう。
お伺いした時、小鹿田のうつわによく合う!と思い撮らせてもらいました。
Salt&SunはFacebookで情報発信していますので、そちらをチェックしてみてくださいね。



森音のうつわ展は、本日が中日です。
今日も強力な助っ人の力を借りて(jちゃんは15時くらいまでいてくれる予定)
美しい小鹿田焼が、一枚でも多く佳き持ち主と出会えますようお待ちしています。



この記事をはてなブックマークに追加

小鹿田のうつわ展、前夜。

2016-05-12 | お知らせ
小鹿田のうつわ展
onta-ware-exhibition
----------------------------------
5月13日(金)~15日(日)
10:30-18:00
----------------------------------


並べてきましたよ、小鹿田のうつわを。
(写真は値付けの最中に真上から写したものです)
大きなものや小さなもの。飛びかんな、刷毛目、くし目、色々な柄があって楽しい。
現地に行って選んできたものを一堂に並べるうつわ展は、年に一度のお祭りです。
手に取って、表も裏もじっくり眺めて見てください。
表面からは想像もつかないような柄や細工の細やかさがあるので、裏も必見です。



     

愛らしい模様の裏も愛らしい、小さな浅鉢。





     

薄緑色の飛びかんなの裏は美しい飴色、の丼ぶり。





     

ノーマルな白飛びかんなの裏は凝った模様の組み合わせ、大き目浅鉢。







底面には「小鹿田」ひらがなで「おんた」と入っていることもあります。
見つけるとちょっと嬉しい。







小さなものにも手抜きなく模様が施されています。
これはお猪口ですが、薬味やナッツを入れても。
赤ちゃんのお食い初め用に~と購入される方も多いうつわ。
枠にとらわれず、あれこれ用途を考えるのが愉しいうつわ選び。


ところで、初めて小鹿田を訪れたのはいつだったのかな?と過去のBlogを遡ったら
2010年が最初でした。その時は、お店を始めて5年くらいしか経ってなくて
限られた予算の中で、そして果たしてお客様に受け入れてもらえるのだろうかと
不安に思いながら仕入れをした記憶があります。
それから毎年のように通えるようになり、こうしてうつわ展用にと迷うことなく
たくさん仕入れが出来るようになったのは、毎回支持してくださるお客様のおかげです。
本当にありがとうございます。

今、九州が揺れています。大きな被害が集中しているのは熊本県ですが、
小鹿田の皿山がある日田市は大分県。大分にも被害の大きな地域があると聞いています。
震災以降、何度か小鹿田の窯元に安否確認をしています。今のところ皿山地区には
大きな被害は無いようですが、揺れが続いて恐ろしい思いをしたようです。
今回のうつわ展が終わったら、売上げの一部を被災地に送ります。
わたしも~という方がいらっしゃいましたら、募金箱を用意しますのでご一緒しませんか。
大好きな九州。早くみなさんに平穏な日々が訪れて欲しい---。

小鹿田に行ってみたーい!という声もたくさん聞きますし、
最近はあまり小鹿田焼について説明していなかったので、
なにかの参考になればと思い、初来訪時の記事を貼っておきますね → こちら

長くなりましたが、明日から三日間。どうぞよろしくお願いします。
今回もたくさんの小鹿田焼をご用意して、みなさまのご来場をお待ちしております。

■mono森音■
Tel&Fax/0152-72-2177
北海道網走郡美幌町大通北3丁目9-1
Open/10:30~18:00
定休日/火・水




この記事をはてなブックマークに追加

小鹿田のうつわ展。

2016-05-11 | お知らせ
小鹿田のうつわ展
onta-ware-exhibition
----------------------------------
5月13日(金)~15日(日)
10:30-18:00
----------------------------------


小鹿田のうつわ展、いよいよ今週末の開催です!

今週は、GW営業の代休として、通常の定休日とプラス一日12日(木)までお休みをいただきます。定休日初日、出勤して設営作業を開始。リニューアルしていつもと違う配置になったので、どこで開催しようか悩む。結局、入口を入ってすぐの場所で、陶器市のように並べてみることに。それにしても、今回は、リオープン→GW→母の日、、と非日常の中、気持ちもワサワサしていましたし、告知がほとんど出来ていないのが心配です。お客様、来てくださるでしょうか。。。
うつわは、たくさん仕入れてあります。全部で7箱あるうち、昨日は2箱開梱しました。買い付けに行ったのは3月のことだったので記憶がうっすらしてましたが、箱を開けているうちに色々と思い出してきました。そうだそうだ、今回は花器になりそうなものを多めに仕入れたのだった。
最後に開催したのは、2014年。その時は、平皿や飯碗など食卓で日常使いするようなものが多かったので、今回は別の方向を目指しましょうと思ったような。また最近は、お客さまと植物についてお話しする機会が多く、お花を飾るのが好きなお客様に喜んでいただけるようにと選んだのを思い出しました。小鹿田のうつわ、植物とも相性がとても良いのですよね。




これは、2012年の小鹿田展。たっぷりのコデマリと。







これは2014年の写真。小ぶりの椿と。







これは森音ではありません。町内の「喫茶室 豆灯」さん。お庭の水仙と。



豆灯さんの玄関は、いつもお花が美しくしつらえられています。
小鹿田のうつわ展の開催中は毎回、こうして小鹿田焼を使ってくれる、すてきなご近所さん。うつわ展にお越しの際には、ぜひ豆灯さんの花活けも見て欲しいです。

今回のうつわ展では、花器に適したうつわばかりではなく、食卓で活躍しそうな平皿や丼ぶり、湯呑みや猪口、毎回人気のすり鉢など、バリエーション豊かに並べます。告知不足と連休後の開催で、果たして盛り上がるかどうかさえ予想がつきませんが、初日&二日目は、前スタッフのjちゃんが助っ人で来てくれることになりました!心強いー!!久々の二人の布陣もどうぞお楽しみに!(?)

開催まであと二晩。小鹿田展の告知、あと二回続きます。
どうぞお付き合いください~。



この記事をはてなブックマークに追加

嬉しいこと悲しいこと。

2016-05-07 | 商品情報

今年の暦、GWのピークが過ぎたらすぐに母の日なんですね。
そういえば連休中にも、母の日用に~というギフト包装を何度も承りました。
いつでも、ラッピングは無料でさせていただいてます。じゃんじゃんご用命くださいませー。

53×53cmの大判ハンカチが人気です。一枚500円という価格も魅力!
しっかりした厚手コットンキャンバス地で出来たハンカチ。
カバー布にしたり、縫い合わせてクッションカバーにしたり、シンプルにお弁当包みに使っても素敵です。






連休中、お母さんたちに人気だった商品はこちら。アカシアの木で作られるカッティングボード。
長方形の大小は、もう何年も定番で販売を続けているロングセラーアイテムですが、今回初めて円形のものも注文してみました。チーズやパンをサーブするととても映えそうなボードです。
長方形大:1900円 小:1500円  円形:1600円




リニューアルして初めて迎えた大型連休。たくさんのご来店、ありがとうございました。
カフェ時代からのお客様が足を運んでくださったり、とても久しぶりの再会があったり、嬉しいこともたくさんありましたが、ショックなこともありました。それは、すっごく久しぶりに万引きの被害にあったことです。
いつも、自分のために、他者のために、本当に真剣に雑貨を選んでくださる方が多い森音はお客様に恵まれているなーと感謝しています。数店が同居するテナントビルの店舗では、いつだって万引きのことを頭に入れながら接客や陳列をしていましたが、ここではほとんどそんな目に遭ったことが無く、万引きという犯罪行為がいまだ世にはびこってるなんて、びっくりしました。特に生活に困ってるようにも見えない人の窃盗は、欲求不満かなにかの発散なんでしょうか。困ったものです。
お客様のもとに届くよう、魂を込めて選び、並べ、ご紹介している品物ばかりです。
それを盗む人を、わたしは許しません。心から軽蔑しますし、呪います。
わたしの呪い、ほんとによく効きますから。お店やるよりそっちを仕事にしたらいいかもって思うくらい(笑)

ゴールデンウィークの山場は過ぎましたが、またすぐに週末です。
ここ美幌町には急に春がやってきて、桜が一気に咲き始めました。
お出かけするにはいい季節です。
わたしも呪いにパワー使ったりせず、春を謳歌したいと切に思いますし
みなさまも、おかしな犯罪や事件に巻き込まれることなく
この素晴らしい季節を、どうか楽しく過ごされますように。

魂を込め選んだ商品を並べて、今週末もお待ちしています。


■m o n o 森 音■
Tel&Fax/0152-72-2177
美幌町大通北3丁目9-1
Open/10:30~18:00
定休日/火・水
※営業時間・定休日を変更しました


この記事をはてなブックマークに追加