mono森音

焼きもの・紙もの・布もの、そして贈りもの。
大切なmonoと出会う雑貨店。

やっと暑中見舞い。

2008-07-31 | 商品情報

消しゴムはんこ作家sawakoさんの新作が入荷しました。
夏らしい野の花やリアルな虫をモチーフにした
ポストカードやレターセット、さっそく人気を集めています。
やっと少し暑くなってきて、暑中見舞いを出したり届いたり
そんな気分になってきました。
つい最近までは寒中見舞いでも書きたい気分でしたが。


蛍の話題が続きますが(個人的に蛍ブーム中)
こんな50円切手もあります。
この虫のシリーズは、カラー葉書や色の付いた封筒に貼ると
本当に奇麗なんですよー。



この記事をはてなブックマークに追加

本の入荷。

2008-07-30 | 商品情報
販売用の本、二冊入荷しています。

『スロウ Vol.16』 880円
~動物との生活から享受する豊かさ~

人の食を支える動物の命とそれを育む人について、
スロウなりの真面目な視点で特集された号です。
ファッション化が進むペット産業とそのブームに踊らされる消費者など、
動物と人との関わり方について最近、私はいささか疑問に感じています。
今回の号ではそういった娯楽性を排除し
スロウらしい硬派な印象での特集だと感じました。

個人的にツボだった、
前号Vol.15~野の花、心の旅~も継続して販売中です。
スロウなカフェ本1・2・3も揃っています。




『faura No.20』1000円
~洞爺湖・有珠山~

私の記憶では写真以外の表紙は初めてです。
20号記念特別号との事で、新たな試みなのでしょう。
森音を開業する直前の仕事で洞爺湖を何度も訪ねる機会があり
観光協会の推進する観光路線とは別の部分で
洞爺湖自体の魅力というか美しさに惚れ惚れした記憶があります。
活動の記憶も生々しい洞爺湖周辺の山々や温泉、
噴火湾の海の味覚など、この地域には豊かな資源がたくさんあります。
サミットで脚光を浴びた洞爺湖が、今後同変貌していくのか
私自身も興味が有ります。
今号には、美幌博物館の学芸員である鬼丸氏が原稿を寄せています。
ちょうどタイムリーに昨日書いた記事「蛍」についての観察と
学芸員から見た現状について、わかりやすく解説してくれています。

fauraについても、私の好きな号はバックナンバーを揃えています。
こちらもぜひ。




この記事をはてなブックマークに追加

蛍。

2008-07-29 | コラム

美幌町内や近郊に蛍が生息しているという噂は聞いていて、
昨年も一昨年も噂のポイントに見に行っていたのですが、
今年、やっと初めて見ることが出来ました。
思ったよりも、光は眩しくて、そして動きはゆっくりで。
シンと静かな暗闇で、
後ろを見ると帰り道が危うく思えるほどの闇の世界で
点滅する光を見ていると、虫刺されの恐怖も薄れて
このまま一時間くらい暗闇に身を沈めて居たいなーと
本気で思ってしまうのでした。

降り注ぐほどの星空や、
一面に広がる空と夕陽、
濃い緑の樹木トンネル、
そして蛍。
少し車で走っただけで、とても美しい風景に出会えるここ道東。
一年のうち何度かは圧倒的な自然の美しさに触れ、
この贅沢な環境に感謝する日があります。


コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

選ぶ、創る。

2008-07-25 | コラム
水・木ととっても静かな二日間でした(暇でした)。
今日はひまきん(暇な金曜日)、さてどうでしょうか。

てぬぐいまつり、色々な年代のお客様がそれぞれの用途で
楽しげに柄を選んでくださっています。
鳥の好きな人に贈りたいから鳥の柄を・・・
年配の方が夜具の襟元に縫い付けたいからと粋な柄を・・・
勤務中に首に巻きたいので制服のエプロンに合わせた色を・・・
雑貨を購入される際に、ただ可愛いとか好き~とかだけではなく
こうしてしっかりと使うシーンを想定されるのは、無駄無く
長く使ってもらえるのだろうなーと想像して嬉しくなります。

画像は、昔のてぬぐいとてぬぐいを使って作った葉書です。
昔のてぬぐいの、まるでガーゼのように柔らかい素材と
私は日本の文字、特に漢字が好きなので
このガチッと染められた漢字(主に会社名)を見ていると
沸々と創作意欲が湧いてきます。
お店を開いてからは制作に時間が取れず量産はできませんが、
最近はちょっとだけ縫い物ができています。
制作は、時間ももちろんだけどモチベーションというか
インスピレーションというか、コレ作りたい!って欲望が
とっても大事なようです。


コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

秋桜。

2008-07-23 | コラム

毎日毎日シトシトと降り続けています。
これを梅雨と呼ばずして何だというのでしょうか。
地元情報紙に「連続6日間日照時間ゼロ」の記事が。
う~ 憂鬱。

季節のオススメを書き出している黒板には
夏メニューで冷たいドリンクが多いのだけど
ここ最近はずーっと温かドリンクの注文が多いです。
まだ黒板に書いていない待機中の冷ドリンクもあるのですが
今年はデビューしないまま夏が終わるのかしら・・・。

私事で言うなら、夏物衣料を引っぱり出してはみたものの
さっぱり出番も無く、いまだ衣替えが終了していない有様。
東北以南では猛暑なんですよね?
ニュースを見ていてもまったく実感が無く、
他所の国の出来事のように思えます。

庭ではついに秋桜、コスモスが咲き始めましたよ。
きゃー。




この記事をはてなブックマークに追加

睡蓮。

2008-07-22 | 好きなもの

その花の時期にはココへ見に行くという花ポイントがあります。
睡蓮の花は隣町の花苗屋さんの池に行く事が多かったのですが
今年は新たに二ヶ所ポイントを発見しました。
ひっそりと静かな、ちょっと暗い池にポコポコ咲いている睡蓮。
いつまでも見つめていたい。
そして、ひととき廉潔な気持ちになります。

今日は定休日でしたが、お店で作業。
雑貨の整理をしたりクワズイモ(植物)の鉢替えをしました。
リネンクロス、売れ筋柄が再入荷しています。
古物雑貨も少し商品追加しました。


コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

冷夏。

2008-07-20 | コラム

本州方面はすごく暑いらしいんだけど
さっぱり夏らしい天気にならない美幌町。
ここ数日は梅雨みたいにいつもシトシト
霧雨でじっとり。
低温で湿度が高いのは気が滅入ってしまいます。
唯一救われるのは、庭の水遣りに追われないことか。

それでも今年は、蔓性の植物が上手く柱を上がってくれて
毎日ニヤニヤと眺めています。
植えて三年目にしてやっと屋根まで上がってくれた。
4月のスッキリしていた様子↓


暑けりゃ暑いで文句もあるのだが
暑くないまま夏が過ぎ行くのもほんと寂しいなぁ。

あまりの低温ぶりに危険を感じた朝顔が
慌てて子孫を残そうと地面を這ったまま開花し始めました。
上に上るだけの温度に満たないんですね。




この記事をはてなブックマークに追加

てぬぐいをてぬい。

2008-07-17 | コラム
前日告知で突如始まった「てぬぐいまつり」
静かな滑り出しです。
週末まできっとたくさんの種類が揃っていますので
お気に入りの一枚を探しにぜひどうぞ。

もちろん私もてぬぐいユーザーですが、主な用途は
頭に巻く、割れ物や濡れ物を運ぶ時に包む、その二つが多いかな。
洗濯機でじゃんじゃん洗い続けたい私は
買ったらすぐに両端を縫ってしまいます。
不思議な事に、ある程度までボソボソとほつれたら
その後はほつれが止まって良い感じに使えるそうなのですが、
手縫いのステッチが好きなので縫ってから使っています。
こんな風に縫って使いたい
でも家で縫うのは面倒くさい って方がいらっしゃったら
期間中はなるべくステッチ糸と針とを持って行っておくので
お茶を飲みながらチクチクしてみませんか。
手縫い苦手な方も大丈夫ですよ。
直線縫いですし、自分で使う物だから練習だと思って
鼻歌気分で手を動かすのは、それだけで楽しいものです。
私も期間中は暇を見つけてお店でチクチクしているかもしれないので
気軽に声掛けしてみてください。
(持参していない日もあるかもしれませんし、忙しい時間帯は
 対応できない場合もあります。ご了承くださいね)

さて、てぬぐいまつり、実はけっこう前から準備していました。
今ブームなのか、てぬぐい関連本がたくさん出ていて
そういった本も売りたいなーと思い出版社に問い合わせてみたりも
しましたが、こちらは実現しませんでした。
資料用に揃えようにも、片っ端から買うわけにもいかないため、
図書館へ日々通っている母に
「てぬぐい本あったら借りてきて~」って頼んでみました。
帰宅すると、ニコニコ顔の母が「あったから借りてきたよー」と。
どれどれ・・・とタイトルチェックもそこそこに本を開きました。
ん??? どこにもてぬぐいは出てきません。
不審に思い表紙を見てみたら
『てぬいで作るBAGの本』だったんですよね・・・・・。

さ、そんな小ネタはともかく、今日は後日談をもう一つ。
7/8のBlog『青い花』
デルフィニウム、まだ元気なんですよ。
最近写した写真です。


森音にやって来たのが7/4、そろそろ二週間。
途中暑い日々もあったのにまだまだ美しいです。
後から咲いてくる蕾は薄い色なので、薄い色合いになってきました。
ふんわりと優しい色で、こちらも好きです。
上の画像をクリックすると生産者、菅原ファームHPへ移動します。
通販以外での購入方法もあるようです。Blogに書いてありました。
地元で作られる美しい物を見ていると豊かな気持ちになりますね。



この記事をはてなブックマークに追加

てぬぐいまつり。

2008-07-15 | お知らせ
■てぬぐいまつり■
7月16日~8月17日

急ですが、やっと準備ができたのでお知らせします。
大人気の"てぬぐい"にスポットを当てるフェア
『てぬぐいまつり』を、明日より開催します。
いつもの定番柄約40種にまつり用に取り寄せた20種を加えて
ずらーーっとてぬぐいを並べてみました。
期間も長めに1ヵ月。
ゆっくりじっくり何度でも眺めに来てください。
ロングランのイベントなので、
途中からてぬぐいを使って手作りした雑貨なんかも
並べられると良いなーと計画中です。
まずは、てぬぐいまつり期間中の特典を二つご用意しました。

[1]期間中にてぬぐいお買上げの方に「てぬぐい葉書」を贈呈。
  今回のイベント用に作ったポストカードです。
  枚数に限りがありますのでお早めにどうぞ。

[2]通販でてぬぐいをお買上げの方に送料無料サービスいたします。
  ただし、てぬぐいのみ注文の方に限ります。
  1~2枚欲しかったけど送料かかるのがちょっと・・・と
  思っていた方いらっしゃいませんか。チャンスですよ。

今回のイベントでは、昔のてぬぐい(企業販促用)も販売します。
昔のてぬぐいは、生地がやわらかくてあたたかな感じがします。
おもいきり良く大胆に店名などがプリントされていますが、
白地に赤・青・黒・グレーを使いハッキリとシンプルなデザインが
とっても粋な感じがして私は好きです。
古いてぬぐいのコレクターもいらっしゃるようですので
こちらもぜひ広げてご覧ください。


これは5/22のBlogに書いた脳内イベントの一つです。
時期がずれて7月になっちゃいましたが・・・。
次のイベント目標は8月のハイキング。
さてどうなるかしら。風邪ひいてる場合じゃないっすね。



この記事をはてなブックマークに追加

。きがは便郵

2008-07-12 | 商品情報:古物雑貨

画像を見ても「ん?」ですよね。
複写葉書 と書いてある葉書帖なんです。
葉書が五十枚綴じられています。
多分50年くらい前のもの。
紙の質感がザラッとしっとり。
切り離して普通の葉書として使いたい。

最初2冊だけ入り、数日レジ後方に置いていました。
何人かのお客様から「あれを見せてもらえますか?」と
チェックされた、なんだか気になる商品のようです。
その後追加を合わせて8冊の販売です。
気になる方はお早めにお越しください。

複写葉書帖 600円



この記事をはてなブックマークに追加